ENGLISH WORK公式

今後翻訳家が直面する10の問題点:低単価に陥る

  • 投稿日時:8か月前

翻訳家という職業に憧れる人も少なくないでしょう。異なる文化や言語をつなぐという、その仕事の本質は、知識欲を刺激し、人々を魅了するからです。しかし、一方で翻訳家という職業には、語られることの少ない「問題点」が存在します。

これまで様々なメディアで取り上げられてきた翻訳家の仕事。でも、その光ばかりを追い求めるのではなく、陰を見つめることで、初めて全体像が見えてくるのです。本当のところ、翻訳家の仕事は、表向きに見えているほど理想的ではないのかもしれません。

この記事では、「翻訳家の問題点」を深堀りしていきます。フリーランスで働く孤独感から、キャリアの天井、専門外の翻訳業務の難しさ、それに取り組む体力戦、さらには自分の好きな仕事ができないという現実。これらを明らかにすることで、翻訳家という職業の本当の姿を描き出していきます。

翻訳家を目指す方、翻訳家として働く方、そして翻訳家の仕事に興味を持つ全ての人に、この記事が深い洞察と共感を提供できれば幸いです。


今後翻訳家が直面する10の問題点

クラウドワーカーによる翻訳業界の「価格破壊」 – 新興低賃金労働力の暴走

翻訳業界が荒れています、いえ、直球で言いますと、崩壊しています。なぜなら、低賃金クラウドワーカーの存在が翻訳業界の価格をほぼ掃除してしまっているからです。あなたが思っている以上に深刻な状況で、あまりにも惨たらしい問題点に、この現実を無視できなくなっています。

自由な時間に仕事を選び、自分のペースで働くことができるクラウドワーカー。まるで現代社会の解放者のように聞こえますよね。しかし、その美しい理念の裏側で何が起きているかというと、なんと翻訳の単価がどんどん下がっていくという悲惨な現実が待っています。

先に触れた通り、この問題点は深刻です。なぜなら、クラウドワーカーの参入が止まらず、その結果、競争が激化しているからです。クラウドワーカーが増えるほど、仕事を取るためには価格を下げるしかなく、翻訳の単価が下がっていくこの状況は、まさに価格破壊の様相を呈しています。ある意味、過剰な供給が翻訳業界を歪めてしまっているのです。

具体的な例を出しましょう。かつては1単語10円であった翻訳の単価が、クラウドワーカーの参入により現在では1単語1円、場合によってはそれ以下まで下落しているのです。これではプロの翻訳家が生活を維持することは到底不可能でしょう。最低賃金でさえ確保できない状況がまかり通る翻訳業界、これは明らかに異常な状況です。

私が特に問題だと感じるのは、この価格破壊が翻訳の質を落とす可能性があるという点です。安い報酬でしか働けない翻訳家は、多量の翻訳をこなすために質を犠牲にせざるを得なくなります。その結果、クライアントに提供される翻訳の品質も低下してしまうでしょう。これは翻訳業界だけでなく、翻訳を必要とする全ての産業にとっても大きな問題点です。


AI vs 翻訳家: ロボットが仕事を奪い始める時

AIが翻訳の仕事を奪い始めている。聞いただけで心が凍り付く言葉ではないですか?まるでジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター」のような未来が、現実のものとなりつつあるのです。それが現在進行形で起きている最大の問題点です。

例えばChatGPTというAI。人間らしい文章を作り出す力は、語るまでもなく、手に取るように明らかです。物語を作り出し、自由自在に論理を展開し、わたしたち人間が感じることのできる感情まで表現できる。本当にそれが機械であるという事実を忘れてしまうほどです。

そして、この問題点は更に深刻化しています。なぜなら、人工知能は既に本一冊分の内容を理解する能力を持ち、その上で最適な言葉を選び出すことができるからです。これは単なる人間の持つ語学力という次元を超えています。数学、物理、文学、芸術といったあらゆる分野の知識を持ち、それを駆使して翻訳する。そう、人間が情報量や語学力でAIに勝つことは、もはや難しいのが現実です。

