ENGLISH WORK公式

ワーホリ帰国後に無職になる原因10選:悲劇を避けよう

  • 投稿日時:8か月前

みなさん、こんにちは。今回のブログでは、「ワーキングホリデー(ワーホリ)」から帰国した後に直面する可能性のある課題、つまり「無職の期間」について深堀りしていきたいと思います。海外でのワーホリ体験は楽しく刺激的なもので、多くの人々が人生の中で一度は経験したいと考えるでしょう。しかし、その裏には見えにくいリスクが潜んでいます。

何も考えずにワーホリから帰国した場合、仕事を見つけるまでの無職期間が意外と長引く可能性があるのです。元の職場に戻れない、希望の職種が見つからない、希望の給与がもらえない、そういったリスクが待ち受けています。それを回避するためには、事前に適切な準備と対策を立てておくことが重要です。

本記事では、ワーホリから帰国後に無職期間を最小限に留めるためのアドバイスを提供します。英語力の向上、新たなスキルの習得、帰国時期の選定など、さまざまな視点からリスクを減らす方法をご提案します。

さあ、一緒にワーホリ後の職業選択について、深く考えてみませんか?安心して次のステップに進むための知識と対策を、本記事を通じて手に入れてください。


戦慄!6つの危険信号:ワーホリ帰国後に無職になる原因

厳しすぎる!?日本の労働環境

「厳しすぎる!?日本の労働環境」という題で、ワーホリ後に無職になってしまう原因に対して、私の見解を述べたいと思います。

さて、先ず皆さん、我々が働く労働環境というのは、私たちの人生に大きな影響を及ぼすものですよね。特に私が今日触れたいのは、ワーキングホリデー(ワーホリ)から帰国した後の日本での労働環境についてです。そこには、「ヤバさ」が存在します。はい、聞こえたかもしれませんね。日本の労働環境は、「ヤバい」と感じる人が少なくないのです。

なぜなら、ワーホリから帰国すると、海外で経験した優れた労働環境と日本の現実がぶつかります。海外では労働者側の力が強いため、労働環境が整備されているのが一般的です。無意味に怒る上司は少なく、働きやすさを感じることが多いでしょう。仕事中にスマホを触っても大目に見られることが多いのです。

しかし、帰国後の日本の現実は、まるで別の世界です。ここでは従業員はロボットのように働くことが求められる場合が多く、非常に厳しい労働環境が待っています。たとえば、コンビニのバイトでは、レジにすら椅子が用意されず、立ちっぱなしの労働が求められることが多いです。また、厳格なルールが多く、それを破れば怒られることもあります。

これは、まるで地雷原を歩いているかのような感覚です。どこに地雷が埋まっているかわからない、それが日本の労働環境の一部なのです。ワーホリ帰国後は、これらが気になってしまい、日本社会で働くことに対する強い抵抗感を抱き、無職になることでしょう。

留学から帰国後にうつ?劣化した日本社会に絶望するあなた


悲劇の再来!日本人の感情の劣化

ここで取り扱うのは、話題になることが少ないが、実は非常に深刻な問題です。それは日本人の感情の劣化。この問題のせいで、ワーホリから帰国した後に長い間無職になる人が増えているのです。

海外で働く経験をした人、特にワーキングホリデーから帰国した方々が一番感じることでしょう。ワーホリ中は海外でのコミュニケーションに慣れ、明るくポジティブな人々と交流していました。そういった環境に身を置いていたからこそ、日本に戻った時、日本人の感情の劣化が露わになります。

「一体何が問題なのか?」と思うかもしれません。それは、感情が抑圧され、冷淡なまでのコミュニケーションが日常となっている日本の状況です。疲れた表情、淡々とした話し方、抑えられた感情…。これらが日本の社会で働く人々の”普通”になっています。

そして、海外で活動していた人々がこの”普通”を目の当たりにすると、「本当にこの人たちと一緒に働くのか?」と疑問が浮かびます。感情の劣化は、働く意欲を削ぎ、人間関係を複雑にし、職場のモチベーションを低下させます。それらを理解した上での「無職」の選択。それは理解できるかもしれません。

しかし、この問題を放置していいのでしょうか?日本の社会、そして日本人自身が、感情の劣化を認識し、その改善を真剣に考える時が来ているのではないでしょうか。明るく、ポジティブなコミュニケーション。それを取り戻すための一歩を、私たちは踏み出すべきです。


