ENGLISH WORK公式

グランドスタッフが続かない9つの原因

  • 投稿日時:8か月前

航空業界の大切な一翼を担うグランドスタッフ。彼らは空港での業務を支え、私たちが安心して旅行や出張を行えるようにと、日々奮闘しています。しかし、その見えざる努力の裏には、仕事を「続けられない」と感じる理由が潜んでいるのです。

そこで、本記事では、なぜグランドスタッフの仕事が「続けられない」と感じられるのか、その理由を掘り下げて考察していきます。クレーム対応の厳しさ、女性社員が多い職場での人間関係、他業界でのスキルの活かし方の難しさ、評価のされ方、そしてイレギュラー対応の疲れなど、多面的に考察していきます。

どの項目もグランドスタッフのお仕事を理解する上で重要な視点であり、また仕事選びやキャリアプランを考える際にも参考になる内容となっています。航空業界に興味のある方はもちろん、異業種からの視点で読んでいただいても新たな気づきが得られるでしょう。どうぞ、ごゆっくりお読みいただき、職場の様々な課題について考えてみてください。


グランドスタッフが続かないと言われる9つの原因

華々しいイメージとは違い”重労働”で続かない

皆さんはどこか旅行に行く際、エアポートでグランドスタッフにお会いしたことがありますか?鮮やかな制服、照れくさそうに微笑んでいる彼らには一見華々しいイメージがありますよね。しかし、その裏側には「重労働」という一面が存在します。そして、この「重労働」こそが、グランドスタッフの仕事が「続かない」大きな理由となっているのです。

まず、ご存知のように、グランドスタッフの主な業務はチェックインカウンターでの業務です。その中には、乗客のスーツケースを扱う作業も含まれます。ときには20kg以上の重いスーツケースを何度も持ち上げなければならないケースもあります。これが1日に数回ならばまだしも、想像してみてください。何十回も、何百回もこの作業を繰り返す一日を。確かに、筋力をつける一方で、体への負担は計り知れません。

さらに、チェックイン業務が終われば、次は搭乗ゲートへ。そして、そこでの業務が終われば再びチェックインカウンターへ戻る。一見、そこまで長くない距離かもしれませんが、これを一日に何度も繰り返すとなると、その日に歩く距離は驚くほどになります。これもまた、体力を削り、「続かない」要因となるのです。

また、遅延や欠航などのトラブル対応もグランドスタッフの大きな仕事です。乗客が搭乗時間になっても姿を見せない場合、彼らは空港内を探し回ることも求められます。これもまた、大きな負担となり、精神的にも「続かない」理由となり得ます。

言い換えれば、グランドスタッフの仕事は「見えない労働」が多いのです。それは、旅行者が楽しい旅行を過ごせるように、裏方で奔走する彼らの姿勢によるものです。しかし、その「見えない労働」が「続かない」理由となってしまうのも事実なのです。


こんな安月給じゃ続けられない?

「重労働」であることがグランドスタッフの仕事が「続かない」理由の一つだとお伝えしましたが、もう一つ大きな要因として、それは「給料」です。その額をお伝えすると、恐らく多くの皆さんが驚かれるでしょう。特に、その労働の内容と対比してみると、その差は一層際立つことでしょう。

羽田空港で働くグランドスタッフの平均的な給料は、国内線では約190,000円~220,000円、国際線では約190,000円~240,000円程度です。これが毎月の給料です。一見すると、まあまあの額に見えるかもしれません。しかし、前述したように、彼らの労働内容を考えると、この給料は明らかに低すぎると感じる方も多いでしょう。

スーツケースの持ち上げ、空港内の長い距離を何度も往復、そして搭乗時間になっても現れない乗客の捜索。それらの労働を日々繰り返し、それに加えて早朝や深夜の勤務もこなす。そして、そのすべてを覚えることもまた、大変な負担となります。それなのに、その報酬として手に入るのが約190,000円~240,000円。比較してみると、その労働のハードさと収入の少なさが、「続かない」要因として明確に浮かび上がります。

給料が安いことが、「続かない」理由として挙げられます。そして、実際にグランドスタッフの仕事を経験した人々の中には、「給料が安すぎる。やめた方がいい」と考えてしまう人も少なくないでしょう。それは決して彼らが怠け者であるからではありません。それは、彼らが一生懸命働いて得られる報酬が、その労働の大変さに見合っていないと感じるからです。