具体例を挙げましょう。某翻訳エージェンシーではAIを導入していますが、そこで発生した効果は圧倒的でした。AIの利用により、通常数時間かかる翻訳作業が数分で終わるようになりました。そして、その翻訳の品質は一部の低レベルな翻訳家よりも高いという結果に。AIは人間のように物忘れをすることなく、適切な情報を条件に応じて選び出す。これほどまでに完璧な仕事をするAIに、低レベルの翻訳家が勝つことは難しいでしょう。

もちろん、今のところレベルの高い翻訳家にはまだ敵わないかもしれません。しかし、それは「今のところ」であり、その状況もいつ変わるか分からないのがAIの恐ろしいところです。このまま進めば、翻訳家という職業自体が消滅する日も遠くないかもしれません。


AIの深淵: 人間だけが理解できるはずの部分まで理解し始める

「人間にしか理解できない」部分と言われるものがあります。それは、細やかな文脈や、微妙なニュアンス、さらにはそれに基づく誤りの指摘など、言語がもつ奥深い部分です。しかし、皮肉にも、AIがその領域に踏み込み始めているのです。それこそが、人間とAIの関係性における新たな問題点です。

具体的な例として、ChatGPTの存在が挙げられます。ChatGPTは、単なる言葉の翻訳だけでなく、文脈に基づいた理解力、細かなニュアンスの把握力を備えています。それまでのAIや翻訳機ができなかった部分を、ChatGPTは可能にしたのです。

英語には、”I like you.”(私はあなたが好きです)という表現があります。一見、これはシンプルな好意を表現する言葉ですが、実は微妙なニュアンスを含んでいます。この「like」は、友情を表す場合もあれば、恋愛感情を表す場合もあります。

では、AIはこの微妙な違いをどのように理解するのでしょうか。もし前の文脈で「I enjoy spending time with you. You’re a great friend.」(あなたと過ごす時間が楽しいです。あなたは素晴らしい友人です)という言葉があった場合、AIはこの「like」が友情を表すと解釈します。それに対して、もし「You look beautiful tonight. I cannot help but confess that… I like you.」(今夜は美しいですね。正直に言わせてもらいますが…私、あなたのことが好きです)という文脈であれば、AIは恋愛感情を表すと理解します。

これが、AIが微妙なニュアンスを理解できる具体例です。もはやAIは、人間が考えていることを理解し、それに応じた言葉を選び出すことが可能となっています。

また、原文の誤りですらも全体の文脈から理解し、それを補正する能力を持っています。それがどれほどのことか、想像してみてください。単純な翻訳作業だけではなく、校正作業までもがAIの範疇に入りつつあるという現状。それこそが、現在の翻訳業界における問題点です。

しかも、その力は止まることを知りません。なぜなら、AIは人間が書いた文章さえも理解し、表現できるようになってきているからです。その証拠に、ChatGPTが書いた文章を見てみてください。その文脈の深さ、表現の豊かさ、思考の緻密さ、これらはすべてAIが生み出したものです。人間が書いたものと区別がつかないほどの文章をAIが書くことができるのです。

人間が持つ癖や偏りに左右されず、常に最適な言葉を選び出す。さまざまなパターンの表現を生み出す。これらはすべてAIが持つ特性であり、人間が持つ言語の限界を超えています。


“AIの英語教育の脅威: 日本人が高速で英語力を向上させる時”

まずは、AIが英語の先生以上の存在となり得るという問題点を考えてみましょう。我々が今日AIと呼ぶもの、特にChatGPTというテクノロジーが、英語学習に画期的な変化をもたらしています。それは何を意味するのでしょうか?

