ENGLISH WORK公式

アクセンチュアに必要なTOEICと英語力:400点でも大丈夫!?

  • 投稿日時:8か月前

この記事では「アクセンチュアに採用されるために必要なTOEICと英語力」について解説します。

就活または転職でアクセンチュアを考えている人の多くが考えるのは「英語ができあにと入社できないのではないか?」ですよね。

「コンサル企業=外資=英語は必須」というイメージが強いですからね。

また事実業務で英語を使うことが多いのもコンサルです。

では実際のところアクセンチュアで働くには高いTOEICスコアや英語力は必要なのか?

この記事ではその部分について詳しく解説していきます。


TOEICスコア400点でも、アクセンチュアに採用される

結論、TOEICスコアが低くても、英語力が低くてもアクセンチュアに入ることはできます。

理由は、アクセンチュアのホームページに「私の入社当時のTOEICの点数は450点程度です。前職で英語を使った仕事をした経験もありませんでした。」と社員さんの言葉が書かれてますからね。笑

またインターネット上の口コミを見ても、TOEIC400点というむしろ履歴書に書くと印象が悪くなりそうなスコアを書いて内定をもらったという経験談も書かれています。

またこれはアクセンチュアではないのですが、アクセンチュアよりレベルの高い外資系コンサル企業に入った知人がいるのですが、その方はTOEIC500点台で入社したそうです。その後の研修で地獄を見たとおっしゃってましたが。笑

このように外資系企業、コンサル企業だからといって必ずTOEICスコアや英語力が必要というわけではないのです。

転職の場合は、即戦力が求められているので高い英語力などが求められる場合があるかもしれませんが、新卒の場合は大きな評価対象とならないようです。

英語力がなくても問題ない理由

高いTOEICスコアや英語力が必要ないと聞いても、いまいち腹落ちしない方も多いと思います。ここでは英語力がなくても問題ない理由を詳しく書いていきます。

  • 英語を使うかは部署による
  • 新卒の場合英語を使うことはない
  • 仕事力の方が重要

日本でのプロジェクトのほとんどは英語を使わない

最大の理由はこれでしょう。

アクセンチュアは確かにグローバル企業ではあるのですが、日本で行なっている業務は日本企業向けのコンサルティングが大半です。

わざわざ日本から外国企業のコンサルをしたりしません。ですから日々の業務は日本語が基本です。

一部、上司の報告は英語で作成しなければならない場合もあるそうですが、日常的に英語を使うプロジェクトはあまり無いようです。


新卒の場合英語を使うことはない

もちろん日本のアクセンチュアでも英語を日常的に使うプロジェクトはあるでしょう。

しかし日本で英語を使うプロジェクトというのはかなり重要度が高い案件でしょう。

ですから新人がそのようなところに配属されることは稀です。

まずは日本企業向けの業務から始まり、徐々にレベルアップした先に海外のスタッフと連絡を取るようなプロジェクトを任されるようになります。

仮にいきなりそのようなところに配属されても、最初は日本人上司の補助的な役割でしょうから、英語を使うことはありません。

このような理由から、アクセンチュアでは高いTOEICスコアや英語力がなくても採用されるのです。


仕事力の方が重要

そこまでTOEICスコアが重視されてない理由としては、英語力よりも仕事力の方が重視されているからでは無いでしょうか?

正直言ってTOEICスコアが高い人材は日本にたくさんいます。それこそ海外に一年語学留学したり、独学でも数ヶ月勉強すればTOEIC900点に到達することは可能でしょう。

しかしアクセンチュアはコンサル企業であり、企業に「課題発見と課題解決」を売るのが仕事です。

英語というのはその伝達手段でしかありません。

英語力が高いからといって、クライアント様に価値を感じていただける提案ができるわけではない。

ですから英語力よりも論理的思考力などの方が評価の対象となるでしょう。

入社はできるが、いずれ英語で苦労する日が来る

ここまで書いた通り、入社に関してはそこまで英語力を求められていません。しかしながら将来的には英語が必要となることが多いそうで、苦労する人も多いようです。


昇進にはTOEICスコアが必要

アクセンチュアではスタッフからマネージャーへの昇進でTOEICスコアが必要となります。その基準がTOEIC650点以上。

意外と低いスコアですが、アクセンチュアの公式サイトには「スコアが足りず昇進できなかったことで妻に怒られた」という経験談が丁寧にも掲載されています。笑

「英語ができないくらいで昇進を逃すなんでバカじゃないの!?」という激しいお叱りを受けたそうです。笑


グローバルプロジェクトに入ると苦労する

アクセンチュアは海外の大学と似ています。よく海外の大学は「入るのは簡単だけど、卒業するのが難しい」と言われますよね。

もちろんアクセンチュアに入るときには英語力は見られませんが、入社後数年で英語力で苦労する可能性が高いです。

これもアクセンチュアのホームページに掲載されているのですが、入社数年後のあるエピソードが書かれています。

「入ってびっくり、何もかもが英語でした(当たり前ですが)・・・まずクライアントであるお客様に提示する提案書も全部英語、提案書を作成するためにアメリカのメンバーとディスカッションするのも英語、さすがにやばいと思いました。