このように、重労働と低給与が組み合わさったグランドスタッフの現状は、「続かない」理由を明確に示しています。


1日中ヒール着用で空港駆け回るの続けられない

これまで、グランドスタッフの仕事が「続かない」理由として、「重労働」や「低給与」を取り上げてきましたが、もう一つ見逃せない要素があります。それは「ヒールの着用」です。特に女性のグランドスタッフにとって、これは大きな問題となっています。

彼女たちは空港内を一日中、ヒールを履いて歩き回らなければなりません。さらに、時間に追われて走ることもあります。スーツケースの持ち上げや、遅れた乗客の探索など、「早く行動しなければならない」場面が多々あります。しかも、それをヒールを履いてこなさなければならないのです。ヒールは見た目にはエレガントでプロフェッショナルな印象を与えますが、それが足や腰への負担を増大させているのも確かです。

一般的に、ヒールを長時間履き続けると足や腰に痛みを感じることがあります。これは一時的なものであれば我慢できるかもしれません。しかし、それが毎日続くとなると話は別です。足や腰の痛みは日々の生活を苦痛にするだけでなく、中にはそれが原因で仕事を「続けられない」と感じる人もいます。

もちろん、一部のグランドスタッフはヒールを上手に使いこなし、長時間でも履けるという技術を持っています。しかし、それはあくまで一部の人々であり、すべてのグランドスタッフが同じように対処できるわけではありません。足や腰に痛みを抱えつつも、ヒールを履き続けるという選択をするか、それとも「続けられない」と決断するか。それは個々の状況や耐久力によるものでしょう。

これらを踏まえると、ヒール着用がグランドスタッフの仕事を「続けられない」と感じさせる要素であることは明らかです。彼女たちはプロフェッショナリズムを持って仕事に取り組んでいますが、その一方で体への負担も無視できません。


24時間オープンの空港に狂わされる生活リズム

それでは次に、24時間稼働の空港による生活リズムの狂いについて語りたいと思います。これもまた、グランドスタッフの仕事が「続かない」理由として、重要な要素となるでしょう。

グランドスタッフの職務は、国内線だけでなく、24時間絶え間なく飛来する国際線の対応も含みます。そのため、スタッフの勤務は早朝から深夜まで、また深夜から早朝までと、時にはシフトがまちまちになることがあります。これは、お客様が安全に旅を続けられるようにするための必要な措置ではありますが、スタッフ自身の生活リズムに影響を及ぼします。

一日のうちに勤務時間が変わると、睡眠時間や食事時間も大きく変動します。これにより、体が求めるリズムと環境が一致しなくなり、自律神経が乱れる可能性が出てきます。自律神経が乱れると、心身の不調を引き起こすことがあります。頭痛、倦怠感、食欲不振、不眠症など、さまざまな症状が現れる可能性があります。

特に女性の場合、生理周期などが自律神経に大きく影響を受けるため、このような不規則な生活リズムは更なるストレスを生じさせるかもしれません。これらの理由から、グランドスタッフの仕事が「続かない」と感じる人が出てくるのです。

私自身が以前、グランドスタッフとして働いていた友人から聞いた話では、深夜勤務と早朝勤務が続いた週は特に辛かったと言っていました。彼女は普段から健康に気を使っていたので、最初はなんとか耐えていましたが、ある日突然、体がそれ以上動けなくなったと話していました。

これらの経験から、私は、24時間オープンの空港で働くことが、生活リズムの乱れを引き起こし、「続かない」と感じる一因であると断言できます。これは決して個々の体力や精神力の問題だけではなく、職場環境や業務の性質に起因する問題です。


クレーム対応いつまでも続けられない

それでは、次にクレーム対応の難しさについて取り上げたいと思います。これは、グランドスタッフの仕事が「続かない」という感情を引き起こす一因となる要素です。

グランドスタッフとは、航空会社の顔となり、お客様と最初に接する仕事であり、まさにサービスの最前線です。そのため、多くのクレームも最初に彼らに向けられることになります。クレームは、さまざまな事象から生じます。座席の変更を求めるお客様、荷物の重量超過を認めないお客様、自身の遅刻を認めず飛行機の遅延を責めるお客様など、具体的な例は無数に存在します。