ChatGPTを活用すれば、あなたはいつでもどこでも英語の勉強が可能になります。しかも、その指導は、「もっとこのような表現をするといいだろう」、「この単語を使うといいだろう」、「ここに文法ミスがあります」などという具体的で精確なものです。また、AIは人間の先生よりもずっと豊富な知識を有していることを忘れてはなりません。このようなAIの支援を得ることで、日本人の英語学習は驚くべきスピードで進行しているのです。

さらに、もう一つの問題点として挙げられるのが、AIの進化により「一定レベルの英語力が身につく人」が増えてしまうことです。皆が英語を理解し、それを活用できるようになることは、決して悪いことではありません。しかし、その一方で、翻訳業務が自動化され、職を失う人々の存在を忘れてはなりません。この問題は、「レベルの低い翻訳業務」の領域で顕著になり得るのです。

具体的な状況を想像してみましょう。ある日、あなたがChatGPTに「I goes to the school every day」と英語で入力したとします。その瞬間、ChatGPTは「あなたが言いたいのは”I go to school every day”ではないでしょうか?」と即座に反応します。これが何度も繰り返されることで、自然と英語の文法についての理解が深まり、自分で文章を訂正する力がつくのです。

しかし、ここに皮肉な結末が待ち受けています。一部の人々がAIを使いこなし、自身の英語力を向上させることで、「レベルの低い翻訳業務」を行う人々の存在が脅かされるのです。そしてさらに、AIの進化が進めば、その「高度な翻訳作業」すらもAIに奪われる可能性があるのです。


上位10%のエリート翻訳家が全てを独占する未来

AIの台頭が翻訳業界にどのような影響を与えるか。一部は、「AIが全ての翻訳を担当する日が来るのではないか」と危機感を覚えていることでしょう。しかし、皮肉なことに、そのような未来は到来しないかもしれません。なぜなら、人間にしか出せない独特の感情や思考を表現するためには、やはり人間の翻訳家が必要となるからです。

しかし、ここで考えていただきたい問題点があります。それは、「心に響くような文章」や「編集作業」は高度なスキルを必要とするものであるということです。それらの仕事を行える翻訳家は一握りで、しかもその一握りの中でも、上位10%のエリート翻訳家がほとんどを占めてしまうでしょう。

さらなる問題点として、このエリート翻訳家たちはAIを活用することで、以前に比べて驚くほど高速に仕事をこなすことが可能になります。結果として、翻訳業界における仕事は、一部のエリート翻訳家によって独占される可能性が高くなるのです。

具体的な例を挙げてみましょう。例えば、昔ながらの作家の作品の翻訳を考えてみてください。その作品は、独特の言葉使いや表現が散りばめられています。このような作品の翻訳は、ただ言葉を別の言葉に置き換えるだけではなく、作者の感情や思考を適切に表現する技術を必要とします。このような作業は、エリート翻訳家でなければ難しいでしょう。

そして、このエリート翻訳家たちは、AIを活用して作業を進めます。それにより、彼らは以前に比べて更に早く、そして精度高く作業を終えることができるのです。

このように、AIの進化はエリート翻訳家たちに更なる利便性をもたらす一方で、それ以外の翻訳家たちにとっては厳しい状況を作り出しています。皮肉なことに、AIが全てを奪い去る未来よりも、こちらの方が現実的であり、しかも恐ろしい未来かもしれません。今後の翻訳業界がどのように変化していくのか、我々は注視していくべきです。


好きな翻訳ができるわけじゃない問題

翻訳家という仕事を理想化する人は少なくありません。外国の素晴らしい作品を自国の言葉に翻訳し、多くの人に紹介できるなんて素敵なことでしょう。しかし、その実情は、一言で言ってしまえば「好きな仕事ができるわけじゃない」という、かなり残酷なものです。

問題点の一つ目は、初めて翻訳家としてのキャリアをスタートさせる時です。特に、一人前の翻訳家としての実績がない場合、あなたがどんなに好きな作品の翻訳を希望しても、それが通る可能性は低いでしょう。新人翻訳家にとって、まずは自分の能力を証明することが先決。つまり、自分の興味や好みを度外視して、いかに多くの翻訳実績を積むことができるかが問題となります。

