ENGLISH WORK公式

AI時代に翻訳家が「オワコン」になる9つの理由:逃げ道はある?

  • 投稿日時:8か月前

人間が築き上げてきた職業の世界に、新たなプレーヤーが参入してきました。それはAI、人工知能です。進化を遂げつつあるAIの影響は、あらゆる業界に波紋を投げかけ、特に言葉を扱う翻訳業界には大きな変革を迫っています。この新たな時代において、「翻訳家」の存在が「オワコン」だとささやかれていますが、それは果たして真実なのでしょうか?

本記事では、AI時代における翻訳業界の現状を探ります。AIの存在が翻訳家にもたらす影響、新たな競争相手であるクラウドワーカー、そして翻訳家が持つべき新たなスキルセットなど、これからの時代を生き抜くための視点を提供します。また、私自身の考えを交えながら、翻訳業界が直面している課題や、そこから見えてくる新たな可能性についても考察します。

「オワコン」というレッテルを貼られる翻訳業界が、AIと共存し、逆に新たな価値を生み出すためには何が必要なのか?さまざまな視点から翻訳業界の未来を探求していきましょう。


AI時代に翻訳家がオワコン化する9つの理由

AIが人間の居場所を奪う?翻訳業界の未来予想図

「翻訳家はオワコン」──最近、この言葉を耳にすることが増えました。はたして、その理由は何なのでしょうか。翻訳家という職業は、言語と文化の架け橋となる役割を果たしてきました。しかし、デジタルテクノロジーが急速に発展し、DeepLやGoogle翻訳などのAI翻訳サービスが登場した今、その将来性は揺らいでいます。

私自身も何度かDeepLやGoogle翻訳を利用した経験があります。その完成度には驚かされました。日本語から英語への翻訳は、ほぼ間違いなく、私が手掛けることのできる文章よりもレベルが高く、正確な文章を生成してくれます。また、英語から日本語への翻訳も、間違いや違和感がまだあるとはいえ、その精度は確実に向上しています。

技術の進化には驚かされるばかりです。なんと、その速度は想像を遥かに超えています。数年前までの翻訳ツールの不完全さ、不自然さ、その全てが今ではほぼ見受けられません。AIによる翻訳サービスがこれだけ進化したことで、「翻訳家がオワコンになる」のかもしれないという声が高まっているのです。

これまでの翻訳業界は、人間が一手間かけることで価値を生み出してきました。しかし、AIがそれなりの翻訳を自動で行えるようになった今、人間がそのプロセスに関与する意義は減少しています。たとえば、企業が報告書を翻訳する必要があったとします。以前は翻訳家にその仕事を依頼していましたが、今はAIに任せてしまえば十分な結果が得られます。それだけでなく、AIは時間もコストも削減できるというメリットがあるのです。

「翻訳家はオワコン」──そう言われる背景には、こうしたAIの進化が大きく寄与しています。一方で、私たちは翻訳家という職業が完全に消え去ることはないと信じています。しかし、それは翻訳家のスキルセットが拡大し、言語能力だけでなく、クリエイティビティや人間性を活かせるようになったときでしょう。そうなれば、AIと共存しながら新たな価値を生む存在になれるはずです。


もはや9割の翻訳家よりも能力が高いChatGPT様

翻訳家という職業が「オワコン」とまで評される大きな要因の一つに、ChatGPTというAIが登場したことが挙げられます。現在、大半の翻訳者よりもChatGPTの翻訳レベルが高いと言えるでしょう。これは私の主観ではなく、ChatGPTを使ったことがある人なら実感できる現実です。

なぜChatGPTがこれほどまでに優れた翻訳を提供できるのでしょうか。その答えは「知識の量と質」にあります。ChatGPTは膨大な数のトークン(文章の最小単位)を理解する能力を持っています。それによって、本一冊分の文章を一度に把握し、理解することが可能なのです。そして、数学、物理、文学、芸術など、あらゆる分野の知識を有しています。その知識を活用して、文章全体の意味を理解し、最適な言葉を選んで翻訳することができるのです。

