ENGLISH WORK公式

キャビンアテンダント業務の危険性7つの理由

  • 投稿日時:8か月前

「キャビンアテンダントの危険性」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。飛行中の事故、さまざまな病気リスク、或いは精神的ストレスなどが思いつくかもしれません。しかし、それらのリスクはもちろん存在しますが、一方で日常の業務にも見過ごせない危険性が潜んでいます。

キャビンアテンダントという職業は、笑顔とハイクオリティなサービスで私たちの飛行を快適なものにしてくれます。しかし、その裏側には重い荷物の運搬による腰痛や関節痛、女社会特有の人間関係、突然の乱気流による転倒や打撲、そして意外な火傷のリスクといった、多くの危険性があります。

本稿では、キャビンアテンダントの仕事の中にあるこれらの危険性について、具体的な事例と共に解説します。これらのリスクを理解することで、キャビンアテンダントの仕事への理解を深めるとともに、自身の職場環境や生活スタイルについて再考するきっかけになれば幸いです。キャビンアテンダントが直面する危険性を見つめ直し、その対策を考えていきましょう。


キャビンアテンダントの危険性が語られる7つの理由

キャビンアテンダントの宇宙線被曝の危険性

あまり語られることのないリスクについてご存知でしょうか。それは、放射線への曝露です。特に航空業界の従業員、特にキャビンアテンダントにとっては無視できない問題となっています。では、具体的にどのような危険性があるのか、そしてその影響はどれほどなのかについて見ていきましょう。

航空業界の従業員、特にキャビンアテンダントは、一般の人々よりも高いレベルの宇宙放射線を受け取ります。高度が高いため、地上で働いている人よりも放射線曝露量が多くなります。また、長時間、頻繁に飛行する乗務員は特に影響を受けやすいです。

日本人の平均被ばく線量は年間4.7ミリシーベルトであり、そのうち2.1ミリシーベルトが自然放射線からの被ばくであると推定されています。一方で、長距離フライトの乗務員は年間5ミリシーベルトから数十ミリシーベルトの放射線に曝露されることもあります。これは、一般人よりも乗務員が受ける放射線の量が著しく多いことを示しています。

放射線曝露がもたらす危険性として、特に注意が必要なのががんのリスクです。一部の研究では、キャビンアテンダントやパイロットが一般人口に比べて皮膚癌、乳癌、前立腺癌のリスクが若干高い可能性が指摘されています3。

しかし、発がんへの宇宙線の寄与が明確に示された調査報告はなく、宇宙線よりも社会経済的状況や生活習慣などの交絡因子の関与がより大きいのではないかと考えられています。例えば、スウェーデンの報告では、航空機乗務員は一般人よりも日光浴(生活習慣)の機会が多く、その日光浴が皮膚悪性黒色腫のリスク上昇に大きく関与していると指摘されています。

これらの情報から、キャビンアテンダントの放射線への曝露は確かに危険性を伴いますが、それが直接的に健康問題を引き起こすわけではないと考えられます。


CAが避けられない飛行機墜落の危険性

キャビンアテンダントの仕事に関してよく言及される危険性の一つが、飛行機の墜落です。メディアでは、飛行機の墜落事故が大々的に報道されることから、飛行機は危険な乗り物というイメージが強くなりがちです。しかしこれは、飛行機に乗る回数が比較的少ないため、また飛行機が世界中でどれほどの数が飛んでいるかをイメージしきれないために起きる誤解かもしれません。

アメリカの国家運輸安全委員会(NTSB)の調査によると、航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%に過ぎません1。これに対し、日本で交通事故に遭う確率は約0.2%と、50倍も高い数値が示されています2。この事からも、飛行機による移動が持つ危険性は交通事故に比べて極めて低いと理解できます。

そして何より、現代の飛行機は離着陸以外では自動操縦が主体であり、墜落するようなミスはほとんど起こりません。これは、飛行機の操縦技術やシステムの進歩によるもので、それらの技術進歩により飛行の危険性は年々低減しています。