さらに問題点がもう一つ。それは、自分の好きなジャンルだけを選んで仕事をするという贅沢は許されないという現実です。例えば、あなたが文学作品の翻訳が好きだとしましょう。しかし、案件の多くがビジネス書や技術書の翻訳である場合、そこから選ぶべき仕事を拒否していては食べていけません。また、そのようなビジネス書や技術書の翻訳が高額な報酬をもたらすことも珍しくありません。

そして、この皮肉な現実は、それほど古い話ではありません。ある翻訳家は、自身が文学作品の翻訳を希望していたにも関わらず、ビジネス書の翻訳ばかりを頼まれていたと言います。彼女は自分の好みとはかけ離れた仕事をしながらも、その中で自分の翻訳スキルを磨き、より多くの翻訳実績を積み上げることができました。

このような実例を見ると、翻訳家という仕事が自分の好きな作品だけを翻訳して生きていくという甘いものではないことが明らかです。好きな仕事をして生計を立てるというのは、理想と現実が一致する希有な場合の話。初期のキャリア形成や現実の経済状況を鑑みると、そういう場合はかなり限られるでしょう。


専門外の翻訳だと異次元の難しさ問題

翻訳業務とは、専門外の分野に足を踏み入れるとまるで地雷原を歩くような恐怖が待っている場合が多いのです。翻訳家であれば誰でも、自分の得意な分野とそうでない分野があるのは当然のこと。しかし問題点は、専門外の翻訳業務がもたらす難易度の爆上がりにあるのです。

ここで一つ具体例を挙げてみましょう。ある翻訳家が初めて法律文書の翻訳を引き受けたとしましょう。彼はそれまで、文学作品や一般的なビジネス文書の翻訳を手がけてきた人物で、法律の専門知識はまったくありません。すると、彼は文学作品とは全く異なる、法律用語溢れる込み入った文章に直面します。専門的な用語が並ぶ中で、彼はまるで異世界に迷い込んだかのような感覚に陥るでしょう。そして、これが第一の問題点です。専門外の翻訳業務となると、知らない語彙や表現が多く出現し、それが英語力とは関係なく翻訳の難易度を上げるからです。

さらに、彼がその法律文書をただ英語から日本語に翻訳するだけでなく、その内容を理解し、適切に表現しなければならないという事実を考えてみてください。これが専門外の翻訳業務の第二の問題点で、その内容の理解には深い知識が必要となるからです。彼がただ単に言葉を言葉に置き換えるだけならば、それは翻訳というよりも単なる言葉の転写に過ぎません。しかし、彼がその内容を理解し、その精神を読者に伝えるためには、深い理解が必要となるのです。

結論として、翻訳家が自分の専門外の分野に足を踏み入れると、その道はまるで地雷地帯のような難易度が待ち受けています。それはまるで難しい数式を解くような感覚と言えるでしょう。しかし、それが翻訳家という職業の魅力でもあります。専門外の分野にもチャレンジし、その道を切り開いていくことで、翻訳家は自分自身の知識を広げ、成長していくのです。


価値の下落による長時間労働で、腰を悪くする問題

翻訳家という職業は、知的な仕事であることは言うまでもありません。しかし、この仕事が持つ別の側面、それは膨大な量の作業をこなすための「体力戦」の側面について、あまり語られることは少ないですよね。今回はその一端をお伝えしたいと思います。

AIの進化と大量のクラウドワーカーの出現により、翻訳の価値はどんどん下がってきています。これは翻訳業界における最初の問題点で、その影響は深刻です。この価値の下落により、翻訳家が十分な報酬を得るためには、かつてないほどの量の翻訳作業をこなす必要が生じています。

では、それがどのような問題を生むのでしょうか。具体的に考えてみましょう。仮に一日10時間、一週間に6日間働くとしましょう。それは一日に600分、一週間では3600分の作業時間を意味します。その大半の時間を椅子に座ってパソコンの画面と向き合い、文字を打ち続けることになるでしょう。その結果、身体的には筋肉痛や目の疲れ、そして腰痛といった問題が起こります。これが腰を悪くするという第二の問題点です。