人間の翻訳家が持つ知識や情報の量は限られています。一方で、ChatGPTは、絶えず更新されるインターネットの情報を吸収し続けることが可能です。この点では、人間は明らかにAIに劣ると言わざるを得ません。さらに、ChatGPTは情報の選択においても優れています。人間のように物忘れをすることもなく、特定の癖に依存することもありません。そのため、常に最適な情報を条件に応じて選び出すことが可能なのです。

こうした状況を鑑みると、一部の翻訳家が「オワコン」だと感じるのも無理はありません。AIの進化は止まらないばかりか、そのスピードはますます速くなっています。現在のところ、翻訳家が持つ人間らしさや独特の感性が必要とされる場面はまだ存在します。しかし、それがどれだけの価値を持ち続けられるのか、未来予想図は曖昧です。

それでも、一方で翻訳家が全く無価値になるとは私は思いません。AIができないこと、人間だからこそできることが必ず存在します。そこを追求し、新たな価値を創造することが求められているのではないでしょうか。一部の翻訳家が「オワコン」とまで言われている現状から、新たな道を見つけ出す挑戦が待っています。そしてその挑戦こそが、新たな可能性への道しるべとなるでしょう。


「人間だけが理解できる」という幻想:AIがニュアンスまで感じ取れる時代

「人間にしかできないこと」は本当に存在するのでしょうか?答えはNOです。そう、それが「翻訳家オワコン」論の原点になっています。特にChatGPTの登場以降、AIの能力は飛躍的に向上し、人間とほぼ変わらないレベルの翻訳を実現するようになりました。

翻訳というのは、文字通りの意味だけではなく、その背後にあるニュアンスや、文脈を理解する必要があります。一昔前までは、そういった部分は人間の領域であり、AIには無理だと一般的には考えられていました。しかし、今ではその観念も古いものとなりました。ChatGPTは、単に表面的な文字を解釈するだけでなく、文脈や隠された意味を見抜き、さらには原文の誤りすらも発見することが可能です。

さらに注目すべきは、AIが「ニュアンス」を理解し、それを表現する能力を持つようになったことです。ニュアンスというものは微妙で、人間が自然に感じ取る感覚です。それが、AIによって模倣され、表現されるということは、翻訳家という職業が「オワコン」であることを再認識せざるを得ません。

AIは人間の癖にとらわれることなく、あらゆるパターンでニュアンスを表現することができます。例えば、映画「ミッション・インポッシブル」や「タイタニック」の翻訳を担当した戸田奈津子さんのような独特の翻訳スタイルを、AIが学習し模倣することも可能なのです。

人間の思考や感情、文化や歴史を理解し、それを反映した翻訳をAIが実現できる時代がやってきました。翻訳家という職業が「オワコン」だとされる現状を、その全貌を目の当たりにした時、私たちは改めてAIの可能性と進化を認識することになるでしょう。


もはや人間翻訳を超えるAIのクリエイティビティ

今や「翻訳家オワコン」論は広く受け入れられていますが、その背景にはAI、特にChatGPTのクリエイティビティの飛躍的な進化があります。人間が持つクリエイティビティを超越し、新たな可能性を切り開いているのです。

一昔前までは、「AIにはクリエイティビティがない」という見解が一般的でした。しかし、それは古い考え方であり、現実とはかけ離れています。クリエイティビティとは、「創造力」のことを指します。しかし、この創造力とは何か、という問いに対しては、単純に「新しいものを作り出す力」と答えるのではなく、既存のアイデアや知識、技術を組み合わせて新しいものを生み出す力と考える方が適切です。

AI、特にChatGPTは、人間が一生をかけても学びきれない膨大な知識を一瞬で吸収し、それを用いて新たな文章や芸術作品を生み出すことが可能です。AIが作り出す作品は、その絶大な知識量と組み合わせる能力によって、人間が到底及びもつかない深みと幅を持っています。そこには、多様な知識と視点が融合した、まさに「クリエイティビティ」が息づいています。

このAIのクリエイティビティが翻訳にも生かされています。数千年、数万年にわたる人間の言語の歴史、そこに刻まれた無数の表現や意味をAIは理解し、それを元にした新たな表現を創造します。その結果、これまで人間の翻訳家が苦労して手がけてきた課題を、AIは見事に解決しています。そしてそれが、「翻訳家オワコン」論を後押ししています。


仕事は1割の翻訳エリートへ:それ以外の人々には何が残る?