キャリアパスの誤解:ワーホリ≠成功の鍵

ワーホリ後の無職の原因の一つに、ワーホリの誤解があります。その一つが「ワーホリ=成功の鍵」という思考です。私が強く主張したいのは、「ワーホリは経験のひとつであり、それ自体が必ずしも成功を約束するものではない」ということです。

ワーホリは確かに貴重な経験をもたらします。異文化交流、新しい言語習得、自立と自己成長のチャンス… これらは全て非常に価値あることで、多くの人にとって一生の宝物になり得ます。しかし、それ自体が人生を劇的に変えるようなパワーを持っているわけではないのです。

元々キャリアが順調に築けていなかった場合、ワーホリから帰国しても状況は大きく変わらないかもしれません。ただワーホリを経験しただけでは、自分のキャリアを一変させるような劇的なキャリアアップを期待するのは難しいのです。

一部の人々が「ワーホリすれば年収が上がる」とか、「ワーホリの経験を持つ人は求人市場で有利」といった誤った期待を抱いてしまうのは残念な現象です。特に、高度なスキルや資格が求められる企業ばかりに挑戦してしまうと、結果的に就職が難しく、長期間の無職期間を招く可能性があります。

誤解しないで欲しいのは、ワーホリは素晴らしい経験だということです。しかし、その経験をどのように生かすか、そしてワーホリ後のキャリア設計をどうするかが、その後の人生を左右する重要な要素です。ワーホリの経験を適切に活用し、自身のキャリアパスを見つけることが重要なのです。

ワーホリ後に就職できない!?衝撃の真相と過酷な現実


大逆転不可!?異業種への転職

次に、みなさんがワーホリ帰国後に考えるかもしれない「異業種への転職」について語らせてください。私の見解を一言で言うと、これは大いなるチャレンジであり、同時に難易度が極めて高いと言えます。これが原因で無職になります。

転職自体が簡単なものではないことは皆さんご存知の通りです。しかし、業種が変わると、その難易度は一段と上がります。それは、自身のスキルと新しい業界とのミスマッチや、必要な業界知識の不足からくるものです。そして、それがワーホリ帰国後の長い無職期間につながる一因となるのです。

特にワーホリ帰国後は、新たに身につけた英語力を活かして外資系企業や語学関連の企業への転職を考える人も多いでしょう。しかしここで問題なのは、そのような企業への転職は前のキャリアとのつながりがない場合、一段と困難を極めることです。たとえワーホリで英語力を磨いたとしても、それが直接的なビジネススキルに繋がらない場合、就職戦線で苦しむことになるでしょう。

それでも異業種へのチャレンジを望むなら、絶対に諦めず、努力し続けてください。しかし、その道のりは決して平易なものではないことを理解し、心構えを持つことが大切です。そして、何よりも自分自身のキャリアパスをしっかりと見定め、冷静な判断をすることが求められます。この一歩が、長い無職期間を避け、より良いキャリアパスを描くための重要なステップとなるでしょう。


英語力だけじゃダメ!?スキル不足の危機

ワーホリから帰国した直後に直面すると思われる問題、それは「スキル不足」について触れていきましょう。これが無職の原因になります。

ワーホリで英語力を身につけた方々は、自身が新たに獲得したこのスキルが自分のキャリアに大きく寄与すると期待するかもしれません。しかし、実はその考えは一部の誤解を含んでいます。

一言で言ってしまえば、英語力だけでは就職市場では十分評価されないのです。確かに、英語力はある種の武器となるでしょう。しかし、それが相当な高レベルでなければ、あまり評価されないことが現実なのです。また、英語力があってもそれ以外のスキルが欠けていれば、その英語力も十分に活かせないというのが事実です。

これは特に日本に多く存在する外資系企業で顕著です。一見、英語力が活かせそうな場面でも、実際には日本国内向けの事業が多いため、英語を使う機会が限られる場合が多いのです。言うまでもなく、仕事そのもののスキルが求められ、その上で英語力が活かされるのが一般的な状況です。

このスキル不足の危機は、ワーホリ帰国後の長い無職期間を生み出す大きな原因の一つとなります。英語力は重要なスキルではありますが、それだけで十分とは言えないのです。その他のスキルの習得と、それらをどう活かすか、自身のキャリアパスにどう組み込むか、これらを真剣に考えることが求められます。


働いたことない人の苦境:初めての無職

ワーホリは多くの場合、人生の新たな門出を示すものです。一部の人々にとって、それは社会人としての初めての一歩を踏み出すためのキッカケになるかもしれません。しかし、その反面、そのような選択が求職の難しさを増長させる可能性も否応なく伴います。

