ENGLISH WORK公式

キャビンアテンダントはやめたほうがいい?7つの理由:女社会がしんどい?

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆様!素晴らしい制服に身を包み、空の上で働くキャビンアテンダント(CA)という職業。何とも華やかで魅力的な職業に見えますよね。特に映画やテレビでは、華々しい世界を旅するCAの姿が浮かび上がります。これに憧れて、キャビンアテンダントになりたいと考えている方も多いことでしょう。

しかし、実際にはその裏側には知られざる苦労や厳しい現実が待っていることも事実です。自己満足ではなく、将来の自分に合った仕事を選びたいと思っているあなたへ、今回は「キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいい9つの理由」についてお話ししようと思います。

ここでご紹介する内容は、あくまで一面の視点にすぎません。憧れの職業には理想と現実が存在します。そして私たちは、その両面を知った上で進むべき道を選んだ方が良いと考えています。ですから、これからお話しする理由が全ての人に当てはまるわけではありませんが、キャビンアテンダントを目指す前に、一度深く考えてみるきっかけになればと思います。

それでは、一緒にこれからの理由を見ていきましょう。


キャビンアテンダントはやめたほうがいい?9つの理由

深夜便、早朝便で不規則な生活に

あなたが「CAになりたい!」という夢を抱いているかもしれません。しかし、それを一度立ち止まって考え直すことをお勧めします。なぜなら、CAになるのはやめたほうがいい、という事実があるからです。

一つ目の理由は、「過酷なスケジュール」です。CAのスケジュールは、非常に厳しく、そして不規則です。飛行機のスケジュールに合わせて勤務時間が決まります。その結果、あなたの1週間は早朝便や深夜便、長距離便などで構成され、常に変動することになります。

「でも、働きすぎにならないように、きちんと休憩時間はあるんでしょ?」と思うかもしれません。確かに、航空会社はCAが必要な休息時間を取れるようにスケジュールを組むでしょう。でも、それがあなたの体調や体のリズムに合っているとは限らないのです。たとえば、「朝起きて、夜寝る」という人間本来の生活リズムは、CAの仕事ではなかなか守ることが難しいのです。

実際に、「朝寝て、夜起きる」や「徹夜する」なんてことも日常茶飯事になるでしょう。これはあなたの体や心にとって大きなストレスとなり、自律神経に不調を引き起こす可能性があります。

体が寝たいときに起きて、起きるべきときに寝てしまう。これは体にとって混乱をきたす行為で、長期的には健康への大きな影響をもたらす可能性があります。これは、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいと思う大きな理由の一つです。

この記事を読んでいる皆さん、一度立ち止まって考えてみてください。きらびやかな制服と素敵な旅のイメージの裏側には、こんな厳しい現実があるのです。キャビンアテンダントの仕事が本当にあなたに合っているのか、もう一度考えてみる時間を持つのはどうでしょうか。もし考え直すことで、新しい視点が見えてくるかもしれませんよ。


毎フライトで、初めましての同僚と仕事で疲れる

キャビンアテンダントの仕事では、毎回のフライトで初対面の同僚と仕事をすることが多いのです。普通の職場では、同じ人たちと長期間一緒に働くのが一般的ですよね。しかし、CAの職場はちょっと違います。

もちろん、自分が所属している班の同僚と一緒にフライトをすることもあります。しかし、それ以外のフライトでは、数千人がいる社員の中から、その便に割り当てられた人と一緒に仕事をします。それはつまり、ほぼ毎回「初めまして」の状況になるのです。

人は初対面の人と関わるときには、普段以上に気を使いますよね。相手の性格や好み、仕事のスタイルなどを把握しながら、互いに協力して仕事を進めなければならないのです。これが連続すると、想像以上に疲れてしまう人も多いのではないでしょうか。

私自身も、初対面の人と働くことはある種のストレスになることを認めます。そのストレスを毎回のフライトで経験するのは、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいい、と考える一つの大きな理由です。

この情報があなたの「キャビンアテンダントになりたい」という気持ちを少しでも揺るがせるかもしれません。だからこそ、私はあなたに「一度立ち止まって考えてみて」と言いたいのです。キャビンアテンダントという職業の背後にある現実を理解し、それが本当にあなたに合っているのか、自問自答してみてください。その答えが、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいい、という結論に繋がるかもしれません。


