ENGLISH WORK公式

AI時代でもキャビンアテンダントの将来性ある6つの理由

  • 投稿日時:8か月前

「キャビンアテンダント」、それはまるで空を飛ぶ芸術家のような存在ですよね。一見、華やかな職業に見えますが、その背後には、広範で多様なスキルや知識、さらには高い責任感が求められています。そして、現代社会の様々な影響から逃れることはできません。特に、その「将来性」については、様々な視点から考察する必要があります。

本記事では、そんなキャビンアテンダントの将来性について、社会的な給与問題、新型感染症の流行、そして国家間の争いといった角度から見つめ直していきます。それぞれがキャビンアテンダントの職務にどのように影響を及ぼし、またその将来性をどのように塑造するのかを深堀りしていきましょう。

キャビンアテンダントが直面している課題や影響を理解することで、その職業の真の価値や将来性を見つけ出す手がかりになることを期待しています。それでは、一緒にキャビンアテンダントの「将来性」を考察していきましょう。


AI時代でもキャビンアテンダントの将来性は明るい6つの理由

飛行機はCAがいないと飛べないルールがあるから将来性は永久不滅

キャビンアテンダントの将来性についてのお話を進めていきたいと思います。今回取り上げるのは、「航空法に基づくキャビンアテンダントの必須性」についてです。まず初めに断言させていただくと、キャビンアテンダントの仕事が今後なくなる可能性はゼロです。これには確固とした理由があります。それは、飛行機を飛ばすためには、客席数に応じて必ず客室乗務員を乗務させなければならないからです。

これは国際的にも認識されているルールで、例えばアメリカ合衆国では、連邦航空局(FAA)は、50席以上の旅客機につき1名のフライトアテンダントを配置することを規定しています。具体的な法令は”Federal Aviation Regulations”(14 CFR 121.391)で、その中で明確に「全ての旅客機は適切な数のフライトアテンダントを配置する必要がある」と述べられています。引用元は以下の公式ウェブサイトです。(Federal Aviation Regulations (faa.gov))

日本でも航空法により同様の規定があります。航空法(昭和24年法律第231号)の第56条には、「航空機が運航する場合には、航空機の大きさ、型式、用途及び運航の性質その他の事情に応じ、適当な数の航空機乗員を配置しなければならない」と記載されています。この法律に基づき、日本の航空会社は客室乗務員を適切に配置しています。このように法的な規定によって、キャビンアテンダントの存在が保証されていると言えます。

したがって、キャビンアテンダントの仕事が将来なくなる可能性はゼロです。ここからも明らかなように、キャビンアテンダントの将来性は非常に明るいと断言できます。


CAはサービス業であると同時に、あなたの身を守る役割

キャビンアテンダントの役割について深堀りしてみましょう。キャビンアテンダントには「安全にお客様を目的地にお届けするための保安要員」としての重要な役割があります。この役割のために、キャビンアテンダントの仕事は将来なくなることはありません。したがって、キャビンアテンダントの将来性は明るいと言えます。

航空法で定められているのはもちろんのこと、実際に緊急事態が起こった時には訓練を受けたキャビンアテンダントによる乗客の保安業務が必要となります。具体的には、飛行機内での緊急事態の発生、避難誘導、救命手順の指示など、乗客の命を守るための活動です。これらの活動は、専門的な知識と訓練を必要とするもので、普通の乗客には対応できないものです。

このことからも、キャビンアテンダントの存在がいかに重要かがわかります。彼らがいないと、乗客は危険な状況に直面した時、自分自身を守る方法がわからないかもしれません。その結果、最悪の場合、命を落とす恐れがあります。航空会社は、そのような状況を防ぐためにキャビンアテンダントを配置する義務があります。

そして、この重要な役割を果たすために、キャビンアテンダントは常に訓練を受け、スキルを磨いています。実際に、国際航空運送協会(IATA)のデータによると、キャビンアテンダントの訓練は、乗客の安全と快適さを確保するための基本的なスキルから、緊急時の避難手順や救命手段、さらにはテロリズムやハイジャックへの対応まで、幅広い範囲にわたっています。

これらの事実を踏まえると、キャビンアテンダントの将来性は明るいと断言できます。彼らの専門的なスキルと知識、そして、乗客の安全を守るための役割は、航空業界において絶対的な価値を持っています。航空会社はその価値を認識し、キャビンアテンダントを重要な資源として位置づけています。