なんと言っても、新卒としての魅力が薄れ、一度も社会で働いた経験がないというのは、日本の就職市場では大きなハンディとなり得ます。企業は経験者を優先し、未経験者にはさまざまな不安を感じることが一般的です。新卒でなく、初めての職探しをすることは、ハードルが上がるだけではなく、自身のポジショニングやブランディングにも大きく影響します。

さらに、「ワーホリで遊んでばかりいた」というレッテルを貼られてしまう可能性もあります。もちろん、ワーホリは自己成長のための重要なステップであると私たちは知っていますが、全ての採用担当者が同じ理解を持っているわけではないのです。それに、英語力や他のスキルがないと、その見えない壁はさらに高くなることでしょう。

無職になったことがない方が初めて無職になるという経験は、大きなストレスや不安を生み出すでしょう。そのような状況を避けるためにも、ワーホリに行く前に就職活動を経験しておくこと、必要なスキルを身につけておくこと、そして自身のキャリアパスを明確にすることが重要なのです。

不条理の矛盾:日本社会がワーホリ後の無職を生む4つの理由


英語活用の陥穽:仕事が見つからない!

ワーホリから帰国してきたばかりの時期、私たちの頭の中には「英語を活かせる仕事に就きたい!」という強い願望が渦巻いています。しかし、その熱い思いとは裏腹に、現実は残念ながら甘くはありません。

まず、英語を使うことに強くこだわるあまり、実際に就職活動を進める上で障害になることが多いのです。あくまで「英語を使うこと」は手段であって、それ自体が目的ではないのです。それに、英語を使うことができる人材が必要とされる職場は実はそんなに多くないのです。

大都市であれば東京、大阪、京都など、外国人観光客の多い地域では、確かに英語を使う機会は多いでしょう。しかし、地方に目を向けると、状況は一変します。地方都市では外国人相手のビジネスが少ないため、英語を使う機会がほとんどないのが現実です。だから地方都市で働くことを選んだとしても、そこには英語力を活かせる仕事はあまり期待できないのです。

こうした状況を踏まえると、ワーホリ帰国後に無職になるリスクは高まる一方です。結局のところ、英語力を活かすだけでなく、他のスキルや経験を持つこと、そして自分のキャリアを広い視野で考えることが、無職を避けるために重要なのかもしれません。

ワーホリを活かせる仕事22選:英会話力で稼げる


活かせないワーホリ経験:あなたの価値は?

あなたのワーホリ経験、それは確かに貴重な経験です。ただ、厳しい言葉になりますが、それをどう活かすかはあなた次第です。そして残念ながら、ワーホリを活かせる仕事が見つからず無職になる方が多いのが現状です。

言葉を変えると、「ワーホリ経験を活かしたい!」という思いは、実は「特にスキルはないけれど、でもワーホリで得た経験があるからそれを活かしたい」という意味に聞こえてしまうのです。ワーホリというのは、基本的にお金さえあれば誰でも経験できるものであり、特別なスキルを身につけるわけではないのです。

もちろん、ワーホリ経験は国際感覚や語学力、自立心を育む絶好の機会ですが、それだけで就職活動において大きな武器になるとは限りません。ワーホリ経験をアピールポイントにするには、それをどうやって自分のスキルにつなげ、価値を高めるかが問われるのです。

一方で、ワーホリ経験を活かすことにこだわるあまり、逆に無職期間が長引く可能性もあります。企業は結局、自社にとって必要なスキルや経験を持つ人材を求めています。それがワーホリ経験であるとは限らないのです。

あなたのワーホリ経験が無駄になることはありません。ただ、それをどう活かすか、どう見せるかが求められるのです。今の自分のスキルや経験を冷静に見つめ直し、自己の価値を高めるために何が必要かを考えることが重要です。


ネガティブイメージ:「ワーホリ=遊び」のレッテル

あなたがワーホリでどんなに有意義な時間を過ごし、どんなにスキルを磨いたとしても、残念ながら一部の企業ではワーホリのイメージはあまり良くありません。厳しい現実として、無視できない大きな壁がそこには存在します。

一部の企業では、「ワーホリ=遊び」という偏見を持つこともあるでしょう。あなたがワーホリ中に英語の勉強や何かのスキルを身につける努力をしていたとしても、その結果が明らかに伴わなければ、あなたの努力はただの遊びと評価される可能性もあるのです。

