ENGLISH WORK公式

キャビンアテンダントは大変な9つの理由

  • 投稿日時:8か月前

皆さんこんにちは。いつもお越しいただき、心より感謝申し上げます。今回のブログ記事は、見かけの華やかさの裏に隠された、キャビンアテンダントの大変さに迫る特別編です。

多くの方々がキャビンアテンダント(CA)を憧れの職業として見ることは、一見矛盾しているように思えます。なぜなら、その実態は絶えず厳しい訓練と、見えないプレッシャー、そして身体的・精神的な負担を伴うものだからです。しかしながら、キャビンアテンダントには多くの人々が求める、ある種の魅力や価値が確かに存在します。その美しさ、優雅さ、そしてプロフェッショナリズムは、私たちが空の旅を快適に、安全に、そして楽しく過ごすための要素です。

この記事では、キャビンアテンダントの大変さについて詳しく説明し、彼らがどのようにしてその華やかな表面を維持し、同時に高いプロフェッショナリズムを保つのか、そしてその重労働と精神的ストレスにどう対処しているのかを探っていきます。私たちが普段見ることのできないキャビンアテンダントの世界を垣間見ることで、彼らの努力と献身をより深く理解し、そして私たちが受けるサービスに感謝することができるでしょう。

それでは、まずは彼らの訓練と、その中での彼らの苦労について詳しく見ていきましょう。


キャビンアテンダントは大変な9つの理由

「朝寝て、夜起きて」のスケジュール:眠りの質の崩壊

あなたはキャビンアテンダントの世界に足を踏み入れようと思っていますか?確かに、あのスタイリッシュな制服に憧れる気持ちはわかりますよ。でも、大変だということ、知ってますか?キラキラした世界だけじゃない、その裏側をこの章ではズバッと切り開いていきます。

さて、一番大変なのが何かと言えば、「眠り」の質が低くなることです。なんとなく予感はしてましたか?あなたが普通に感じる、「朝起きて、夜寝る」のサイクル、あれがめちゃくちゃになることがあるのです。想像できますか?「朝寝て、夜起きて」の生活。これがキャビンアテンダントの日常なんですよ。

なぜかと言うと、勤務スケジュールが飛行機のスケジュールに翻弄されるからなんです。「大変」の言葉が足りないほど大変。早朝便や深夜便、長距離便などで、毎週、毎月変わるスケジュール。いったいどんな生活リズムがそんなスケジュールに対応できるんでしょうか?それは、まさしく「朝寝て、夜起きて」のパターン。さらに「徹夜をする」なんてこともあるんです。

そうです、あなたの本来の睡眠リズムとはかけ離れた生活を強いられます。それでも航空会社はきちんと睡眠時間を計算して、仕事のスケジュールを組んでくれるでしょう。でも、それに合わせてあなたが寝られて、体を休められるとは限らないんです。本来寝るべき時間に起きていて、起きるべき時間に寝る、その生活は自律神経にも影響を及ぼす可能性があるのです。

そう、それがキャビンアテンダントが大変と言われる理由の一つです。


「あ、初めまして」:毎回知らない同僚とフライト?

さて、私たちの旅はまだまだ続きます。あなたがこれから追いかけようとするキャビンアテンダントの生活、まさに「大変」な挑戦の連続です。第二章では、さらに身近な部分からそのリアリティを剥き出しにしていきます。なんと言っても、CAの仕事における「大変」さの一つが、毎回初めての人と仕事するという厳しい人間関係です。

あなたが今まで経験してきた職場とは違い、CAの職場では、同じ人とはあまり働くことがありません。なぜかと言いますと、フライトごとに乗務員がコロコロと変わるからです。そのたびに初対面の同僚と仕事をしなければならないのです。これが一体どれほどエネルギーを使うか、想像できますか?

もちろん、一部のフライトでは所属している班の同僚と共に仕事をする機会もあります。しかし、それが月に数回あるかないか。それ以外は、数千人が在籍する航空会社からそのフライトに割り当てられた人と仕事をすることになります。つまり、ほとんどのフライトで「初めまして」の挨拶が続くんです。

初対面の相手とのコミュニケーション、それは単純に挨拶を交わすだけではありません。彼らと共に飛行機を運航し、安全を確保し、お客様に満足していただくためには、一定の信頼関係を築く必要があるのです。それがフライトごとにリセットされてしまう状況、この「大変」さ、想像できますか?