世界の人口と経済状況から見るキャビンアテンダントの需給の将来性

経済的な視点からキャビンアテンダントの需要と供給について掘り下げてみましょう。私の見解としては、世界の人口が増加し、さらに経済的に豊かな人々も増えているため、飛行機の運航数は増加傾向にあり、これに伴い、キャビンアテンダントの需要も増えています。この事実はキャビンアテンダントの将来性が明るいことを示しています。

具体的には、世界人口が増えると、長距離を旅行する人々も増えます。そして、人々が経済的に豊かになると、特に海外旅行に出掛けることが増えます。これら二つの要素は、飛行機の運航数を増やすことを必要としています。

それに加えて、経済的に豊かになることは、プレミアムクラスの需要増加をもたらします。これは更にキャビンアテンダントの需要を増やします。なぜなら、ビジネスクラスやファーストクラスでは、よりパーソナライズされたサービスを提供することが期待され、それはより多くのキャビンアテンダントを必要とします。

実際のデータを見てみましょう。国際航空運送協会(IATA)のレポートによると、航空旅行者数は、2022年から2037年の間に倍増すると予測されています。また、世界銀行のデータによると、世界の中産階級の人口は、2009年から2030年の間に、約18億人から約47億人へと増加すると予測されています。これらの予測は、飛行機の運航数とキャビンアテンダントの需要が増加することを示しています。

つまり、世界の人口と経済状況の変化から見ても、キャビンアテンダントの将来性は明るいと言えます。このことを踏まえ、航空業界におけるキャビンアテンダントの重要性と価値は、これからも増していくでしょう。


サービス競争とキャビンアテンダントの価値

航空業界の競争環境から見ると、キャビンアテンダントの価値は、過去よりも一層高まっています。価格とサービス、これらは航空会社が競争を繰り広げる主要なフィールドです。しかし、価格については燃料費、空港着陸料、整備費など、避けられないコストがあります。したがって、価格競争には明らかな限界があります。ここでキーとなるのが「サービス」の部分です。サービス競争においてはキャビンアテンダントの役割が大きく、そのため、キャビンアテンダントの仕事の将来性は非常に明るいと言えるでしょう。

大手航空会社であるANAやJALを例にとると、彼らは高品質なサービスに力を入れています。そしてその中心にはキャビンアテンダントが存在しています。これらの航空会社は、キャビンアテンダントがレベルの高い接客サービスを提供できるように、厳しい訓練と教育を行っています。

その結果、彼らのサービスはしばしば賞賛され、数々の賞を獲得しています。たとえば、2022年の「World Airline Awards」では、ANAがワールドベストキャビンクルー賞を受賞しました(Skytrax World Airline Awards :
https://www.worldairlineawards.com/worlds-top-10-airlines-2022/)。これは、キャビンアテンダントが提供するサービスの質が、航空会社が顧客に選ばれる重要な要素であることを示しています。

またパンデミック以降のエアライン業界でも、キャビンアテンダントの役割はさらに重要になりました。新しい衛生基準の遵守、客室内の安全維持、乗客の安心感を確保するための対応など、これらの新たなニーズに対応するためには訓練を受けたキャビンアテンダントが不可欠です。

このように、価格競争が困難である一方で、サービスの向上による競争力の強化が可能である航空業界において、キャビンアテンダントの役割はますます重要になっています。それらが示すとおり、キャビンアテンダントの仕事の将来性は非常に明るいものがあると言えるでしょう。キャビンアテンダントの仕事がなくなることはなく、むしろサービスの質を上げるための要素としての価値が高まっています。


日本の観光立国政策とキャビンアテンダントの需要

日本の観光立国政策から見えるキャビンアテンダントの需要と将来性について考えてみましょう。日本政府は、ここ数年で観光立国としてのポジショニングを強化し、積極的に外国人観光客を引き寄せています。この動きにより、航空旅行者の数が増えると予想され、それは自然とキャビンアテンダントの需要増大を意味します。したがって、キャビンアテンダントの仕事の将来性は非常に明るいと言えるでしょう。

具体的なデータを見てみましょう。日本政府観光局(JNTO)によると、2019年には約3197万人の外国人観光客が日本を訪れ、これは前年比2.2%増となっています(JNTO:https://www.jnto.go.jp)。これは日本の観光立国政策が実際に結果を生んでいることを示しています。