以上の事実を踏まえると、キャビンアテンダントの仕事における飛行機の墜落という危険性は、メディアで取り上げられるほど大きくはないことが分かります。飛行機による移動の安全性は非常に高いレベルにあると言えるでしょう。したがって、キャビンアテンダントの仕事の危険性を正しく理解するためには、飛行機の墜落という危険性を適切に評価することが必要となります。


自律神経の乱れ:不規則な勤務スケジュールの影響

キャビンアテンダントの仕事には多くの魅力がありますが、同時に特有の危険性も存在します。その一つが、不規則な勤務スケジュールによる自律神経の乱れです。

キャビンアテンダントの勤務スケジュールは飛行機の運行スケジュールに左右されます。早朝便や深夜便、長距離便などの運行スケジュールによって、通常の「朝起きて、夜寝る」の生活リズムが崩れ、逆転した生活や徹夜といった状況になります。航空会社はキャビンアテンダントが適切な休息を取れるようにスケジュールを計算して組みますが、それでも体が休息を必要とする時間帯と実際の勤務や休息の時間帯が必ずしも一致しないことがあります。

このような生活リズムの乱れは、自律神経のバランスを崩す可能性があります。自律神経は心臓の鼓動や消化、血圧調整など、身体の自動調節機能をコントロールする重要な神経系で、その乱れは精神的なストレスや身体の不調を引き起こす可能性があります。特に、自律神経の乱れは肌荒れや生理不順、さらには不眠症や抑うつ状態といった精神的な影響をもたらすこともあります。

このような生活スタイルによる自律神経の乱れが、キャビンアテンダントの仕事の危険性として語られる理由の一つです。キャビンアテンダントの仕事を選ぶ際には、このような生活環境による身体への影響を理解し、適切な休息や自己管理をすることが重要です。

この危険性を軽減するためには、適切な休息時間の確保やストレス管理、または睡眠環境の整備など、身体と心の健康を維持するための自己管理が求められます。


女社会の人間関係:心の健康への脅威

キャビンアテンダントの仕事は、豊富なサービススキルやスタイル維持の必要性、そしてなにより飛行機による世界中の移動という、一見魅力的な要素が多いですが、その裏には見えにくい危険性も存在します。その一つが、女社会特有の人間関係による精神的なストレスです。

キャビンアテンダントの仕事は女性が多く、職場はほとんどが女性で構成されています。一般的な会社と比較して、女性特有の微妙な人間関係や陰湿ないじめが起こりやすいとされています。インターネット上には、「先輩社員に気を遣わなければならない」「悪口を平気で言う先輩がいる」「都合のいい時だけ相手を利用する」など、厳しい人間関係に苦しむキャビンアテンダントの体験談が多く存在します。

一方で、尊敬できる優しい同僚や上司も存在しますが、そうした職場環境に慣れないと、人間関係のストレスは日々蓄積し、うつ病などの精神的な病気を引き起こすことがあります。

このような精神的な危険性を理解した上で、キャビンアテンダントという職業を選択することが求められます。そして、もし過度なストレスを感じたら、適切なカウンセリングや助けを求めることが大切です。

この危険性を理解し、適切な対策を取ることが求められます。精神的な健康は、キャビンアテンダントの職業能力を左右します。適切なストレス管理と自己ケアにより、この危険性を軽減することが可能です。

それぞれの職場や環境には特有の問題点があり、キャビンアテンダントの職場も例外ではありません。しかし、自身の健康と精神状態を優先し、必要ならば専門家の助けを得ることで、この危険性を適切に対処することができます。


重い物の運搬:腰痛や関節痛の起源

キャビンアテンダントのお仕事においては、機内でのお客様の安全と快適な空の旅を実現するため、多くの物理的な負担が伴います。その一つが、重い物の運搬による危険性です。

お客様の手荷物を頭上の収納スペースに収めるというシーンは、飛行機の搭乗時によく見かける光景でしょう。これが意外と重労働なのです。例えば、10kg近い重さのスーツケースを持ち上げることもあります。また、食事や飲み物を提供するためにギャレー(カート)を押す作業も、その重さは最大で100kg以上にもなります。

これらの作業を一度や二度行うだけであれば問題はありませんが、1日の間に何度もこれらの作業を行うと、腰や関節に大きな負担がかかります。そして、このような繰り返しの過重労働が、腰痛や関節痛という問題を引き起こす可能性があります。