そう、これが「初対面オーバーロード」。絶えず新しい顔への挨拶が求められ、そのストレスは計り知れないものがあります。それでもキャビンアテンダントとして立派に職務を果たすための一部なんです。


緊張の女社会:ヒエラルキーと無慈悲な同僚たち

それでは、これまでに掘り下げてきたキャビンアテンダントのリアルな世界にさらに深く足を踏み入れてみましょう「緊張の女社会」です。ほとんどが女性で構成されているこの特殊な職場環境は、「大変」さの新たな一面を垣間見せます。

キャビンアテンダントの仕事、一般には女性が多いのです。もちろん男性もいますが、数的な比率を考えると、あくまで女性が主体的な職場です。そのため、普通の職場とは違った微妙で、ときには陰湿な人間関係が生まれることもあります。

インターネット上のキャビンアテンダントの経験談を読んでみると、「先輩社員に気を遣わなければならず、先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある」、「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩社員がいる」、「自分を守るためなら平気で嘘をつく」、「都合よく相手を利用する女ばかり」など、厳しい意見が多く見受けられます。

もちろん、これは一部の経験談であり、全てのキャビンアテンダントや航空会社がこのような状況にあるわけではありません。素晴らしい人間性を持った、尊敬できる先輩もたくさんいます。しかし、否応なく存在するのが、このような難解な人間関係、これこそがCAの仕事を「大変」にする一因と言えます。

悲しいことに、初めてCAになった人がこの環境に晒され続けると、本来の優しい性格が徐々に陰湿なものへと変わっていくことも少なくありません。なぜなら、そうすることが自身の生き残りをかけた防衛手段となってしまうからで


嫌になるほど繰り返されるルーティンワーク?

まずは、皆さんがイメージするCAの仕事について考えてみましょう。おそらく、スタイリッシュな制服を纏い、フレンドリーな笑顔を絶やさない、プロフェッショナルなサービスを提供するスタッフたちが思い浮かびますよね。しかし、それらは氷山の一角に過ぎません。その華やかな表面の下には、’大変’なルーチンワークの山が隠れています。

考えてみてください、フライト前のブリーフィング、機内安全チェック、乗客の搭乗、安全説明、食事とドリンクの提供、サービスの回収、機内販売、そして着陸。これらのルーチンは、一度や二度ではなく、毎フライト、毎回、時には日に数回、ひたすら繰り返されます。それらはあくまで’必要’なものであり、それが彼女たちの日常なのです。

しかしここに警鐘を鳴らすべき事実があります。ルーチンワークは確かに失敗を防ぐための保険であり、任務を確実にこなすための手引きとなります。しかし、同じことを繰り返すことは、頭を使うことからの逃避であり、そこには自己成長の可能性が閉ざされています。そう、これこそが「大変」なのです。


CA辞めたら、次はどこで働ける?身につくスキルの不安

特異なスキルセットがもたらす「孤立」の問題を掘り下げます。キャビンアテンダントの職業は、その特性上、他の業界とは一線を画するスキルが必要とされます。この現象こそが、一見すると見過ごしてしまいそうな、しかし実は「大変」な部分であります。

キャビンアテンダントの仕事は、社会的に意義深い職業である一方、これらのスキルが他の業界で活用しにくいという問題があります。例えば、他の人々を気遣い、細部まで配慮する能力、緊急時の対応力、国際的なマナー、そして明るく振る舞い続けるエネルギー。これらは、キャビンアテンダントが乗客に最高のサービスを提供するために必要なスキルです。

しかし、これらのスキルは他の業界では必ずしも求められるものではありません。例えば、マーケティングや企画のような仕事では、別のスキルセットが必要とされます。キャビンアテンダントからそういった仕事に転職しようとすると、未経験の状態からのスタートになる可能性が高く、これは「大変」な挑戦となります。

ホテル業界などの接客業に移る場合は、スキルの親和性が高いでしょう。しかし、これだけでは職業選択の幅が狭まってしまいます。結果として、キャビンアテンダントのスキルは孤立しやすいのです。


自律神経との戦い:ボディクロックが作るトルネード

物理的な体調について、特に自律神経の乱れがもたらす健康上の問題に焦点を当ててまいります。キャビンアテンダントの職業は、一見すれば華やかで魅力的に映る一方で、不規則な生活が求められ、それが体調不良を引き起こす原因となります。

自律神経のバランスが崩れると、心身にさまざまな問題を引き起こします。ストレス、肌荒れ、消化不良、不眠、気分の落ち込みなど、これらの症状は全て自律神経の乱れが原因である可能性があります。しかも、キャビンアテンダントの仕事は、これらの問題を引き起こす環境に身を置くことが「大変」多いのです。