CAは恐怖の女社会 – 職場での陰湿ないじめや悪口

次に触れるトピックは少しデリケートな話になりますが、知っておくべき重要な事実です。それは、キャビンアテンダントという仕事が一面的には「女社会」であること、そしてその中に存在する可能性がある難しい人間関係の問題です。

先ず、キャビンアテンダントの業界は女性が多いです。その結果、一般の会社ではあまり見られないような、陰湿な人間関係が形成されることがあります。これがある人にとっては、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいと感じる一つの大きな要因になることもあります。

ネット上には実際の経験談がたくさんあります。「先輩社員の気を使い、機嫌を損ねないように適応する必要がある」「平気で他人の悪口を言う同僚がいる」「自分を守るために嘘をつく人がいる」など、これらの話は陰湿な女社会の一端を垣間見せます。

もちろん、このような状況にすべてのキャビンアテンダントが直面しているわけではありません。尊敬できる優しい先輩や同僚もたくさんいます。しかし、それと同じくらい、人間性を疑わざるを得ない人々も存在します。

心配なのは、このような環境に身を置くことが、人々の性格に影響を及ぼす可能性があることです。最初は良い人であったとしても、徐々に周囲の雰囲気に影響され、陰湿な性格に変わる人が少なからず存在するのです。

この事実を踏まえると、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいい、という結論に至るかもしれません。私たちの人生は限られています。だからこそ、自分がどんな環境で働くかを選択するということは、本当に重要な決断なのです。

もちろん、あなたがこの状況を克服し、美しい飛行機の窓から世界を見つめるキャビンアテンダントとしての道を選ぶのであれば、それはそれで素晴らしいことです。ただ、その選択をする前に、現実をしっかりと見つめて、心の準備を整えておくことをお勧めします。


華々しいイメージだが、実なルーティンワークが大半

キャビンアテンダントの仕事は、一見するととても華やかで魅力的に見えますよね。制服はスタイリッシュで、世界を飛び回りながら、さまざまな人々と出会う機会があります。しかし、その裏側には「ルーティンワークの辛さ」が潜んでいるのをご存じでしょうか?

CAの仕事の流れは、大体が同じパターンになります。「フライト前のブリーフィング→機内安全チェック→乗客の搭乗→安全説明→食べ物や飲み物の提供→ドリンク・食事サービス→回収→機内販売→着陸」という一連の作業は、飛行機のフライトごとに繰り返されます。

この点が、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいと感じる人々の一つの理由になります。確かに、制服を着て、お化粧とヘアセットを整え、プロフェッショナルなサービスを提供することは素晴らしいですが、その裏には毎日同じルーティンを繰り返すという現実があります。

人間の心は新鮮な経験や変化を求めるものです。だからこそ、毎日同じ作業を繰り返すというルーチンワークは、思っている以上に精神的に疲れるものです。しかも、その作業は全てが非常に重要で、ちょっとしたミスが大きな問題に繋がる可能性もあるため、常に集中力を保つ必要があります。

このような仕事を続けると、一時的にではなく、中長期的にストレスを感じることがあります。これが、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいい、という結論に至る一つの理由になるのです。

もちろん、ルーチンワークが苦にならない人もいます。同じ作業の繰り返しに安心感を感じ、自分のスキルを高めるための良い機会と捉える人もいます。しかし、それはそれぞれの性格や価値観による部分が大きいです。だからこそ、キャビンアテンダントという仕事を選ぶ前に、自分自身がどのような作業スタイルを好むのか、しっかりと自問自答してみてください。


他の業界で使えないスキル?転職が難しい?