クレームは、必ずしもグランドスタッフのミスや不手際から生じるわけではありません。ときにはお客様自身の問題や、他部署やシステムの問題から生じることもあります。しかし、大声で怒鳴るお客様の怒りは、直接的にグランドスタッフに向けられます。

たとえば、私の友人は以前、グランドスタッフとして働いていました。彼女はある日、超過重量の手荷物を持ち込んだお客様と対応しなければならなくなりました。手荷物を預けるように説明したにもかかわらず、お客様は彼女に対して非常に高圧的な態度をとりました。お客様のミスながら、彼女はその場での責任を問われました。

このような状況が続くと、心身のストレスが溜まり、「続けられない」と感じるようになるでしょう。また、こうしたクレーム対応は結果として、他の重要な業務の遂行を妨げることもあります。

しかし、これもまたグランドスタッフの仕事の一部であり、その職務を全うするためには避けては通れません。そのため、クレーム対応のスキルを身につけ、困難な状況に対応できるようになることが求められます。


女社会で生き残り続けるのは奇跡?

次の話題は、女性社会における人間関係の難しさについてです。これは、グランドスタッフという仕事が「続けられない」と感じる理由の一つとなります。

グランドスタッフの職場には、女性が多いと言われています。そのため、特有の人間関係が形成されることがあります。中には厳しい先輩や、他人の悪口を言う同僚、自己保身のために嘘をつく人、都合のいい時にだけ人を利用する人など、難しい人間関係に悩むことがあるかもしれません。

ネットの経験談を見ても、このような問題に直面しているグランドスタッフの方々の声が多く見受けられます。「先輩社員に気を使い、その機嫌を損ねないように振る舞う必要がある」「職場で悪口が飛び交っている」「自己保身のために嘘をつく人がいる」「都合のいい時にだけ利用される」といった感じです。

もちろん、優れた指導力を持つ先輩や、思いやりのある同僚もいらっしゃるでしょう。しかし、同時に、一部の人々が陰湿な雰囲気を生み出すことも否めません。このような環境では、最初は人間性が良く、明るく元気な新人スタッフも、徐々にその影響を受けてしまうことがあります。

私の知り合いで、グランドスタッフとして働いていた方がいました。彼女は最初、仕事を楽しみ、同僚とも良好な関係を築いていました。しかし、時間が経つにつれ、彼女は職場の陰湿な雰囲気に影響を受け、自己保身のために嘘をつくようになり、結果として仕事を「続けられない」と感じるようになりました。

これらの例からもわかるように、グランドスタッフの仕事は、他の仕事以上に人間関係のスキルが求められます。その人間関係が一筋縄ではいかないところが、「続けられない」という感情を生む一因となるのです。


いつまでもグランドスタッフ続けてて転職できるのか?

今回は、グランドスタッフの仕事が他の業界への転職につながりにくいという課題についてお話ししたいと思います。この点も、グランドスタッフの仕事が「続けられない」と感じる理由の一つとなっています。

グランドスタッフという仕事は、社会的意義が高く、やりがいを感じる人も多いです。しかし、そのスキルが他の業界で活かしにくいこともあります。例えば、ホテル業界や他の接客業であれば、そこで培った接客スキルや人間関係の管理スキルが直接的に役立つかもしれません。しかし、マーケティングや企画などの業界に移る場合、それらは全く新しいスキルとなるため、「続けられない」と感じる可能性があります。

具体的には、グランドスタッフとしての業務では、航空会社のマニュアルに従ってお客様に対応することが主となります。しかし、マーケティングや企画の仕事では、クリエイティブな思考や戦略的な視点、分析力などが必要とされます。これらのスキルは、グランドスタッフの仕事を通じて身につけにくいのが現状です。

私の知人で、グランドスタッフからマーケティングの職に転職した人がいます。彼女は新しい職場で、自分が持っていたスキルがあまり役立たないことに驚きました。そして、新たなスキルを身につけるための学習と実践が続いた結果、「続けられない」と感じ、再度転職を考えるようになりました。

このように、グランドスタッフの仕事から他の業界への転職は、一筋縄ではいかない場合が多いのです。しかし、それはあくまで可能性の一つであり、すべてのグランドスタッフが同じ経験をするわけではありません。

一方で、自身が身につけたスキルを最大限に活用するためには、何が自分の強みであり、それをどのように活かせるかを考えることが重要です。そして、それを基に新たなキャリアを形成していくことが求められます。


頑張って仕事続けても評価されない?