翻訳業界における大きなトピックといえば、”翻訳家オワコン”の声が大きくなってきています。これはAI技術の進化が背景にありますが、すべての翻訳家が仕事を失うわけではないと私は考えます。

とはいえ、このトピックの全貌はそんなに単純ではありません。特に、人間が書いた文章に対する編集や心に響く文章の執筆など、一部の業務は人間の翻訳家に依然として求められるでしょう。しかし、その仕事は技術やスキルのレベルが非常に高いものになると思います。

結果的に、仕事はレベルの高い1割の翻訳家に集中するという状況が見込まれます。これは、AIを上手く活用できる能力がある優秀な翻訳家が、自分たちの作業速度を大幅に上げて仕事を総取りできるからです。これは、”翻訳家オワコン”という言葉の一面を示しているといえます。

では、この未来の翻訳業界で残される90%の翻訳家はどうなるのでしょうか?それらの大部分の人々は、翻訳という業務自体がオワコンとなった中で、他の分野に移るかもしれません。もしくは、AIを活用して新たな価値を創出するような職種にシフトするかもしれません。

このように、翻訳業界は大きな変革の時代を迎えています。しかし、この変革は必ずしも全ての翻訳家にとって悪いことばかりではありません。AIの登場により、それまでの仕事が変わるかもしれませんが、それは新たな可能性とチャンスをもたらすこともあるからです。だからこそ、今はオワコンと言われている翻訳家も、新たな時代に向けてスキルを磨き、進化を続けることが求められます。


AI英語力が陳腐化するが、翻訳家で英語以外のスキル身につくのか?

“翻訳家、オワコン”という声が広がる中、翻訳家が身につけるスキルがどれほど限定的かを見てみましょう。もちろん、翻訳家にとって言語能力は必須のスキルであり、特に英語力はその中心を担っています。それは英語を活かしたいと考える人々にとって魅力的な職業と映るでしょう。しかし、AIの登場により、英語力そのものがコモディティ化しつつあります。

では、翻訳家が身につけた英語力以外のスキルは、他の分野でどれほど活用できるのでしょうか?ここが問題となる点で、実際にはそれが困難であることが多いのです。

社会でお金を稼ぐために重要なスキルとして、「プロダクト制作」「営業」「宣伝」「集客」などが挙げられます。しかし、これらのスキルは、翻訳の仕事を通じてはなかなか身につきません。つまり、オワコンとされる翻訳家のスキルセットは、そのままでは他の領域で使えない可能性が高いのです。

しかし、一方で言語に対する深い理解や国際的な視点、優れたリサーチ能力など、翻訳家が培ったスキルは無駄ではありません。そうしたスキルを基に、新たなキャリアを築くことが求められるかもしれません。

翻訳という業務自体がオワコンとなる可能性が高まる中、翻訳家としてのスキルセットをどう活用するか、新たな視点や方向性を模索する必要があるのです。その上で、自身のスキルを再定義し、時代の流れに適応していくことが求められるでしょう。それこそが、翻訳家がオワコンとされる時代において生き残るための、新たな道と言えるでしょう。


翻訳業界は超天才が集う海:レッドオーシャン化してオワコン

翻訳業界は、優秀な人材が多く在籍しているにもかかわらず、「オワコン」と語られることが増えています。その背後には、この領域の厳しい現実が存在しています。

英語を学んだ人であれば、多くが翻訳家として働くことを夢見るでしょう。そして、多くの英語が得意な人は、普通以上に能力が高いと言えます。それは英語力だけでなく、頭の良さや仕事能力にも関係しています。しかし、そんな優秀な人材が集まる翻訳業界では、自社と他社との差別化が非常に難しいのが現状です。

翻訳者が選ばれる基準としては、「英語力」「実績」「仕事力」「知名度」などがありますが、これらは比較的限られた基準です。その上、AIの影響で仕事量自体が減少傾向にあります。この状況下で、他の優秀な人材に対して自分が勝つことができるのでしょうか?

