ENGLISH WORK公式

航空管制官はキツいと言われる10個の原因

  • 投稿日時:8か月前

航空管制官という職業は、多くの人々にとって憧れの存在であり、ドラマや映画でその魅力が描かれることも少なくありません。しかし、その背後には「キツい」と感じる瞬間や課題が数多く存在します。この記事では、航空管制官の仕事の裏側や、ドラマとのギャップ、そしてその魅力や課題について深く掘り下げていきます。航空管制官という職業に興味を持っている方、またはその仕事の真実を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。


航空管制官はキツいと言われる10個の原因


空の交通整備役! – 責任重大な仕事の裏側

航空管制官という職業を耳にしたことがあるでしょうか。空の交通整備を担当する彼らは、私たちが安全に目的地に到着できる裏でのヒーローです。しかし、この仕事、実はかなりキツいと言われています。なぜそう言われるのか、その理由を少し掘り下げてみましょう。

まず、航空管制官の主な仕事は、飛行機の離着陸を指示し、飛行機が安全に航行できるようにサポートすることです。これは非常にやりがいのある仕事で、多くの人々が安全に移動できるようにするための役割を果たしています。しかし、そのやりがいの裏には、強いストレスが潜んでいます。

飛行機に乗っているお客様の命を預かるという大きな責任が航空管制官にはあります。一つのミスが事故につながる可能性があるため、常に高い集中力と判断力が求められます。また、航空機という膨大な資金を使って購入された機体を扱うため、経済的価値の損失も考慮しなければなりません。このような大きな責任を背負っているため、キツいと感じる瞬間も多いでしょう。

さらに、もしミスで飛行機の遅延を起こしてしまった場合、航空会社はもちろん、お客様にも多大な迷惑をかけることになります。遅延による経済的損失や、お客様の不満、そして航空会社の信頼の低下など、一つのミスが多くの影響を及ぼす可能性があります。

このように、航空管制官の仕事は非常に重要であり、その裏には多くのストレスや責任が伴います。しかし、彼らの尽力によって、私たちは安全に空を飛ぶことができます。キツいと言われる背景を理解することで、航空管制官の仕事の価値や彼らの努力をより深く感じることができるのではないでしょうか。


減点方式の厳しさ – ミスは許されない

航空管制官の仕事は、多くの人々が安全に空を飛ぶための裏でのサポートを行っています。しかし、この仕事の背後には「減点方式」という、かなりキツい評価方法が存在します。この方式、一体どのようなものなのでしょうか。

航空管制官は、飛行機の離着陸や航路の指示など、非常に重要な役割を果たしています。そのため、ミスをしないことが当たり前とされています。一般的な仕事であれば、良い成果を上げたり、期待以上の仕事をした場合には褒められることも多いでしょう。しかし、航空管制官の場合、普通に業務をこなしていても褒められることはほとんどありません。

なぜなら、彼らの仕事は「減点方式」で評価されるからです。これは、ミスをした場合には厳しく評価されるが、ミスをしないことが基本とされ、その上での評価はされないという方式です。つまり、キツいと感じる瞬間が多いのも無理はないでしょう。

例えば、大きなミスをした場合、それは大きな損害を引き起こす可能性があります。しかし、特に大きな問題が起きなかったとしても、細かいミスや注意点については指摘されることが多いです。このような環境は、褒められると伸びるタイプの人には向いていないかもしれません。

しかし、この減点方式の背後には、航空管制官の仕事の重要性と責任があります。多くの人々の命や安全を守るためには、ミスを許容することはできません。そのため、このような厳しい評価方法が取られているのです。

結論として、航空管制官の仕事は非常にキツいと言われる背景には、彼らの仕事の重要性と責任があります。減点方式の評価は厳しいかもしれませんが、それによって私たちの安全が守られていることを理解することが大切です。


転勤ライフ – 希望の赴任地は選べない!