また、この「遊び」のイメージは別の意味でも問題となり得ます。企業側から見ると、「ワーホリ経験者はまたすぐ仕事を辞めるかも」という懸念が頭をよぎることでしょう。一度海外の自由な生活を経験した人が、日本の厳格な職場環境に適応できるかどうか、という不安からくるものです。

このネガティブなイメージに対して、あなたがどう対峙するかが求められます。ただ怒りや不満をぶつけるのではなく、自分のワーホリ経験が自分にどのような価値をもたらしたのか、それを具体的な結果とともに示すことが大切です。

誤解や偏見を解くためには、あなた自身がその代弁者となるしかありません。自己アピールの際には、自身のワーホリ経験がどのように価値あるものであったか、しっかりと伝えることが求められるでしょう。それによって、ワーホリ=遊びというレッテルをはがし、自分の真価を見せることが可能となるのです。

日本人の留学は99%遊学である7つの理由


時期選びの失敗:求人が少ない時期に帰国する危険性

あなたがワーホリから帰国し、新たな仕事を見つけようとする際、考慮しなければならない重要な要素の一つが「帰国のタイミング」です。あまり知られていませんが、求人が出るタイミングは年間を通じて一定ではないのです。

求人数が増えるピーク時期は一般的に「1月3月」「GW明け6月」「お盆明け~10月」の3回とされています。これらの時期に帰国し、すぐに仕事を探すと、多くの求人から選ぶことができるでしょう。

しかし、これらのピーク時期を外して帰国すると、あなたが望む仕事が見つからない可能性があります。なぜなら、それらの時期は求人数が比較的少ないからです。そして結果として、帰国後の無職期間が長引く危険性があるのです。

あなたがワーホリから帰国し、新たな仕事を見つける際には、この「求人のピーク時期」を念頭に置くことが重要です。自分のライフプランを見つめ直し、ワーホリの終了と帰国のタイミングを計画的に設定することで、無職期間を最小限に留めることができます。

いつ帰国するか、そのタイミング一つ取っても、その後の生活が大きく左右されることを、くれぐれも忘れないでください。自分の選択が将来の自分を作るということを肝に銘じて、賢い選択をしましょう。

無職からの脱出!4つの方法


英語力UP:ワーホリ中にTOEIC900を目指す!

ここで提案したいのは、ワーホリ中に英語力を最大限に引き上げることです。ワーホリという経験そのものは、就職活動で特別評価されることは少ないかもしれません。しかし、そこで身につけた英語力は、間違いなくあなたの強みとなるでしょう。

TOEIC900点、ビジネスレベルの英語力を持つと、その可能性はぐんと広がります。英語を活かせる仕事が多い外資系企業への道が開かれ、大きなキャリアアップが期待できるのです。

また、英語力があれば、英会話スクール講師やTOEIC講師、塾講師など、時給2000円〜3000円という高時給の仕事も選ぶことができます。これらは英語力があれば、すぐにでも取り組むことができる職業です。

それに、TOEIC900を目指すというのは、ただ英語力を上げるだけでなく、自己成長にもつながります。目標を持つことで、ワーホリの過ごし方自体が変わるかもしれません。遊びではなく、学びの時間と捉え、日々の積み重ねが楽しくなるでしょう。

ワーホリ中に英語力を上げ、TOEIC900を目指すこと。これは、ワーホリ後の無職を避けるための有力な選択肢の一つです。英語力を身につけることで、帰国後も安定したキャリアを築くことができます。ワーホリ中の時間を有意義に使い、あなたの未来を明るく照らしましょう。

TOEICを活かせる仕事20選


万能スキル:英語以外の技能を身につけよう!

「英語を使えるだけでいい」と思っている人への警鐘を鳴らしたいです。ワーホリ帰国後、無職期間を短くするためには、英語以外の技能も持っていることが重要なのです。

何故なら、日本では残念ながら英語力が十分に評価されない場面が多いから。それは単純に、英語を使わない仕事の方が多いからです。英語が出来ることは素晴らしい能力ですが、それだけでは仕事を得るのは厳しい現実があります。

だからこそ、英語以外のスキルを身につけることが大切。例えば、動画編集やプログラミング、ライティング、マーケティングといったスキルは非常に需要が高いです。これらのスキルを身につけることで、あなたの価値は更に高まり、仕事を得やすくなります。

