ENGLISH WORK公式

グランドスタッフの仕事が大変と言われる8つの理由

  • 投稿日時:8か月前

空業界の裏舞台を支える、グランドスタッフ。飛行機が定刻通りに運行され、乗客が安心して旅を楽しむためには、彼らの存在が不可欠です。そんなグランドスタッフの仕事は、一見すると華やかで魅力的に見えるかもしれません。しかし、実際には、その裏には見えない大変さが存在します。

今回の記事では、グランドスタッフの仕事に潜む大変さについて詳しく掘り下げていきます。一つ一つの業務が多岐にわたるために覚えるべき仕事量が多いという厳しさ、女性が多い職場特有の人間関係の難しさ、そして一部の特殊なスキルが他の業界で直接活用しづらいという現実。

これらのポイントを押さえながら、具体的な経験談やデータを交えつつ、グランドスタッフの仕事の真実を探っていきます。グランドスタッフとしてのキャリアを考えている方、航空業界に興味のある方にとって、参考になる情報を提供できれば幸いです。


グランドスタッフの仕事が大変と言われる8つの理由

意外と重労働で大変!グランドスタッフの経験から見る現場の苦労

舞台は空港、目の前に広がるのは、一見、エキゾチックで魅力的な仕事の風景です。しかし、ここでは一つの仕事に込められた、語られない「大変さ」について考えてみたいと思います。それが、空港の裏方を担当するグランドスタッフのお仕事です。皆さんが飛行機に乗るための重要な手続きを支えている彼らの労働が、どれほど大変であるのか、その詳細に迫ってみましょう。

初めに、ご存知でしょうか。グランドスタッフは、遠くから見ればスタイリッシュな制服に身を包み、様々な国籍のお客様を迎えるグローバルな職業と思われがちですが、その実態は「重労働」なのです。まず一つに、チェックインカウンターでのスーツケースの取り扱いが挙げられます。

想像してみてください。スーツケースはお客様の旅のパートナーであり、その重さは20kg以上にもなります。これをグランドスタッフは、一日に何十回も持ち上げなければならないのです。思わぬ筋肉痛に見舞われる日々は、まさに重労働の象徴と言えるでしょう。

しかし、それだけでは終わりません。チェックイン業務が終われば次は搭乗ゲートへ。そして搭乗手続きが終わったら再びチェックインカウンターへと戻る。この行為を一日に何度も繰り返し、一日の歩行距離は驚くほどの長さになります。しかもこれは、あくまで「普通」の一日の話で、さらに大変さが増すケースも少なくありません。

例えば、搭乗時間になっても来ないお客様がいた場合、彼らを探すために空港全体を探し回ることもあります。ここでもまた、予想外のエクササイズが求められ、グランドスタッフの体力と精神力は常に削られるのです。


航空業界の中でも給料が安い?グランドスタッフの労働と待遇の現実

空港のグランドスタッフの仕事は、前述したように身体的な大変さがあります。それに加えて、労働を支える待遇面でも、大変さが見えてきます。その一つが給料についてです。

航空業界におけるグランドスタッフの給料ですが、実は一般的に考えられるよりも低いのが現状です。具体的には、羽田空港の国内線で働くグランドスタッフの月給は約190,000円~220,000円程度、国際線では約190,000円~240,000円程度とされています。

さらに、これらの給料に対して要求される労働量と責任は大きく、思うように休めないことも多いのが実情です。重労働であり、覚えることもたくさんある仕事で、それに加えて早朝や深夜の勤務も求められることが多いです。

つまり、このような大変な仕事内容に見合うだけの給料が支払われていないという問題があるのです。そのため、「グランドスタッフの仕事は大変だからやめたほうがいい」と言われる一因にもなっています。

仕事の大変さと給料のバランスが崩れている現状に対して、グランドスタッフ自体ももちろん不満を感じています。しかし、航空業界は厳しい競争が続いており、給料アップにつながるような大きな改善がなかなか進まないのが現状です。

それでもなお、情熱を持って仕事に取り組んでいます。それは何よりも、お客様が安心して旅を楽しむことができるようにするためです。彼ら自身の働きが直接お客様の旅を支えているという実感が、この大変な仕事を続ける原動力となっています。

しかしながら、これらの事情を知った上で、航空業界や関係者、そしてお客様自身も改めて、グランドスタッフの労働環境や給料について考え直すきっかけになればと思います。


あの美しいヒールも、グランドスタッフの仕事には不向き

空港で見かけるグランドスタッフの制服、特に女性スタッフのヒールはエレガントで美しいですよね。しかし、このヒールがまた、仕事を大変にしている一因でもあるのです。

多くの女性が日常生活で感じるヒールの不便さ、それが仕事においては何倍にも増して現れます。空港内は広大で、一日に歩く距離は相当なもの。しかもそれがヒールでの歩行となると、その大変さは計り知れません。一見、エレガントで美しいヒールですが、実は大きな負担となっているのです。