今、私はそのプロジェクトの日本/アジア太平洋のリーダーを任されています。数十名いる日本メンバーとは日本語のコミュニケーションですが、アメリカやイギリスのメンバーとは当然英語でのコミュニケーションがメインです。

毎朝の海外との電話会議やお客様を含めた全体会議、上司への報告用の資料作成、お客様との討議資料作成・・・全てが英語です。

「英語を学ぶ」ではなく「英語を浴び続ける」毎日です。プロジェクト開始当初は海外メンバーとのディスカッションでも一体全体何を話しているかも分からず、また何のコメントもできませんでした。幸い、今のプロジェクトには英語が得意なメンバーが何人もいるため、会議が終わる毎に「あれは何の話をしていたの?」、「こういうことを言っていたと思うのだけど合ってる?」等、分からない部分をとにかくフォローしてもらいながらキャッチアップしていました。」

これ結構厳しくないですか?

英語力がなくてもアクセンチュアに入れる可能性は高いですが、その場合入社後に越えなければならない大きな壁があるので、できれば就職前にTOEICや英会話を習得するのがいいのかもしれません。

英語力は転職で有利になる!7の秘密

転職の場合にはTOEICスコアが高い方が有利かもしれない。

ここまでアクセンチュアへの就職と英語力との関係を書いてきて、そこまで英語の重要性は高くないとお話ししましたが、

転職の場合にはTOEICスコアは評価の対象になる可能性が高いと考えてます。

なぜなら企業からしたら即戦力が欲しいので。

一から教育して、お金や時間をかけて教育するのは面倒なわけです。

新卒ならまだしも転職希望者にそのようなコストをかける意味はあまりない。

ですからビジネススキルがあるのは当然として、TOEICスコアが高い方がいいと思います。

TOEICは転職で有利なのか?外資はいける?

新卒もTOEICスコアはあった方が絶対にいい

個人的には新卒もTOEIC800点台、900点台持っておいた方がいいのではと考えます。

特に学歴や能力の部分で、他の人よりも劣っていると考えるのであれば、TOEICはその補完材料にはなるでしょう。

TOEIC900点以上というのは、3つのことを証明できます。

  1. 英語力の高さ
  2. 情報処理能力の高さ
  3. 努力ができることの証明

特にアクセンチュアなどを代表とするコンサル業においては情報処理能力の高さと、努力ができることの証明は評価ポイントとなるでしょう。

基本的にコンサル業は激務なことが多いです。思考力の低い人や、大量の業務で頭が回らなくなってしまう人、体力や気力が続かない人には務まりません。

TOEIC高得点を持ってれば完全にそれらを証明できるとはもちろん言いませんが、先ほども言ったようにあなたの評価に対する補完材料とはなるでしょう。

ですから学歴などで他者よりも劣っていると感じている方は、TOEIC900点台を目指してみては?

TOEICで年収は確実に上がる理由7選。でも900点ないと…

各グローバル企業が求めている英語力

また、これは新卒でも転職でも言えることですが、TOEIC900点以上取れると就職できる企業の幅はかなり広がります。以下

各日本企業が採用で求めるTOEICスコアをまとめました。

900点以上パナソニック
860点以上野村ホールディングス
800点以上住友不動産、野村不動産、
730点以上ソフトバンク、武田薬品
700点以上ファーストリテイリング、三菱電機、ブリヂストン、楽天
650点以上アサヒビール