そして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが落ち着き、国際旅行が再開されると、観光客数はさらに増加すると予想されています。2020年にはパンデミックの影響で大幅に減少しましたが、政府はこれを機に新たな観光プランを策定し、さらなる観光客増加を目指しています。

また、外国人観光客の増加は、国内の航空路線だけでなく、国際航空路線にも影響を与えます。多くの観光客が飛行機を利用して日本を訪れるため、航空会社は新たな路線を開設したり、フライトの頻度を増やしたりする可能性があります。これは、より多くのキャビンアテンダントが必要となることを示しています。

これらの観点から、日本の観光立国政策はキャビンアテンダントの需要増大を後押ししています。そして、その結果、キャビンアテンダントの仕事の将来性は明るいと言えるでしょう。観光客が増えれば、それだけ航空旅行者も増え、キャビンアテンダントの重要性はより一層増していくことでしょう。

このように、日本の観光立国政策はキャビンアテンダントの需要を増やし、その将来性をさらに明るくしています。

キャビンアテンダントの将来性に対する懸念点


SDGsと航空業界の課題:キャビンアテンダントの需要減少?

持続可能な開発目標(SDGs)と航空業界の課題を考慮すると、キャビンアテンダントの需要減少が一つの可能性として浮かび上がります。しかし、これが必ずしもキャビンアテンダントの将来性を暗くするものかどうかは別問題です。その理由について詳しく見ていきましょう。

近年、気候変動に対する関心の高まりとともに、飛行機による二酸化炭素の排出が問題視されています。国際エネルギー機関(IEA)によると、2019年の世界のCO2排出量の約2.4%は航空からであり、そのうちの大部分が長距離の国際便によるものでした。このことから、飛行回数の削減という形でSDGsに取り組む動きが広がりつつあります。

これにより、ある一定の時間枠でキャビンアテンダントの需要が減る可能性があることは否定できません。しかし、これがキャビンアテンダントの将来性を全体的に暗くするものではないと私は考えています。

なぜなら、航空業界もまた、この環境問題に取り組んでいるからです。航空機の燃費改善、代替燃料の開発といったエコ技術の進化により、飛行機のCO2排出を大幅に削減することが期待されています。例えば、航空業界は2050年までに航空からの二酸化炭素排出を2005年比で半減するという目標を掲げています(IATA)。これに成功すれば、飛行機の運航回数を減らさずに環境負荷を軽減できる可能性があります。

さらに、キャビンアテンダントは単に乗客を安全に運ぶだけでなく、高品質なサービスを提供する役割も果たしています。これはテクノロジーによる置き換えが難しく、航空会社がサービス競争を通じて差別化を図る一方で、その価値はますます高まっていると言えるでしょう。


CAのスキルが他の業界で活かせず将来性が危うい?

キャビンアテンダントの仕事の将来性を考える上で、キャビンアテンダントとして得られるスキルの限定性という観点から見ることも重要です。この観点から見ると、キャビンアテンダントの将来性が危ぶまれる理由の一つが明確になるでしょう。

キャビンアテンダントの仕事は確かに社会的意義のある仕事であり、高度なコミュニケーション能力や対人スキル、緊急時の対応能力などを身につけることができます。しかし、それらのスキルが他の業界で直接的に活かしにくいことも事実です。これは、キャビンアテンダントの職務が非常に特殊なものであり、その業務経験が他の仕事に直接適用しにくいからです。

例えば、ホテル業界などのサービス業では、キャビンアテンダントのスキルは比較的活かしやすいでしょう。なぜなら、高品質なサービスを提供し、客の満足度を高めることが求められるため、キャビンアテンダントの対人スキルやコミュニケーション能力が大いに役立つからです。

しかし、マーケティングや企画、製品開発といった仕事をする場合、キャビンアテンダントとして得られたスキルは直接的にはあまり役立たないかもしれません。それらの仕事では、市場分析や製品開発、プロジェクト管理などの専門的なスキルが必要とされます。これらのスキルは、キャビンアテンダントの仕事を通じては習得しきれないでしょう。

このことから、キャビンアテンダントとしてのキャリアの将来性を見据える時には、得られるスキルの限定性という観点を忘れてはなりません。しかし、これはキャビンアテンダントの仕事が価値のないものであるという意味では決してありません。むしろ、その特異性がキャビンアテンダントの仕事の価値を高めており、飛行機の安全運航と快適な旅行体験を実現するために必要不可欠な役割を果たしています。


キャビンアテンダントの給料に将来性がない?