航空管制官という仕事、その背後には多くの犠牲や努力があります。その中でも、特にキツいと感じる点の一つが「転勤」です。転勤というのは、多くのサラリーマンにとっても馴染みのある言葉かもしれませんが、航空管制官の転勤は、一般のサラリーマンとはまた異なる特徴があります。

航空管制官は国家公務員であり、その性質上、必ず移動が伴います。これは、数年ごとに全国規模で行われる転勤(人事異動)によるものです。新たに航空管制官としてのキャリアをスタートさせる際、基礎研修を修了すると、研修生ひとりひとりが全国の管制機関への赴任を命じられます。ここでのポイントは、赴任地は個人の希望で決まるものではないということ。これは、多くの新人航空管制官にとって、かなりキツい部分と言えるでしょう。

「出身地の空港でずっと働きたい」といった希望も、残念ながら叶わないことが多いのです。これは、航空管制官の仕事が、全国の空の安全を守るという大きなミッションを持っているため。各地の管制機関にはそれぞれの役割や特色があり、それに合わせて人員を配置する必要があるからです。

しかし、この転勤の背後には、航空管制官としての成長や経験を積むという意味もあります。異なる地域や環境での業務を経験することで、より幅広い知識やスキルを身につけることができるのです。

結論として、航空管制官の転勤はキツいと感じる部分も多いですが、それによって得られる経験や成長の機会も多いと言えるでしょう。転勤の背後にある意味や価値を理解することで、この仕事の奥深さや魅力をより深く感じることができるのではないでしょうか。


給料やキャリアの限界 – 国家公務員の宿命?

航空管制官という職業、その響きだけで多くの人々の心を掴む「夢のある仕事」と言えるでしょう。航空管制塔から、巨大な飛行機に指示を出し、空の安全を守る。この仕事の背後には、多くの犠牲や努力がありますが、それと同時にキツいと感じる部分も存在します。

その一つが、給料やキャリアの限界です。航空管制官は国家公務員としての立場にあります。このため、給料面では上限が決まっており、どれだけ頑張っても、ある一定の範囲を超えることはできません。また、役職に関しても年功序列が主となるため、実力や能力を発揮しても、昇進や昇給のチャンスが限られてしまうのです。

これは、多くの航空管制官にとって、キツいと感じる部分でしょう。特に、自分の能力やスキルを最大限に活かして、もっと高い給料や役職を目指したいと考える人にとっては、制約が多いと感じるかもしれません。

しかし、この給料やキャリアの限界というのは、国家公務員としての宿命とも言えるでしょう。国家公務員としての役割や責任を果たすためには、一定のルールや制約が必要となるのです。その中で、航空管制官としてのプロフェッショナルなスキルや知識を磨き、空の安全を守るという大きなミッションを果たすことが求められています。

航空管制官の給料やキャリアには限界があるかもしれませんが、それを超えるやりがいや魅力がこの仕事には存在します。給料やキャリアの限界を理解し、それでもこの仕事を選ぶ理由や価値を見つけることが、航空管制官としての成長や充実を感じる鍵となるでしょう。


独特のスキルセット – 他の仕事には活かしにくい?

航空管制官としての業務は、非常に特殊で高度なスキルを必要とします。そのため、この仕事に就く人々は、独自の訓練や教育を受けて、そのスキルを磨き上げてきたことでしょう。しかし、ここでキツいと感じる部分が一つ。それは、この独特のスキルセットが、他の仕事や業界にどれだけ活かしやすいか、という点です。

航空管制業務は、飛行機の安全な離着陸や航行をサポートするためのもの。この業務には、高度な知識や技術、そして瞬時の判断力が求められます。このようなスキルは、航空管制官としては非常に価値があり、やりがいを感じる部分でもあるでしょう。しかし、他の民間企業や業界での転職を考えた場合、このスキルがどれだけ役立つのかというと、答えは難しいです。

例えば、金融業界やIT業界など、一般的に高年収と言われる業界では、営業スキルやプログラミングスキルなどが主に求められます。これらのスキルは、多くの業界や企業で活かすことができるため、転職やキャリアチェンジを考える際には有利と言えるでしょう。しかし、航空管制官のスキルは、少なくとも直接的には、これらの業界での活躍には繋がりにくいのが現状です。