さらに、このような症状が長期的に続くと、慢性的な腰痛や関節痛を引き起こす危険性もあります。キャビンアテンダントは常にお客様の快適な飛行をサポートするために奮闘していますが、その裏で彼女たちは身体的な危険性と常に向き合っているのです。

このような危険性を理解した上で、体調管理に十分な注意を払い、必要ならば医療の専門家の助けを求めることが大切です。


突然の揺れ:乱気流による転倒と打撲の危険性

キャビンアテンダントのお仕事は、まさに「空のオフィス」で行われることから、地上のオフィスでは遭遇しないような特有の危険性があります。その一つが、突然の揺れ、つまり乱気流による転倒や打撲です。

飛行機は大気中の流れに影響を受けて、時折、大きな揺れを伴う乱気流に突入します。これは突然に起きるため、キャビンアテンダントがギャレーカートを運んでいる最中だったり、お客様への飲み物や食事の提供中に遭遇することもあります。

さらに、キャビンアテンダントは制服に合わせてヒールを履いて仕事をしています。ヒールを履くことで足元が不安定になり、転倒のリスクが高まります。また、転倒時に足首をひねったり、骨折の危険性もあります。

このような危険性を踏まえた上で、キャビンアテンダントたちは常に乱気流に備え、安全対策を心掛けています。また、航空会社もキャビンアテンダントの安全を守るために、必要な情報を共有し、安全装備を提供し、適切な研修を行っています。

乱気流は飛行機の安全飛行に直接的な影響を及ぼすものではありませんが、その危険性は無視できません。特にキャビンアテンダントの安全という観点から見れば、乱気流による転倒や打撲は避けられないリスクといえます。これからも彼女たちの安全を確保するための対策が必要とされていくことでしょう。


火傷リスク:飛行機内での意外な危険

キャビンアテンダントのお仕事は、見かけによらず多くの危険性を孕んでいます。その一つが、予想外の火傷のリスクです。

具体的には、乱気流などの突然の揺れによって引き起こされる火傷です。お客様へのサービスの一環として、キャビンアテンダントは熱湯を扱うことがあります。例えば、コーヒーやお茶の提供時などです。しかし、その熱湯が、突然の揺れにより手や腕にかかると、火傷を負う可能性があります。

実際に、航空業界における労働安全についての報告書では、乱気流による火傷事故が年間数件報告されています。そのほとんどがキャビンアテンダントの手や腕の火傷で、治療や休職が必要な事例もあります。

火傷は肉体的な痛みだけでなく、その後のケアや回復期間、さらには傷跡の残る可能性という精神的な負担も含まれます。女性にとって特に、この傷跡は大きな悩みになることでしょう。身体的な影響はもちろん、心にも深い傷を残す可能性があるため、この火傷の危険性は決して軽視できません。

このような危険性を考慮に入れて、キャビンアテンダントは日々、安全に対する意識を高め、火傷を防ぐための工夫をしています。それは、適切な保護具の使用、熱湯の取り扱い方の工夫、そして何よりも、乱気流に遭遇したときの対応です。

おわりに


以上、キャビンアテンダントの仕事の危険性について、自律神経の乱れ、女性特有の人間関係による心の健康への脅威、重い物の運搬による腰痛や関節痛、突然の揺れによる転倒や打撲、そして火傷のリスクといった観点から解説してまいりました。

仕事とは、自己実現の一つの手段であり、自分自身を成長させ、他者との繋がりを深める手段であるべきです。しかし、その一方で、健康を損ねるリスクやストレスと向き合う場でもあります。今回取り上げたキャビンアテンダントの危険性は、その一例に過ぎません。

しかし、この危険性を理解し、予防し、対処することで、働く人たちはより良い職場環境を作り出し、自分自身の健康と向き合うことができるのです。仕事の危険性を見つめ直すことは、自分自身の健康と向き合い、より良い職場環境を作り出す第一歩となります。

私たちはキャビンアテンダントの皆さんが安全に、そして健康に業務を遂行できる環境を期待しています。また、この記事が皆さんの職場での安全性と健康に対する意識を高める一助となれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X