ENGLISH WORK公式

グランドスタッフやめたいと感じる9つの理由

  • 投稿日時:8か月前

旅の始まりと終わりを見守る、グランドスタッフ。彼らは空港で働くスタッフの一員として、飛行機が滞りなく運行するための重要な役割を担っています。しかし、その裏側には、なかなか知られることのない「辞めたい」という気持ちが、実は数多く存在しています。

ここでは、なぜ多くのグランドスタッフが「辞めたい」と感じるのか、その理由を探ります。一見華やかに見えるこの仕事ですが、実際にはクレーム対応の難しさ、スキルが他の業界で活かしにくいという問題、覚える仕事量の多さ、仕事が評価されにくいという事実、そして頻繁に発生する異常事態への対応の大変さ、これらが「辞めたい」と感じる大きな要因となっています。

具体的な経験談やデータを基に、これらの課題を解説します。また、今後グランドスタッフを目指す方や現場で活躍する方々に向けて、何が問題となっているのか、それをどのように捉えるべきなのか、深掘りしていきます。これからどのように進むべきか、一緒に考えてみましょう。


グランドスタッフやめたいと感じる9つの理由

女社会の闇を見て、やめたい気持ちに

「グランドスタッフ」のお仕事は、非常に厳しいところがあります。それは、女性が多い職場であるための特有の人間関係の難しさ、もしくは一部の人たちが言うところの「女社会の闇」です。私たちは多くの場合、働くこと自体が困難であり、さらにそれが人間関係の問題で複雑になると、もう「やめたい」と思う気持ちは当然なのかもしれません。

まず最初に、皆様がご存知の通り、グランドスタッフの職場は女性が多いです。これはデータ上でも確認できますし、実際にグランドスタッフとして働いている方々からもよく聞かれます。ここには、女性が得意とする細やかな気配りや、お客様へのソフトな対応が求められるため、自然と女性が多くなるという理由があると思われます。

しかし、女性が多い職場環境には、男性が少ない職場とは異なる独自の問題があります。それは、陰湿な人間関係やゴシップ、中傷などの問題です。特に、グランドスタッフの仕事では、緊張感のある状況下で複雑なタスクを遂行しなければならないため、このような問題が顕在化しやすいのです。

ネット上には、「先輩社員に気を遣わなければならず、先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある」とか、「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩社員がいる」、「自分を守るためなら平気で嘘をつく」といった経験談が散見されます。

このような環境で働いていると、もともと性格の良かった人でも、徐々に陰湿な性格に変わってしまうかもしれません。それは心から「やめたい」と感じるレベルのストレスを経験するからです。

もちろん、全ての女性が陰湿であるというわけではありませんし、尊敬できる優しい先輩社員もいらっしゃいます。しかし、職場環境がそれを許さない場合、良い人々も無理に自己防衛を強いられ、結果として人間性を疑われる行動をとってしまうこともあります。

これらの問題は、「グランドスタッフ」の職場だけでなく、女性が多い職場全般に見られる問題かもしれません。それは我々が変えるべき社会的な問題であり、ただ単に仕事を「やめたい」と考える前に、我々が何をできるのか、どう改善できるのかを考えるべきかもしれません。


思ってたのと違う!意外と重労働なグランドスタッフ

私たちが普段見る「グランドスタッフ」の仕事は、洗練された職場環境でスマートに仕事をこなす姿が印象的かもしれません。しかし、実際の仕事の内容は、その洗練された外観からは想像もつかないほどの重労働が隠されているのです。

グランドスタッフの職務内容は多岐に渡りますが、その中でも特に重労働と言われているのが、チェックインカウンターでの業務です。ここでは、20kg以上もあるスーツケースを頻繁に持ち上げる必要があります。これが1日に数回だけであればまだしも、ピーク時には何十回もそのようなケースに遭遇することもあります。これだけでも相当な負荷がかかるのですが、それだけではありません。

空港は広大な敷地を持つ場所です。グランドスタッフは、チェックインカウンターから搭乗ゲートまで、そしてその逆もしばしば移動しなければなりません。その距離は想像以上に長く、結果として1日のうちに歩く距離は驚くほどになることでしょう。

さらに、搭乗時間になっても現れないお客様を探すために、広大な空港内を探し回ることもグランドスタッフの仕事の一部です。これらすべてを考慮すると、その重労働の実態が浮かび上がってきます。