これは、航空管制官としてのキツい部分の一つと言えるでしょう。しかし、逆に考えれば、航空管制官としてのスキルや経験は、その業界内での価値が非常に高いとも言えます。他の業界や仕事にはない、独自の魅力や価値を持っているのです。

航空管制官のスキルは他の業界での活用が難しいかもしれませんが、その分、航空業界内での価値は計り知れないものがあると言えるでしょう。航空管制官としてのキャリアを深める中で、その独特の魅力や価値を最大限に活かしていくことが、今後の課題となるでしょう。


不規則な生活リズム – 24時間の空港での勤務スタイル

航空管制官の仕事は、多くの人々にとって憧れの職業の一つでしょう。しかし、その背後にはキツい部分も隠れています。その一つが、不規則な生活リズムです。

日本には、羽田空港や成田空港、関西国際空港など、24時間営業の大きな空港がいくつかあります。これらの空港では、早朝から深夜まで、そして深夜から早朝にかけても、飛行機の離着陸が行われています。そのため、航空管制官は、24時間体制での勤務が求められることが多いのです。

具体的には、早番、遅番、夜勤入り、夜勤明けといったシフトが存在し、これを一つのラウンドとして繰り返していきます。このような勤務スタイルは、普通の人が寝ている時間に起き、起きている時間に寝るという、非常に不規則な生活リズムを強いられることになります。これは、航空管制官にとって非常にキツい部分と言えるでしょう。

この不規則な生活リズムは、体調を崩しやすくするだけでなく、自律神経を乱す原因ともなります。長期間このような生活を続けると、健康面でのリスクも考えられます。

しかし、航空管制官としての使命感や、飛行機の安全を守るという大きな責任感から、多くの航空管制官はこの不規則な生活リズムを乗り越えて、日々の業務に励んでいます。このような状況を理解し、航空管制官の仕事の大変さや価値を再認識することは、私たち一般の人々にとっても大切なことでしょう。

結論として、航空管制官の仕事には、見えないキツい部分が存在します。しかし、その背後には、飛行機の安全を守るという大きな使命や責任があり、それを果たすための献身的な努力が続けられているのです。


土日休みの夢 – 休日のタイミングが合わない現実

多くのサラリーマンやOLが週末を楽しみにしている中、航空管制官の休日は少し異なる形をしています。キツいと感じることもあるでしょう。なぜなら、彼らの休日は必ずしも土日とは限らないからです。

空港は365日、休むことなく営業しています。そのため、航空管制官も365日体制で働く必要があります。一般的なオフィスワーカーが週末を楽しんでいる時、航空管制官は空の安全を守るために働いているのです。

具体的には、航空管制官の多くは4日勤務して、1日または2日間の休みというシフトが一般的です。これは、一見すると長い休みが取れるように思えますが、実際には土日という一般的な休日とは異なる日に休むことが多いのです。

このような勤務スタイルは、友人や家族との予定を合わせるのがキツいと感じることもあるでしょう。例えば、友人たちが週末にBBQを計画しても、航空管制官はその日が勤務日で参加できないことも。また、恋人とのデートの予定も、休日のタイミングが合わないことが多いかもしれません。

しかし、航空管制官としての使命感や、飛行機の安全を守るという大きな責任から、多くの航空管制官はこのような勤務スタイルを受け入れています。彼らの献身的な努力によって、私たちが安全に空を飛ぶことができるのです。


試験、試験、また試験 – 異動ごとの資格取得の厳しさ

航空管制官の仕事は、一般的には高度な専門性を持つ仕事として知られています。しかし、その背後にはキツい試験の連続が待っていること、多くの人は知らないかもしれません。

航空管制官としての業務は、勤務地ごとに異なる資格が必要です。これは、各空港や地域によって、飛行ルートや交通量、さらには地形や気象条件などが異なるため、それに対応する専門的な知識や技術が求められるからです。そして、異動があるたびに、その新しい勤務地に合わせた資格を取得する必要があります。

ここでキツいと感じるのは、異動があるたびに新しい資格を取得するための試験を受けなければならない点です。そして、この試験は決して易しいものではありません。ベテランの航空管制官であっても、新しい勤務地の特性をしっかりと学び、その上で試験に合格しなければならないのです。