今回は、グランドスタッフの仕事の頑張りが評価されにくいという問題に焦点を当てたいと思います。これが、「仕事が続かない」と感じる原因の一つとして挙げられることがあります。

グランドスタッフの仕事は、お客様と直接接する重要な役割を担っています。彼らのサービスが飛行機の搭乗体験を大いに左右します。しかし、その努力が会社からの評価や給料に反映されにくいという問題が存在します。

具体的には、グランドスタッフが提供するサービスの良し悪しが直接的に会社の売上に影響するわけではありません。従って、いくら高品質なサービスを提供し、お客様から感謝の言葉を頂いたとしても、それが評価や給料に反映されにくいのです。

この状況は、「こんなに頑張っているのに、誰も褒めてくれない」という悲しい気持ちにつながります。それが仕事を「続けられない」と感じる原因となることも少なくありません。

私の知人で、何年もグランドスタッフとして一生懸命働いていたにも関わらず、給料がほとんど上がらなかった人がいます。彼女は、自分の頑張りが評価されないと感じ、仕事を「続けられない」と思うようになりました。最終的に彼女は別の業界への転職を決断しました。

このように、グランドスタッフとしての仕事の評価が難しいという問題は、仕事を「続けられない」と感じる大きな要因となります。しかし、それは絶対的なものではなく、会社の評価体制や環境、個々の志向によります。


イレギュラー対応多すぎて疲れる

グランドスタッフのお仕事と言えば、その一つに「イレギュラー対応」があります。しかし、これがまた仕事が「続かない」と感じる一因となることが少なくありません。

まずは、イレギュラーとは何か、簡単に説明させていただきます。イレギュラーとは、通常とは異なる、予期しない状況を指します。航空業界では、飛行機の遅延や欠航、振替えなどが具体的な例となります。これらの状況に対応するのが、グランドスタッフの役割となります。

しかし、このような予期せぬ事態への対応は、非常に疲労が伴います。なぜなら、対応には高い柔軟性とスピードが求められるからです。また、それに伴うプレッシャーやストレスも大きいです。これが一日何度も繰り返されると、仕事を「続けられない」と感じてしまうかもしれません。

さらに、イレギュラー対応は経験やスキルが必要となります。新人の頃は頻繁にミスを連発してしまうかもしれません。その度に上司から注意され、さらに厳しい評価を受けるかもしれません。これが仕事を「続けられない」と感じる要因となることもあります。

ある友人は、新人時代に多くのイレギュラー対応を経験しました。当初はミスが多く、上司からは厳しい指導を受けていました。しかし、彼女はその経験を通じて、イレギュラーにも臨機応変に対応するスキルを磨くことができました。今では、その経験が彼女の強みとなり、仕事を「続けられる」力を持つ一助となっています。

おわりに


グランドスタッフの仕事を続けられない理由として、クレーム対応の厳しさ、女性社員が多い職場での人間関係、他業界でのスキルの活かし方の難しさ、評価のされ方、そしてイレギュラー対応の疲れ等を取り上げました。それぞれが職場の課題として存在し、それらが絡み合って、グランドスタッフの仕事の持続性を難しくしていることがお分かりいただけたでしょう。

しかし、これらの課題が存在する一方で、航空業界は依然として多くの人々にとって魅力的な場であり続けています。そのエネルギーとパッションは、独自の業界文化を形成し、それ自体が新たな挑戦へのモチベーションとなっています。

なお、本記事で述べた問題点は、決してグランドスタッフに限らず、多くの職業に共通する課題であることもお忘れなく。どの職場でも人間関係や評価基準、スキルの活かし方等は日々の仕事を続ける上での大きな課題です。

どんな職業でも、課題は避けられない存在です。だからこそ、その課題にどう向き合い、乗り越えていくかが大切となります。それはまさしく自身の成長へとつながる道しるべとなるのです。

この記事が、職場生活の中で直面する課題やキャリアプランを考える上で、何らかの示唆や気づきをもたらしてくれれば幸いです。職場環境や仕事内容に対する理解を深め、あなた自身のキャリアパスをより明確にするための一助となれば嬉しく思います。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X