そして、これらの仕事をこなしながらも、常にお客様に対する気配りと笑顔を忘れてはなりません。それは、ある意味で精神的な重労働とも言えるでしょう。このような状況では、「もうやめたい」と思う気持ちが湧き上がるのも無理はありません。

こうした事実を前にすると、グランドスタッフを「やめたい」と思う人が多いのも理解できます。それだけ多岐にわたる業務と、肉体的、精神的な負担が大きい仕事であることを理解することが重要です。


給料が安くてやめたい…

「グランドスタッフ」と聞くと、華やかでエキサイティングな仕事を想像する方も多いでしょう。しかし、その裏側には待遇面での悩みも存在します。一つには、「給料が安い」という問題が挙げられます。

実際、羽田空港のグランドスタッフの給料は、国内線では約190,000円~220,000円、国際線でも約190,000円~240,000円程度と言われています。この金額を見ると、「それほど低い給料ではない」と思う方もいるかもしれません。しかし、これは彼らが担っている仕事内容や労働時間、そしてその労働環境を考慮すると、確かに「給料が安い」と感じる方も多いのではないでしょうか。

グランドスタッフの仕事は、誰もが認める重労働です。20kg以上のスーツケースを頻繁に持ち上げること、広大な空港を何度も行き来すること、そして搭乗時間になっても現れないお客様を探し回ること。これらの仕事をこなすためには、確かな体力とスタミナが必要となります。

加えて、初めての仕事であれば覚えることが非常に多く、その学習コストもまた重労働の一部と言えるでしょう。それに、早朝や深夜の勤務も含まれています。これらの全てを考えると、上記の給料は少ないと感じるのは当然のことかもしれません。

そのため、「給料が安いからやめたい」という声も多いのです。それは、「この仕事の負担に対して給料が見合っていない」と感じているからこそ、やめたいという気持ちが湧き上がるのでしょう。

このような状況を見ていると、「グランドスタッフをやめたい」と思う人が多いのも納得がいきます。これが現実の待遇であり、私たちが理解し、支えていくべき問題です。


早番、夜勤で生活リズムが不安定にもう耐えれない?

空港という場所は、24時間眠らない街ともいえます。国内線だけでなく国際線の便もあり、時間帯に関係なく飛行機が出入りします。そのためグランドスタッフの方々も、このタイムスケジュールに合わせて勤務しなければなりません。そして、これが生活リズムが不安定になり、「もうやめたい」と思う方が増えている一因となっているのです。

早朝のフライト対応のために朝早くから働いたり、夜遅い時間まで働いたりすることは、グランドスタッフの仕事においては日常茶飯事といえます。一日のスケジュールが常に変動し、体調管理やプライベートの時間確保が難しくなります。

体が24時間のリズム、いわゆるサーカディアンリズムに従って生活していることをご存じでしょうか?このリズムが乱れると、体の機能全般に影響を及ぼす可能性があります。具体的には、睡眠障害、食欲不振、自律神経の乱れなどが引き起こされることがあるのです。これらの症状は身体だけでなく心にもダメージを与え、「もう耐えられない、やめたい」と思う気持ちにつながります。

特に、女性の場合、ホルモンバランスの変化などにより、自律神経の影響を受けやすいとされています。つまり、不規則な生活リズムがもたらす自律神経の乱れは、女性にとって特に大きな問題となり得ます。

個々の体質や生活スタイルにもよりますが、このような生活リズムの不安定さは、自分の体と向き合い、健康管理を優先するべきときであるという警鐘を鳴らしているかもしれません。

こういった現状を踏まえると、早番や夜勤のシフトが生活リズムを乱し、その結果として「グランドスタッフをやめたい」と感じる方が少なくないのも理解できます。


クレーマー対応で、やめたい気持ちになる

一人ひとりのお客様と顔を合わせ、直接対話するのがグランドスタッフの大切な仕事です。彼らは航空会社のフロントラインに立ち、時には会社の代表として様々な対応を行う必要があります。この重責とともに、クレーム対応の難しさという、やめたいと思う理由の一つに直面することが多々あります。