例えば、山が多い地域と海沿いの地域では、飛行機の進入ルートや上昇ルートが大きく異なることがあります。また、大都市近くの空港と地方の小さな空港では、飛行機の交通量や頻度が大きく異なるため、それに対応するための知識や技術が求められます。

このように、航空管制官としての業務は常に変化し続けるものであり、それに対応するための学びや試験が絶えず求められるのです。この点を考慮すると、航空管制官の仕事の厳しさやキツさを感じることができるでしょう。

しかし、その一方で、航空管制官としての高度な専門性やプロフェッショナリズムが、私たちの安全な空の旅を支えていることも忘れてはいけません。彼らの献身的な努力や学びの姿勢に、感謝の気持ちを持つことが大切です。


難関!航空管制官試験 – 英語力や空間把握力を問われる

航空管制官という職業には、その名の通り空の安全を守るという非常に重要な役割があります。そのため、航空管制官になるための試験は、キツいと言われるほど難易度が高いのです。

まず、航空管制官採用試験は、一般的な国家公務員試験の基礎能力試験をはじめとして、航空管制官特有の能力を問う独自の問題が設けられています。その中でも、英語力を問う問題は特に重要です。なぜなら、航空管制官の業務は国際的なものであり、英語でのコミュニケーションが日常的に求められるからです。

そして、キツいと感じるのは、空間把握や記憶力を測る問題です。例えば、空間関係検査試験では、指示通りに回転移動させた立方体を、指定方向から見たときの点アや点イの位置を判断する問題が出題されます。これは、立体を転がして、その立体の1点がどこに当たったかを答えるような問題として理解されます。このような問題は、一見シンプルに思えるかもしれませんが、実際には高度な空間認識能力が求められるのです。

航空管制官試験の難しさは、ただ単に問題が難しいだけではありません。それぞれの問題が、航空管制官としての業務において必要不可欠な能力を測っているのです。そのため、試験に合格することは、航空管制官としての基本的な能力を持っていることを証明するものと言えるでしょう。

航空管制官の仕事は、多くの人々の命を預かる非常に重要な役割を担っています。そのため、試験の難易度が高いのも納得です。しかし、その難しさを乗り越えて航空管制官としての資格を手に入れることができれば、空の安全を守るという大きなやりがいを感じることができるでしょう。


ドラマとのギャップ – キラキラした雰囲気との違い

ドラマの世界は、現実の日常を彩るもの。特に職業もののドラマは、その仕事の魅力や背景を描き出し、多くの人々に夢や希望を与えます。航空管制官に関するドラマも例外ではありません。『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』のような作品は、航空管制官の仕事をキラキラとした雰囲気で描いていますが、実際の現場は、キツいと感じることも多いのです。

まず、ドラマでは航空管制官の仕事が主に管制塔での業務として描かれていますが、実際にはそのような場面だけではありません。航空管制官の業務は、管制塔だけでなく、普通のビルでの業務も多々あります。この点は、ドラマの中ではあまり取り上げられていない部分です。

また、ドラマの中では、航空管制官たちが連携して難しい状況を乗り越える姿が描かれていますが、現実の業務はもっと厳しい状況の中での判断や連携が求められます。キツい状況の中でも冷静に判断し、正確な指示を出すことが求められるのです。

ドラマはエンターテインメントであり、現実の仕事の全てを描くことは難しいでしょう。しかし、ドラマに描かれるキラキラした雰囲気と、現実の航空管制官の仕事とのギャップを知ることで、その仕事の奥深さや魅力をより深く理解することができるでしょう。


おわりに

航空管制官の仕事は、外から見るとキラキラとした魅力に溢れているように感じられるかもしれません。しかし、その中には「キツい」と感じる瞬間や多くの課題が隠されています。それでも、空の安全を守るという大きな使命感を持ち続ける彼らの姿勢は、私たちが安心して飛行機に乗ることができる理由の一つです。この記事を通して、航空管制官の仕事の深さや幅広さを少しでも感じていただけたら幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X