キャビンアテンダントの仕事は、一言で言うと、人々の安全と快適な空の旅を支える仕事です。その重要性や社会的意義は誰もが認めるところです。しかし、ここで一つ問題が浮かび上がってきます。それは、キャビンアテンダントとして身につけたスキルが、他の業界でどれだけ活かせるかということです。

CAの仕事で鍛えられるスキルは、他の業界で通用するものが少ないと言われています。接客スキルやコミュニケーション能力は確かに身につきますが、それらは特定の業種や職種にしか通用しない場合があります。例えば、ホテル業界などのサービス業に転職する場合、CAの経験が大いに活きるでしょう。しかし、マーケティングや企画など、より専門的なスキルを求められる職種では、CAの経験はあまり活用できないかもしれません。

この点が、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいと考える人の一つの理由となります。将来的に業界を変える可能性がある場合、キャビンアテンダントの経験がどれだけ役立つのか、それは大いに疑問です。だからこそ、キャビンアテンダントという職業を選ぶ際には、将来的に他の業界への移動も視野に入れて考えることが大切です。

もちろん、すべてのキャビンアテンダントが他の業界に転職するわけではありません。その道一筋でキャリアを積み上げ、自分のスキルを高めることに専念する人も多いでしょう。しかし、それが可能かどうかは、自分自身の価値観やライフスタイル、将来のビジョンによります。

以上のことを考えると、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいと感じる人がいるのも納得できますよね?キャビンアテンダントという職業は、一見華やかで魅力的ですが、裏側には見えない苦労や困難が潜んでいることを忘れてはいけません。


自律神経が乱れて肌荒れ?

キャビンアテンダントの仕事と言えば、国際的なフライトを伴うために、時差や長時間の勤務などで生活リズムが不規則になりがちです。そんな不規則な生活が、自律神経の乱れを引き起こし、体調不良の原因となることがあります。これが、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいという一つの理由になり得ます。

自律神経とは、私たちの体の機能を自動的に調整してくれる神経のことを指します。心拍数や体温、消化など、私たちが意識しなくても自然に行われる体の動きを制御しています。この自律神経が乱れると、心身のバランスが崩れ、さまざまな不調が現れます。例えば、頭痛や吐き気、めまいや胃腸のトラブルなどです。

また、自律神経の乱れは精神的な影響ももたらします。イライラや焦り、不安などの心の不調、さらにはうつ病などの精神疾患につながることもあります。お肌の調子も乱れ、ニキビや肌荒れなどが起こりやすくなることも。

キャビンアテンダントの仕事は精神的なプレッシャーも大きいため、自律神経の乱れによる影響は無視できません。カラダや心にとって良くない影響が及ぶ可能性がある以上、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいと言われるのも無理はないと思います。

要するに、キャビンアテンダントの仕事を選ぶ際には、体調管理や健康への配慮も大切なポイントとなります。健康を害してまで仕事を続けることは、長い目で見れば自分自身にとってもマイナスです。だからこそ、キャビンアテンダントになるのをやめたほうがいいと感じる人もいるわけですね。


キャビンアテンダントは重労働です。

キャビンアテンダントという仕事、イメージ通りに華やかで魅力的に思えるかもしれませんね。でも、その背後には、思ってもみないほどの重労働が隠れています。これが、キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいい、といわれる一つの理由になります。

まず、機内でお客様の荷物を頭上の収納スペースに上げるのを手伝うことがありますが、これが予想以上に重いんです。一部のお客様の荷物は10kg近くもあり、これを何度も上げ下ろしする作業は予想以上の肉体労働となります。

さらに、食事や飲み物を提供する際のカート(ギャレー)の重さも半端ないんですよ。あれ、なんと最大で1個あたり100kg以上もあるんです。それを通路を行き来しながら運んでいるのですから、これもかなりの重労働といえるでしょう。

そして、食事の提供はしゃがんだり立ったりを何度も繰り返す作業が必要になります。特に窓際のお客様に食事を提供する際は、肘から先の筋肉をフル活用します。これはまさに全身運動といえるでしょう。

これらを考えると、キャビンアテンダントの仕事は肉体的にも精神的にも過酷な要求があるといえます。ですから、体力に自信がない人、または長時間の立ち仕事が苦手な人には、キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいいかもしれません。

これまでの話を聞いて、キャビンアテンダントの仕事に対するイメージが少し変わったかもしれませんね。確かに華々しく見えますが、それだけではない、もう一面を理解していただけたと思います。キャビンアテンダントになることを考えている方は、これらの点をしっかり考慮に入れて決断することをおすすめします。


うつ病へのリスクが高い?