キャビンアテンダントの仕事には、確かに多くの魅力があります。空を飛び、様々な国や文化に触れ、お客様の旅をサポートするという特殊な環境で働くことができるのですから。しかし、キャビンアテンダントの職業について考えるとき、その将来性を問われる一因として、給与問題があることも事実です。

キャビンアテンダントは、社会的な意義のある仕事であり、かつ、人々の生活や文化、そして経済にも大きな影響を与えます。しかし、それが高給をもたらすとは限らないのが現実です。なぜなら、キャビンアテンダントの職務は、基本的にサービス業に分類され、その性質上、労働対価が他の職種に比べて低い傾向があるからです。

さらに、サービス業では、どれだけ良いサービスを提供し、お客様の満足度を高めても、それが直接的に会社の売上に反映されるわけではありません。つまり、キャビンアテンダントが日々努力して良いサービスを提供しても、それが直接的に給料に反映されることは少ないのです。

また、キャビンアテンダントの仕事は一部ルーティンワーク的な要素もあり、一定の訓練を受ければ誰でも行うことが可能です。これが、給与面でキャビンアテンダントの仕事の評価を下げる一因ともなっています。

これらの事情から見て、キャビンアテンダントの職業の将来性は一概に明るいとは言えません。


新型感染症の流行とキャビンアテンダントの将来

過去数年間で世界は新型感染症の影響を大きく受け、その結果、人々の移動や物流が大きく制約される状況になりました。そして、その影響は、航空業界、特にキャビンアテンダントにも大きく影響を与えました。

運行便数の大幅な減少、フライトキャンセルの連続は、多くのキャビンアテンダントが職を失う結果となりました。そして、この状況はキャビンアテンダントの職業の将来性にも影響を与え、多くの人々がキャリアを見直すきっかけとなりました。

このような経験から、感染症の流行は、航空業界にとって大きな脅威であることが明らかになりました。事実、ITのビジョナリーであるビル・ゲイツ氏は、今後も新たな感染症が発生する可能性を予言しています。

もしその予言が現実になった場合、再び航空業界は打撃を受け、キャビンアテンダントの求人も減少する可能性があります。この状況は、キャビンアテンダントの将来性に大きな影響を与え、キャリア選択を考える上での大きな要素となるでしょう。


国家間の争いとキャビンアテンダントの職務

今日の世界は、国家間の関係が複雑であり、時には不安定な場面も見受けられます。政治的な争いや対立が突然発生することは少なくありません。これらの事情は、航空業界、特にキャビンアテンダントの職務にも影響を及ぼす可能性があります。

例えば、日本が突然、何らかの争いに巻き込まれた場合、航空機の運航数は大幅に減るでしょう。もちろん、これは想定の一つであり、実際にそうなるかどうかは分かりませんが、このような状況下では、安全上の懸念から飛行機の運航は自ずと減少します。

このような状況は、キャビンアテンダントの職務の将来性に影響を及ぼす可能性があります。運航便数が減少すれば、キャビンアテンダントの需要も自然と減少するでしょう。また、このような状況は、長期的な視点からみてもキャビンアテンダントの職務の将来性に影響を及ぼすかもしれません。

しかし、このような状況は決して絶望的なものではありません。実際、過去の歴史から見ても、国家間の争いや対立が一時的に航空業界に影響を及ぼすことはありますが、その後、業界は必ず回復してきました。なぜなら、航空機は、人々の生活やビジネスにおいて、欠かすことのできない手段であり、その需要は常に存在しているからです。

おわりに


さて、私たちはキャビンアテンダントの職業における「将来性」について、様々な観点から深掘りしてきました。観光立国政策、SDGsとの関連性、スキルの限定性、給与問題、新型感染症の影響、そして国家間の争いといったさまざまな要素が、キャビンアテンダントの職務とその将来性に対して、複雑に影響を及ぼしていることが見えてきたでしょう。

確かに、一概に「キャビンアテンダントの将来性は明るい」もしくは「暗い」と断定することは難しいです。それはキャビンアテンダントの仕事が、私たちが生きる世界や社会、その動きと深く結びついているからです。

しかしこの記事を通じて、それぞれの要素がどのように影響を及ぼすか、またその影響にどう対処すればよいかを理解することで、未来に対する見通しを少しでも明確にすることができるでしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X