時間帯を跨いだフライト、長時間の立ち仕事、乗客とのコミュニケーションなど、これらはすべて自律神経を刺激し、乱れを引き起こす可能性があります。特に、異なるタイムゾーンへの頻繁な移動は、体内時計(ボディクロック)の混乱を招き、自律神経を混乱させる主要な要素となります。体内時計が混乱すると、規則正しい食事や睡眠が取れなくなり、健康に悪影響を及ぼします。

そういった意味で、キャビンアテンダントという職業は、「大変」であると同時に、自己管理能力も求められる仕事だといえます。こ

キャビンアテンダントの仕事は体調管理との戦いでもあります。しかし、自分の体調をしっかりと把握し、適切なケアを行うことで、この職業の「大変」さを少しずつ軽減することができます。健康な体と心で、最高のサービスを提供し続けるためにも、自律神経のバランスを保つことは非常に重要です。


笑顔の裏の重労働

キャビンアテンダントの華やかな制服、洗練された姿勢、そして何よりもその溢れる笑顔。まさに全てが魅力的で、その姿に憧れを抱く人は少なくないでしょう。しかし、その笑顔の裏側で彼女たちはどれだけ「大変」な労働をしているのでしょうか。

たとえば、旅行客の荷物を頭上の収納箱に入れる作業です。これは一見簡単そうに見えますが、荷物の重さが10kg近くにもなると、それはもはや運動選手並みの力が必要となる作業です。また、飲食物を提供する際には、1個100kg以上にもなるカート(ギャレー)を動かす力も必要です。さらには、食事の配膳や回収といった作業では、しゃがんだり立ち上がったりを繰り返すことで、膝や腰への負担も無視できません。

そして、それら全ての作業を完璧な笑顔でこなす。これこそがキャビンアテンダントの「大変」さであり、またその美の代償でもあるのです。時には窓際のお客様に食事を提供する際には、腕の筋肉もフルに使う場面もあります。その度に彼女たちは筋肉痛に見舞われることでしょう。

キャビンアテンダントの仕事は、一見すると輝かしいだけの職業かもしれません。しかし、その裏には予想以上の肉体労働があり、それを完璧にこなしながら、お客様への最高のサービスを提供しているのです。これこそが、彼女たちが持つプロフェッショナリズムであり、私たちが敬意を表すべき点です。


メンタルの落とし穴?体内時計の乱れによる鬱?

キャビンアテンダントの仕事における「大変」な部分、うつ病のリスクについてです。一般的には、うつ病はどの職業にも潜んでいるリスクと言えます。しかしながら、キャビンアテンダントの仕事は特有の状況が重なることで、このリスクがより高まる可能性があるのです。

まず、仕事の性質上、自律神経が乱れやすいことが指摘されます。フライトスケジュールの不規則さからくる昼夜逆転の生活は、体調不良はもちろんのこと、精神的なストレスも生じることがあります。それはつまり、体のリズムと心のバランスが崩れやすい環境に常にさらされているということです。

さらに、キャビンアテンダントという職業は、特殊な職場環境である「女性が主体の社会」で働くことも多いです。女性同士の微妙な人間関係、コミュニケーションの難しさ、さらにはパフォーマンスへの厳しい評価などが、メンタル的な負担につながることも少なくありません。

これらの要素が重なることで、「大変」さが倍増し、うつ病のリスクが高まる可能性があるのです。キャビンアテンダントの仕事が「大変」であると言われる理由です。


土日休みが取れず、友達と遊べない?

キャビンアテンダントの「大変」な部分として、あまり注目されないかもしれませんが、それが大いに存在感を発揮する、休日の問題についてお話ししたいと思います。

キャビンアテンダントの休日は一言で言えば「不確定」です。一般的な会社員と違い、週末に休む、という保証はありません。「月に○日以上休み」あるいは「4日働いたら2日休み」という形で休みが設定されることが多いため、これが「大変」と感じる瞬間になるのです。

たとえば、大学時代の友人との待ち合わせ。彼らが休みを取れる土日に、あなたが働いている可能性は高いです。それはつまり、他の職業の友人との時間を共有するのが難しいということ。この「大変」さは、身体的な負担ではなく、むしろ心理的なストレスとして現れます。

この現実を前に、キャビンアテンダントはどう対処すべきなのでしょうか?ここに至っては、個々の工夫や創意工夫が求められます。仕事とプライベートのバランスをどう取るか、それが一人ひとりの幸せを左右する重要な要素になります。