やはり世界で積極的にビジネスをやっている会社が揃っています。

パナソニックは海外に工場をもち、テスラなどの電気自動車のバッテリー電池の提供を行っています。

ソフトバンクは積極的に海外のAIベンチャーに投資を行っています。

ファーストリテイリングは、海外に行ってみればわかりますが、今や世界中のどこの国に行ってもユニクロがあります。さすが世界一のファッションブランドです。

武田薬品は社長が外国人であることからも分かる通り、もはや外資系企業です。製薬会社は世界中に薬を売りますので、英語は必須となります。

このように英語がビジネスで必要な会社は、転職でも高いTOEICスコアを求められるでしょう。足切りをされたくないのであれば900点以上を持つことが理想でしょう。

高いTOEICスコアが評価される会社


楽天

英語が公用語になっている会社といえば楽天ですね。楽天に中途採用されるには以下のTOEICスコアが必要だと言われています。

  • メンバークラス:600点以上
  • マネージメントクラス:650点以上
  • 幹部クラス:800点以上

部署によって必要な英語力は異なりますが、大体700〜800以上あると転職で有利になると言えるでしょう。

ただし、これはあくまで目安であり、実際には職種や部門によって求められる英語力が異なります。

また、楽天では社員の英語力向上のために、英語学習支援制度や研修プログラムが提供されており、入社後に英語力を向上させることができます。

楽天で働くためには、英語力だけでなく、専門知識やスキル、コミュニケーション能力、チームワークなど、多様な要素が求められます。応募前に、企業のウェブサイトや求人情報を確認し、求められるスキルや資格について理解しておくことが重要です。


ソフトバンク

900点以上なら100万円、800点以上なら30万円の一時金を一律支給するということで一時期話題になっていたソフトバンク。

世界最大の半導体設計の会社ARMを所有していたり、ソフトバンクビジョンファンドとしてAIベンチャー企業に莫大な投資を行っております。

今でも奨励金の仕組みがあるかはわかりませんが、転職の際には間違いなくTOEICは見られているので、高い数字を持っているほど有利でしょう。


武田製薬

武田薬品は日本が誇る世界トップクラスの製薬会社です。研究開発を行い、特許を取得した薬は日本だけではなく、世界で必要とされる人たちに届けられます。

そのような性質上、必然的にグローバルな会社にならざるを得ません。社長も外国人が就任していますね。

全ての部門で英語が必要なわけではないですが、研究職などではTOEIC700点以上が一つの基準となっているそうです。

おそらく医療系の研究を行っている人であれば日頃から英語の論文などを読んでいるかと思いますので、TOEIC700点というのはそこまで難しくはないかと思います。いずれにせよ高いスコアがあれば転職で有利になる企業です。


ファーストリテーリング

今や世界トップクラスのファッションブランドとなったファーストリテーリングでは採用の際にTOEICスコアを見ています。

転職時に必要なスコアはポジションによって異なりますが、以下のようになります。

グローバルマーケティング:TOEIC750点以上

店舗設計・ファシリティマネジメントリーダー候補:700点以上

実際に英語を使う業務が伴いますので、スコアが高い低いよりも、現場で使える英語力があるのかを見られるでしょう。


野村ホールディングス

野村は今やアジア最大と同時に世界的影響力を持つ投資銀行・証券持株会社です。野村には様々な子会社があるので、全ての仕事で英語が必要なわけではありませんが、

証券部門など海外支社と連携したり、日々マーケットの値動きを観察するようなところでは英語が必須となります。

転職であれはTOEIC860点が一つの基準となっており、日本企業の中でもトップクラスの英語力が求められています。

その分高い年収も得られるので人気の企業です。


パナソニック

パナソニックも世界的企業です。スマホや電気自動車などの普及に伴い、今世界中でリチウム電池の需要が高まっています。その波に乗って業績を上げているのがパナソニック。テスラに電池を供給していることでも有名ですね。

そのような関係からパナソニックに転職する際、TOEICスコアは必ず見られるでしょう。

部署によりますが、海外とコミュニケーションを取ったり、実際現地で仕事をするような職務の場合は、TOEIC900点以上が求められます。

まとめ:アクセンチュアでも英語は必須。早いうちにTOEIC高得点を


この記事ではアクセンチュアに就職するにあたり必要な英語力について解説させていただきました。

外資系コンサル企業=英語は必須というイメージがありましたが、なんだか拍子抜けしてしまいますよね。

しかし記事中でもご紹介した通り、入社後はいずれ英語力が必要となります。少なくとも昇進や昇給には必須となります。

ですから早いうちから高いTOEICスコアを取得し、英会話力も上げておくのがいいでしょう。

いざアクセンチュアに入ったら激務であることが多く、その間に英語の勉強をするのは辛いです。

新卒の方なら時間がある大学在籍中、転職中の方も空いた時間を利用して、まずはTOEICの勉強から始めてみるのが良いでしょう。

未経験OKの”英語を使う仕事”20選(バイト、副業、派遣、正社員)

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X