いつでも新しいことを学ぶことにチャレンジし、自身を成長させていきましょう。それがワーホリ帰国後の無職期間を短縮し、あなたの未来を明るく照らす一つの方法です。あなたがこれらのスキルを身につけることで、より多くのチャンスがあなたのもとに訪れるでしょう。


市場リサーチ:英語を活かせる仕事を見つける術

ワーホリ後の無職期間を避けるために、英語力を活かせる仕事を具体的に知っておくことが重要です。たしかに、言葉の壁を乗り越えられるだけの英語力があれば、世界が広がるはずです。しかし、ただ闇雲に求人サイトを眺めているだけでは、まさにヒットする求人に出会える確率は一体何パーセントでしょう?

ぼんやりと「英語を使う仕事」を想像しても、具体的なビジョンが描けず、行き詰まってしまう可能性が高いです。ここで求められるのが、市場リサーチ。自分が何をしたいのか、自分のスキルをどう活かせるのか、それにはどんな仕事があるのかを具体的に調べ、理解することが必要なのです。

もしあなたが「英語を活かした仕事」に就きたいのであれば、英語が必須とされる業界や職種、そしてそれらの求人がどれほどあるのかを調べてみてください。外資系企業や英会話スクールはもちろん、国際ビジネスを行っている企業や観光業など、英語力が活かせるフィールドは意外と広いのです。

この市場リサーチの過程で、自分の得意な分野や興味がある業界を見つけることができれば、ワーホリ帰国後の転職活動がスムーズに進むでしょう。結果的に無職期間を短くし、あなたの新たなキャリアへの道を切り開くことに繋がります。それがあなたのワーホリ経験を最大限に活かす方法なのです。

英語を使う仕事をジャンル別30種紹介:未来を英語で切り開け

安全策:元の職場への戻り道

ワーホリから帰国後の仕事探しについて考えるとき、「英語を活かした仕事に就きたい」「異文化経験を生かしたキャリアを築きたい」など新たな道を切り開こうとするあまり、ネガティブなプレッシャーに圧倒されてしまうこともあるでしょう。でも、実はそのプレッシャーは全て自己生成。誰があなたに「絶対に新しいキャリアを!」と強制しているのでしょう?無い、その強制は。

あえて異なる道を歩む必要はなく、元の職場に戻る選択肢もしっかりと考慮に入れるべきです。元の職場なら仕事内容も知っているし、慣れ親しんだ環境、同僚との人間関係も安定している。これらはすべてストレスを軽減する要素で、新たな場所で働き始めるときに必然的に抱え込む不安を最小限に留められます。

さらに言えば、新たに英語を使う仕事を選ぶことで、反対に給与が下がる可能性もあるのです。新たな人間関係に悩まされることもあります。ですから、ワーホリ経験や英語力を必ずしも活かさなくてもいいのです。ワーホリは、あくまであなた自身が成長し、楽しむためのもの。その経験があなたの人生にプラスになったなら、それで十分なのではないでしょうか?

このように、ワーホリ経験後に元の職場に戻ることも、決して後退ではない。それはあなた自身の選んだ安全策であり、また可能性の一つなのです。

ワーホリ帰国後の無職を避けるために


以上、ワーホリ帰国後の無職期間を避けるための幾つかの考察と提案をまとめてきました。各項目で説明した通り、悪化する可能性のある状況を予防するためには、英語力の強化、新たなスキルの獲得、マーケットリサーチ、そして最終手段として元の職場への戻り道を考えることが重要です。

しかし、ここで大切なのは、これら全てが必ずしも「必要」というわけではないということです。自分が何を求め、何を達成したいのか、その目標と現状を照らし合わせて最善の選択をすることが肝心です。

ワーホリは、人生の一部として素晴らしい経験を提供してくれます。新しい文化や人々との出会い、英語や他のスキルの獲得、自身の視野を広げるチャンスが詰まっています。だからこそ、その経験を最大限に活かすために、しっかりと計画を立て、準備をしておくことをお勧めします。

最後に、何があってもあなた自身がワーホリを楽しむことが最も重要です。あくまで帰国後の無職期間を避けるためのこれらの提案は、あなたが自身のワーホリ体験を最大限に楽しみ、有意義なものにする一助となることを願っています。

無職期間を憂うあまりにワーホリの楽しさを見失わないように。そしてワーホリ経験があなたの人生にとって大きな資産となることを心から願っています。ワーホリを全力で楽しむあなたの旅路を、私たちは応援しています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X