みなさん、うつ病についてはご存知ですか?これが、キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいいと言われる理由の一つなんです。

まずは誤解を解いておきたいと思います。うつ病はキャビンアテンダントに限らず、どんな業種でも、どんな人でも罹患する可能性がある病気です。ですが、キャビンアテンダントの仕事には特殊な要素が幾つかあり、それがうつ病に陥りやすい環境を作り出しているのです。

一つ目の要素は、前述の通り、自律神経が乱れやすい生活環境です。昼夜逆転の勤務、時差ボケ、不規則な食事、これら全てが自律神経を乱し、精神的にも身体的にも負担を与えます。

二つ目の要素は、キャビンアテンダント特有の職場環境です。女性が多いという特性からくる、女社会特有の悩みや問題も否応なく心に影響を与えるでしょう。

これらの要素から、キャビンアテンダントはうつ病になりやすいといえます。自己管理がしっかりできる人でなければ、キャビンアテンダントという職業には向いていないかもしれません。これも、キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいいと言われる理由の一つです。

しかし、一方でこう言い切るのも何か違う気がします。それぞれの人が自分自身の状態をしっかりと把握し、自己管理を心がけることで、うつ病などのリスクを減らすことも可能です。これが重要です。

キャビンアテンダントに憧れる人にとって、これは辛い話かもしれません。しかし、夢見る職業への理解を深めるためにも、現実を直視することは大切です。キャビンアテンダントになることを考えている方は、これらのリスクもしっかりと考慮に入れて、より賢い選択をすることをおすすめします。


土日の休みが取りにくい – プライベートの制限

ここで挙げる理由は、皆さんが週末にどう過ごしたいか、ということに大いに関係します。その理由とは、土日休みが取りにくいという点です。これもまた、キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいいと言われる理由の一つなのです。

なぜ土日が取りにくいかと言うと、キャビンアテンダントの休みの日は固定ではないからです。「月に○日以上休み」「4日働いたら2日休み」という形が一般的で、これはつまり週末に必ず休みが来るとは限らないということです。

それはつまり、あなたの大学時代の友人との休みが合わないこともあるということ。週末に楽しみにしていたイベントに参加できないこともありますし、長期の休みも自由には取れないかもしれません。

これは確かにキャビンアテンダントになるのはやめたほうがいいという大きな理由となります。あなたの大切なプライベートタイムが制限され、自分の生活をコントロールできない感じがするでしょう。

しかしながら、反面で考えてみると、この不規則な休みがあなたの生活を豊かにするチャンスでもあると言えます。平日の休みがあると、人が少ない美術館やカフェを訪れることができますし、週末に混雑する観光地を平日に訪れることも可能です。

もちろん、キャビンアテンダントの仕事に対するリスクを全て否定するわけではありません。だからこそ、キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいいという意見も出るのです。ですが、全ての業種にはプラスとマイナスが存在します。それを理解し、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

おわりに:CAになるのはやめとけ?


皆さん、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。きっと「キャビンアテンダントになるのはやめたほうがいい9つの理由」について、少しでも新たな視点を得られたのではないでしょうか。

ただし、ここで述べた理由が全ての人に当てはまるわけではありません。個々の経験や状況は大きく異なり、その中で職業選択をするということは非常に個人的なものです。これらの理由があるからと言って、すべてのキャビンアテンダントが不幸せであるとは限りません。また、これらの困難を乗り越えて充実したキャリアを築いている人も多数いらっしゃいます。

私たちの目的は、あなたが知らず知らずのうちに理想化してしまったキャビンアテンダントという職業の、見えにくい現実を提示することです。それによって、自分の選択により確信を持ち、自分自身の道を判断する助けとなることを願っています。

「キャビンアテンダントになるべきかどうか」はあなた自身しか決められない問いです。それは自分の価値観、目指すライフスタイル、そして何よりも自分自身に対する理解に基づいて決まるものです。

あなたがどの道を選ぶにせよ、自分自身を信じて進んでください。そして、その道があなたにとっての最善の選択であることを願っています。また新たな話題でお会いしましょう。それでは、皆さん、良い一日をお過ごしください!

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X