例えば、座席の変更要求に対しては、空席がある場合や必要な場合には対応することが可能ですが、満席の場合やルールに基づいて変更できない場合があります。その時に理解を求めると、理由を述べても納得せず、駄々をこねるお客様が存在します。それは理由がどうであれ、グランドスタッフの皆さんが直接、その場で対応しなければならない事態です。

また、荷物の重量が規定を超過した場合、超過料金を請求することがあります。この時にも、客観的な規定に反して「それは納得できない」と抗議するお客様との対応が求められます。

さらに、飛行機への搭乗が遅れたお客様が、自身のミスを認めずにスタッフに対して怒りをぶつけるケースもあります。そういった状況では、冷静さを保ち、適切な対応を行うことが求められます。しかしこのような状況は、精神的にも大きな負担となり、「もうやめたい」と思うことがしばしばあります。

こうした状況は、グランドスタッフの仕事の一部であり、それを受け入れることが求められるかもしれません。しかし、それが常にとは限りません。無理な対応を強いられ、自己のストレスが高まるという場合は、「やめたい」と感じることも自然な反応です。この環境は、おそらく他の職場でも見受けられる問題で、それがそのまま仕事を辞める理由となることもあります。


これ以上航空関連スキル身につけても役立たないから、やめたい

職業における成長や学びは、その仕事を通じて自己のスキルを高め、キャリアを積む上で重要な要素です。しかし、グランドスタッフの場合、この点でやめたいと感じる方が少なくありません。それは、他の業界で活用できるスキルがなかなか身につかないためです。

グランドスタッフの仕事は、飛行機が安全に運行するために必要な役割を果たし、多くの旅行者を支えるという、社会的意義のある業務を行います。しかし、その一方で、そのスキルが他の業界にどれだけ活かせるのかという問題があります。

例えば、ホテル業界や他のサービス業など、顧客対応の経験が求められる業種においては、グランドスタッフの経験が役立つ場合があります。しかし、マーケティングや企画など、異なる専門性が必要となる業界に転職を考えた場合、未経験からのスタートとなることが多いのが現状です。

これにより、「これ以上スキルを身につけても、他の業界で活用できないなら、意味がない」と感じ、やめたいと考えることがあります。

人間の成長や学びは、一つの職場だけでなく、さまざまな場面での経験から得られます。しかし、そのスキルが自分が進みたい方向につながらない場合、その仕事へのモチベーションは自然と下がってしまいます。そして、それは「やめたい」という思いにつながるのです。

一方で、もちろんグランドスタッフの仕事でも多くのスキルを身につけることは可能です。コミュニケーション能力や、多様な状況に対応する問題解決能力、厳密な時間管理能力などは、どの職種においても有用なスキルといえます。

しかし、それが自分の目指すキャリアパスや、他の業界での活動に十分につながらないと感じる場合、やめることを考えるのは当然のことかもしれません。


覚える仕事量が多すぎ問題

グランドスタッフとしての日々の業務は、決して単純ではありません。その多くは、航空会社のシステムを理解し、その運用に関する深い知識を必要とします。それが、グランドスタッフをやめたいと感じる要因の一つでもあります。

例えば、基本的な業務として、チェックイン業務や搭乗ゲート業務があります。これらは、乗客のフライトに関する問い合わせに対応したり、搭乗手続きを行ったりする業務で、非常に詳細なルールや手順を覚える必要があります。

それだけではありません。欠航や遅延などが起こった時の対応、いわゆるイレギュラー対応も覚えなければなりません。これらの状況は予測不能で、しかもその都度違う対応が求められるため、覚えるべき事項が膨大です。

さらに、各航空会社のマイレージプログラムやクレジットカード特典など、さまざまなサービスに関する詳細な知識も必要とされます。こうした知識がなければ、顧客からの質問に対応することができず、適切なサービスを提供することが難しくなります。

こうした覚えるべき仕事量が多いことは、ストレスの一因となり、やめたいと感じる要因になります。「これ以上覚えることが増えるのなら、やめたい」と感じる方は少なくありません。

もちろん、これらの知識や経験は、高品質なサービスを提供するためには必要不可欠です。しかし、覚えるべき事項が多すぎると、仕事の難易度が高まり、職場でのパフォーマンスが低下する可能性もあります。

仕事を覚えることは、その職業の成長を促進しますが、同時にそれが過剰になるとストレスとなります。その結果、「もうこれ以上覚えることが増えるのなら、やめたい」と感じるようになるのです。