それでも、ヒールは制服の一部であり、それを着用することは職務の一部です。そうは言っても、実際にはヒールで歩き、時には走り回らなければならないのですから、足腰への負担は想像を超えるものがあります。また、長時間ヒールを履いていると、足首や膝、腰に痛みを感じることもしばしばです。

これはグランドスタッフの仕事が、既に物理的な負荷が高い重労働であることを考えると、さらなる負担となってしまいます。それでも、顔を引き締めて仕事に臨む背景には、お客様に対する尽力とプロ意識があります。

ヒールは確かに美しい。それは空港の風景を魅力的に見せ、お客様を心地よく迎える要素の一つです。しかし、その一方で仕事を大変にし、健康に影響を及ぼす可能性もあります。グランドスタッフが自身の身体を大切にしながら、お客様に最高のサービスを提供するためには、制服の改善も重要な課題の一つとなるでしょう。


早番、夜勤で生活リズムが崩れる大変さ

グランドスタッフの職務は、輝く笑顔でお客様をお迎えし、問題を解決し、安全な旅をサポートするという華やかな面だけでなく、そこに至るための多くの「裏側」が存在します。その一つが、生活リズムの乱れという大変さです。

国際線の空港は、異なる時間帯を持つ世界各国からの飛行機を受け入れるため、24時間運営しています。結果として、グランドスタッフもその24時間体制に対応できるようにシフトが組まれています。早朝のシフトに当たることもあれば、深夜のシフトに就くこともあります。

この不定期な勤務体制は、生活リズムを大きく乱す可能性があります。人間の身体は、一定のリズムを持って生活することで体調を保つため、そのリズムが乱れると自律神経に影響を及ぼすことがあるのです。自律神経は、心拍数や血圧、体温など、生命を維持するための基本的な機能を制御しています。

例えば、早番のシフトの場合、早起きが必要となり、十分な睡眠時間を確保することが難しくなることもあります。また、深夜勤務の場合、夜中に活動することで、本来睡眠をとるべき時間に覚醒状態を続けることとなり、それが長期にわたって続けば、体調不良を引き起こす可能性があります。

特に女性は、自律神経の影響を受けやすいとされています。これは、生理周期などが自律神経に大きく関わっているからです。そのため、生活リズムの乱れは、グランドスタッフという仕事が女性にとって大変である理由として、頻繁に挙げられます。

これらの点を考えると、24時間対応のシフト制度は、グランドスタッフにとって大きな負担となることが理解できるでしょう。そして、それが健康や生活リズムに影響を及ぼす可能性があります。


面倒なクレーマーが毎日現れて大変: グランドスタッフの挑戦

グランドスタッフの大変な業務の一つとして、クレーム対応があります。彼らは航空会社のフロントラインに立つ者として、お客様との直接的なコミュニケーションを担当しています。その役割上、さまざまな要望や問題、そして残念ながら時として不満を直接伝えられることがあります。

このようなクレーム対応は、精神的な負担を伴うことが多いです。大変な仕事の一つと言えるでしょう。例えば、座席の変更を求めるお客様がいるかもしれません。それが適切な要望であれば問題はありませんが、変更の余地がない場合でもその要求が止まらない場合があります。

さらに、荷物の重量超過について認識していない、またはその事実を受け入れられないお客様もいるでしょう。彼らは手荷物の規則に反して大量の荷物を持ち込もうとしたり、その規則を理解せずに駄々をこねることがあります。

また、飛行機の出発時間に遅れたお客様が自分の過失を認めず、そのせいで飛行機に乗り遅れたとグランドスタッフに対して怒りをぶつけることもあります。これらのシチュエーションは、大半の場合、グランドスタッフの過失ではなく、お客様自身や航空会社のシステムに起因するものです。

しかし、お客様はその不満を直接、グランドスタッフにぶつけることが多いです。これは、グランドスタッフが航空会社の最前線に立つ職であるため、お客様から見れば航空会社を代表している存在と捉えられます。

これらのクレーム対応は、グランドスタッフの業務の中でも特に大変な部分と言えるでしょう。心の底からサービスを提供したいと思っている彼らにとって、お客様からの批判や不満は大きなストレスとなります。