訓練編:キャビンアテンダントは大変である3つの理由


サービス訓練のアンビリーバブルな厳しさ

想像してみてください。あなたが夢見るキャビンアテンダントの仕事。その前に待っているのは、想像を絶する大変な訓練です。

キャビンアテンダントの訓練は主に二つに分かれます。「サービス訓練」と「保安訓練」。今回はまず、そのうちの一つである「サービス訓練」について詳しくお話しします。

「フライト前のブリーフィング→機内安全チェック→乗客の搭乗→安全説明→食べ物や飲み物の提供→ドリンク・食事サービス→回収→機内販売→着陸」。これが一般的なフライトの流れで、この一連の流れをしっかりと覚え、行動に移す能力を身につける必要があります。

そして、仕事への取り組み方だけでなく、身だしなみや言葉遣い、マナー、メイクの仕方など、自己表現についても学びます。これらはキャビンアテンダントのイメージを左右する大切な要素で、少しでもミスがあれば訓練から落とされる可能性もあります。なぜなら、あなたがキャビンアテンダントとして働くことは、航空会社の顔となる重要な役割を果たすからです。

このサービス訓練は大変ですが、それは最高のサービスを提供し、旅行者が最良の体験を得られるようにするための必要なプロセスです。キャビンアテンダントとして働くためには、これらの訓練を経てこそ初めて真のプロフェッショナルと言えるのです。


命懸け?厳しい保安訓練

「保安訓練」。皆さんが想像している以上に大変で、時には無慈悲とも言える訓練が待っています。

保安訓練とは何か、というところから始めましょう。これは緊急脱出用スライドを使った脱出訓練、エンジントラブルで海上に着水した場合の水上脱出訓練、AEDの使い方、消火訓練など、機内で起こり得る様々な事故に対処するための訓練を指します。

サービス訓練の厳しさもさることながら、保安訓練はまた別の意味で厳しいのです。なぜなら、ここで学ぶことは直接乗客の生命に関わることであり、ミスをすることが許されないからです。それゆえ、教官たちは訓練生たちに対して無慈悲なまでに厳しい指導を行います。その結果、この段階でキャビンアテンダントをあきらめてしまう人も少なくないのが実情です。

でも、その大変さには理由があります。それは、航空機に乗る全ての人々の安全を守るため、そして何よりも乗客が心から安心して飛行機に乗れるようにするため。キャビンアテンダントが持つべき最大の使命こそが、それです。


無情のテスト地獄:頭に詰め込まれる情報の山

キャビンアテンダントの訓練について、これまで触れてきた「サービス訓練」と「保安訓練」の厳しさにお驚きいただいたと思います。しかし、訓練の真の大変さは、それらの訓練内容を詰め込むだけでなく、確実に覚えなければならないという部分にあります。それを確認するために行われるのが、「テスト」です。今回は、そのテスト地獄の実態に迫ります。

訓練期間は一般的に2〜3ヶ月。聞くと短いように思えますが、その間に覚えなければならないことの量は、まさに山のようです。訓練内容を理解し、その上で正確に行動することが求められるため、どれも大切な知識・技術です。そしてその理解度を確認するため、テストが行われます。それも一度や二度ではなく、ほぼ毎日のように。

このテスト地獄が、訓練期間をさらに厳しく、辛くする一因となっています。ただでさえ大量の新たな知識や技術を身につけなければならないのに、その全てを確実に頭に詰め込むことが求められるのです。

しかし、この大変さは決して無意味ではありません。それは、最終的に乗客に安全で快適な空の旅を提供するための、必要不可欠なステップなのです。これからキャビンアテンダントを目指す皆さんも、この壁を乗り越えてこそ、真のキャビンアテンダントとなれるのです。

おわりに


皆さま、この度は長い旅路にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。私たちが乗る飛行機の中で、絶えず最高のサービスを提供してくれるキャビンアテンダントたちの背後には、見えない「大変」さがあることを理解していただけたなら幸いです。

この記事を通じて、私たちが日々目にするキャビンアテンダントの美しさや優雅さ、プロフェッショナリズムが、決して容易に得られるものではないことを伝えることができましたら、とても嬉しく思います。それは、日々の訓練、繰り返しの試験、そして「大変」な身体的、精神的な労働の産物なのです。それら全てが、私たちが受ける素晴らしいサービスの質を保証しているのです。

そして何より、彼らの献身的な努力と無私の奉仕を認識し、感謝することが、私たち乗客にとって最も大切なことかもしれません。次に飛行機に乗る際には、その美しい笑顔と温かなサービスの裏側にある彼らの努力を思い出してみてください。そして、少しでもその「大変」さを軽減できるよう、私たち一人ひとりが出来ることを考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、この記事をここで締めくくりたいと思います。皆さまのこれからの飛行が、より素晴らしい体験となることを心から願っております。また次回の記事でお会いしましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X