仕事頑張っても評価されない残念さ

多くの人が一生懸命仕事をするのは、自己成就感を得るためであり、またその努力が評価されることにより、自己価値を感じるからです。しかしながら、グランドスタッフという職種は、その努力が直接的に評価されにくいという特性を持っているため、やめたいと思う人が多いのです。

グランドスタッフの主な業務は、飛行機の乗客に対するサービスを提供することです。これは必ずしも会社の売上げに直接貢献するわけではありません。顧客が喜び、感謝の言葉を述べてくれることはありますが、それが直接的な経済的報酬につながるわけではありません。

「私の提供したサービスで顧客が満足してくれた。でも、それが会社の評価や私の給料に反映されない。だったら、もうやめたい」と感じることもあるでしょう。

また、仕事の評価基準が主観的であるため、同じ業務を行っても評価が人により異なることがあります。これは、個々の成果が明確に数値化されにくいからです。結果的には、一生懸命働いても評価が上がらない、あるいは十分な評価が得られないと感じることがあります。

こうした状況は、仕事へのモチベーションを減少させ、やめたいと感じる原因となります。特に、成果主義の社会に生きる現代人にとっては、自分の努力が十分に評価されないと感じることは、大きなストレスとなることでしょう。

仕事に対する評価は、その仕事を続ける大きなモチベーションの一つです。しかし、グランドスタッフという職種は、その性質上、評価が得られにくい環境にあります。この事実は、多くのグランドスタッフがやめたいと感じる要因の一つと言えるでしょう。


またか…異常事態が日常茶飯事

グランドスタッフの仕事と言えば、まず思い浮かべるのは、乗客のチェックイン業務や搭乗ゲートでの対応ですよね。ですが、それらはごく一部の業務で、実際のところは、予想外の事態、いわゆる「イレギュラー」の対応が頻繁に求められます。これがまさに、「またか…異常事態が日常茶飯事」という現実なのです。

飛行機が遅延したり、欠航したりすると、それはただのトラブルでは済まされません。グランドスタッフは、その都度、機転を利かせて対応しなければならないのです。旅行者に対して新たなフライトを手配したり、状況を丁寧に説明したり、時には泣き叫ぶ子供をなだめたり…。頭を使うばかりでなく、心身ともにエネルギーを消耗します。

そして、これらのイレギュラー対応が一日に何度も繰り返されます。「またか…」とため息をつきたくなることも多々あります。この疲労感が積み重なり、「もう、やめたい」と考えるグランドスタッフが少なくないのです。

例えば、ある日、大型の台風が接近し、飛行機の運航が全てキャンセルに。何百人という乗客が立ち往生し、代替便の手配や宿泊施設の手配が必要になりました。この日一日で、何度も「やめたい」と思ったのを覚えています。

もちろん、そのような状況を乗り越えたときに感じる達成感や充実感はあるでしょう。しかし、それが日常的になると、逆にストレスが溜まる一方で、心身の健康にも影響を及ぼすことがあります。

おわりに


以上、航空業界で活躍するグランドスタッフの仕事には、数々の困難と挑戦が待ち受けていることが分かりました。しかし、私たちがこの記事を通じて伝えたいのは、これらの問題がグランドスタッフという職業そのものに固有のものであり、個々の職場環境や個々の人間の能力によっては、必ずしもこれらの問題に直面するわけではないということです。また、これらの問題点に目を向けることで、解決策を見つけるきっかけとなるかもしれません。

それぞれの経験は個々のものであり、グランドスタッフとしての働き方や価値観も千差万別です。ただし、共通して言えることは、グランドスタッフの仕事は確かに厳しい面があるものの、それは他の仕事でも言えることです。それでもなお、空港のフロントラインで働く魅力を感じ、挑戦する人々がいるのです。

やりがいのある職業であり、大勢の人々が安全に目的地にたどり着く手助けをするという、素晴らしい貢献をしていることを、忘れてはならないと思います。そして、働き方や職場環境に改善の余地があるならば、それを探求し、取り組むことが重要です。課題があるからこそ、それを乗り越えたときの達成感や成長は大きいのです。

今日の記事が、グランドスタッフという職業に対する理解を深める助けになれば幸いです。そして、これからもその貴重な役割と貢献に対して、敬意を表し続けましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X