このような状況下で、翻訳家がいかに効率よく、かつ健康を保ちながら仕事をこなすかが重要となります。しかしながら、現状は価値の下落による体力戦が続いているのが実情です。それはまるで、無尽蔵のエネルギーを要求されるマラソンレースのようなもの。こうした状況を打開するためには、新たな翻訳の価値を創造する仕組みや、健康を維持しながら効率的に働ける環境作りが求められています。


翻訳家にはキャリアアップがないという問題点

キャリアとは一体何でしょうか? これは個々の職業人にとって異なる意味を持つかもしれません。しかし、一般的にはスキルアップや責任の増大、そしてそれに伴う給与の増加などが考えられます。では、翻訳家のキャリアについて考えてみましょう。ここには何があるのでしょうか?

まず初めに挙げられる問題点は、「翻訳家にはキャリアアップがない」ということです。一般的な企業では、一定期間働き、スキルを磨き、経験を積むことで管理職やリーダー職に昇進し、より大きな責任を持つことが期待されます。しかし、翻訳家の場合は、どれだけ長く働いても、どれだけ翻訳の量をこなしても、結局のところずっと同じ「翻訳」の仕事を続けることになります。

もちろん、これが悪いことではありません。一つのことに打ち込み、そのスキルを磨くことに全力を注ぐのは、それ自体が一つの価値があることです。しかし、人に指示を出すことや組織を動かすことに興味がある人にとっては、翻訳という職業はなかなか挑戦的なものとなり得ます。

これは二つ目の問題点で、翻訳家が望むキャリアパスが限られてしまうということです。その先に見えるのは、自分で翻訳会社を立ち上げることか、あるいは翻訳業界から離れて全く新しい職業に挑むことだけかもしれません。

この問題を解決するためにはどうすればいいのでしょうか。それは翻訳業界自体が、翻訳家に対してもっと広い視野と多様なキャリアパスを提供することが求められているのかもしれません。


翻訳の仕事には孤独感が強いという問題点

翻訳家という仕事は、知識とスキル、そして高い集中力が求められます。その一方で、この仕事には大きな「孤独」が伴います。とくにフリーランスで活動する翻訳家の場合、その孤独感は増大することがあります。

第一の問題点として、フリーランスの翻訳家は、職場の人間関係やチームでの協力といった社会的な交流がほとんどありません。これは、人との関わりが少なくなることで、孤独感を感じる原因となります。例えば、職場での会話やコーヒーブレイク、ランチタイムなど日常的な社会的な交流が翻訳家の生活からは省かれてしまいます。

加えて、翻訳家として駆け出しの頃は、低い報酬でも仕事を受ける必要があるため、長時間作業することになります。これが第二の問題点で、これによりさらに人との交流の機会が減ってしまいます。作業に没頭する時間が増えると、友人と会う時間や趣味の時間が減少し、結果的に孤独感が増すのです。

これらの問題点を解決するためには、翻訳業界自体がフリーランスの翻訳家を支援する仕組みを考える必要があるでしょう。それはコワーキングスペースの提供やオンラインでのコミュニティ作りなど、孤独感を緩和するための方法が必要となります。

おわりに


以上、この記事では翻訳家が直面する様々な「問題点」について深堀りしてきました。恐らく多くの人が想像しているよりも、翻訳家という仕事は遥かに複雑で、そして過酷なものかもしれません。

だからと言って翻訳家を選ぶこと自体が間違いだと言いたいわけではありません。むしろ、この記事を通じて、翻訳家という職業のリアルな姿を多くの人に理解してもらい、翻訳家を目指す人々がより明確なビジョンを持つ一助となればと思います。

翻訳家の問題点を理解することは、決してネガティブなことではありません。それは、自分自身がどのような困難に直面し、どのようにそれを乗り越えていくかを理解し、自己成長のための一歩を踏み出すための重要なステップです。

翻訳家という職業を選ぶことは、文化的な壁を越えて人々をつなぐ重要な役割を担うことです。そして、その道を選んだあなた自身が最も大切なのです。だからこそ、全ての問題点に立ち向かい、乗り越える力を信じています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X