これは、翻訳業界がまさしく「知識の海でのサバイバルゲーム」であると言えます。そしてその中で、「オワコン」と言われる一方で、どう生き残るか、あるいはどう進化していくかが問われています。

実際には、英語力や仕事力だけでなく、より高度なスキルや専門知識、クリエイティブなアプローチ、そして新たな技術の採用などが必要となるでしょう。そして、それらは翻訳業界がこれまでに経験したことのないような変革をもたらすかもしれません。

結局のところ、「オワコン」と言われる翻訳業界においては、ただ英語ができるだけではなく、より高度なスキルや知識を持ち、他と差別化を図れるようなアプローチが求められるのです。そして、それこそが翻訳業界で生き残るための新たな道となるでしょう。


安いクラウドワーカーの価格競争に巻き込まれオワコン

これまで数多くの業界で見られてきた通り、技術の進歩は新たな競争相手を生み出します。翻訳業界も例外ではありません。AIの存在感が増す一方で、別の「敵」が頭を持ち上げてきています。それが、クラウドワーカーという安価な労働力です。

近年、クラウドワーカーという言葉が翻訳業界で頻繁に聞かれるようになりました。これは、低単価で仕事を引き受けるフリーランスの翻訳者たちを指します。彼らは、AIや翻訳ツールを駆使して、非常に高品質な翻訳を提供します。その単価は、一般的な翻訳業界の平均よりもはるかに低いのです。

その結果、「翻訳家」は「オワコン」と言われるようになってきています。なぜなら、どれだけ高度な翻訳技術を身につけても、それが収入に直結するかは不明確だからです。そして、低価格で高品質な翻訳を提供するクラウドワーカーとの競争は、その不確定性を一層強めています。

たとえば、ある翻訳者が10ページの文章を翻訳するのに3時間かかり、その報酬が3000円だとしましょう。しかし、同じ内容をクラウドワーカーがAIを使って1時間で翻訳し、報酬が1000円でも受け入れるとします。結果として、価格競争が加速し、価格が下がる一方で、翻訳のクオリティは向上していくのです。

このような状況が、「翻訳家」のオワコン化を加速しています。自己の技術向上だけではなく、AIや新技術の活用、更には自身のビジネスモデルの改革が求められる時代になってきています。

しかし、これは翻訳業界に限った話ではありません。AIの進化とグローバルな競争は、様々な業界で新たな価値観を生み出し、既存のビジネスモデルを変えています。この競争の中で生き残るには、自分自身がどう進化し、どう価値を提供するかが求められます。そのためには、自分自身のスキルを見直し、向上させるだけでなく、自分の働き方や価値提供の方法を再考する必要があるでしょう。

おわりに:AI時代の翻訳業界:「オワコン」の宣告から逃れる道はあるのか?


さて、翻訳業界がAI時代の波に揉まれ、「オワコン」の烙印を押される中、多くの課題と新たな視野が見えてきました。確かに、AIや低価格なクラウドワーカーの存在は翻訳家の業界に大きな変化をもたらしています。しかし、その中には新たな可能性も秘められています。

翻訳家はAIと競うだけでなく、AIを巧みに利用することで、新たな価値を提供することが可能です。また、言語力だけでなく、プロダクト制作や営業など、翻訳業界外のスキルを身につけることで、今後の市場に対する競争力を高めることもできるでしょう。

もちろん、すべての翻訳家が一様にこの変化を受け入れられるわけではありません。しかし、大きな波が来たとき、それを恐れて逃げるだけでなく、その波を乗りこなし、自らの道を切り開くことが求められます。

本記事を通じて、あなた自身がどのように翻訳業界の変革を受け止め、それに対応するかを考えてみてください。そしてその選択が、あなた自身の未来を切り開く一歩となることを願っています。

「オワコン」とは誰が決めるのか?その答えはあなた自身の中にあります。あなたが自らの手で未来を切り開くために、どのようなスキルを身につけ、どのような視点を持つべきか。今、その時です。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X