細かく覚える仕事量が多すぎてヤバい: グランドスタッフの知識と対応力

航空業界で働くグランドスタッフが大変と感じる一つの理由として、覚える仕事量の多さが挙げられます。その範囲は、基本的なチェックイン業務や搭乗ゲート業務から、予期せぬ事態への対応、さらには航空会社の特典情報までと広範にわたります。

まず、基本業務となるチェックインと搭乗ゲート業務は、一見単純な作業に見えるかもしれませんが、実際には多くの知識とスキルが必要となります。特に規定や手続きの詳細は常に更新されるため、それらを適切に把握し、それぞれのお客様に適切な情報を提供することが求められます。これは、それ自体が大変な作業であると言えるでしょう。

さらに、飛行機が欠航したり遅延したりといったイレギュラーな状況に対する対応も必要となります。これらの状況は頻繁に起こるわけではないため、その都度新たな知識や手順を学び、対応しなければなりません。予期せぬ事態に対する対応力や柔軟性が問われる大変な業務となります。

さらに、それだけでなく、各航空会社のマイレージやクレジットカードの特典など、航空会社特有の情報についても把握しておく必要があります。これらの情報はお客様にとって重要な要素であり、正確な情報を提供することはグランドスタッフの重要な職務となります。

このように、覚えるべき知識やスキルが多岐にわたるため、グランドスタッフの仕事は大変なものと言えるでしょう。しかし、これらの業務を通じて、彼らは絶えず自己の知識とスキルを更新し、成長することが可能です。その過程は困難かもしれませんが、その結果得られる充実感は計り知れません。


女社会の人間関係が闇深くて大変:グランドスタッフの社内環境

航空業界でグランドスタッフとして働く際に注意すべき一つの要素として、女社会特有の人間関係が挙げられます。グランドスタッフの職場には女性が多く、その特異な環境から生じる人間関係の難しさが、彼らの仕事が大変だとされる理由の一つとなっています。

例えば、ネット上の経験談を見てみると、「先輩社員に気を使う必要がある」、「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩社員がいる」、「自分を守るために嘘をつくことがある」、「都合よく他人を利用する人がいる」といったような、厳しい現実が明らかになります。こうした状況は大変だと感じる人が多いでしょう。

しかし、それらはあくまで一部の経験談であり、すべてのグランドスタッフの職場がこのような状況にあるわけではないということを理解することが重要です。実際には尊敬できる先輩や心地よい人間関係を享受している職場も多く存在します。

だが、女性が多い職場環境というのは、なかなか扱いが難しいことも事実。特に新人であったり、組織内での立場が不安定な者は、周囲の人間関係に振り回されることが多いかもしれません。そのような難しさを経験すると、一部の人々は自己防衛のために自身の性格が変わってしまうこともあります。

このように、グランドスタッフの仕事は、基本的な業務だけでなく、人間関係の難しさを乗り越えるためのスキルや心の余裕も求められることが多いです。しかし、その一方で、多様な人々との関わりの中で自身を成長させるチャンスでもあります。大変さを経験しつつ、それを乗り越えていく力を身につけることは、プロフェッショナルとしての一歩を踏み出すためのきっかけとなるでしょう。


せっかく身につけたスキルも他業界で通用しない?大変さ:グランドスタッフの特殊性

航空業界におけるグランドスタッフの仕事は、広い視野と高い専門性を要求される一方で、他の業界とは異なる独自のスキルや知識を必要とします。この点が、一見魅力的な仕事にも見えるグランドスタッフの仕事が、実は大変だと言われる一因となっています。

グランドスタッフが身につけるスキルは、特定の業界・職種に特化しているため、これらのスキルが他の業界で直接活かせるかどうかは疑問が残ります。例えば、接客業としてのホスピタリティや、旅客機の乗り降りに関わる特殊な知識などは、他の業界では必要とされない場合が多いです。

ホテル業界などの接客業への転職を考える場合、既に得られているスキルが一部活用できる可能性はあるでしょう。しかし、マーケティングや企画など、より広範なビジネススキルが求められる職種への転職を考えた場合、スキルセットが合わないため、未経験からのスタートとなります。これは転職活動を大変にする要素となるでしょう。

さらに、航空業界の特殊性として、定型的な業務だけでなく、フライトの遅延や欠航などのイレギュラーな事態への対応も求められます。このようなスキルは、航空業界以外ではあまり求められることは少ないでしょう。

ただし、一方でグランドスタッフとしての経験は、決して無駄ではありません。高度なコミュニケーションスキルやプロフェッショナルな対応力、厳しい状況下での判断力などは、どの業界でも重宝されるスキルです。また、多文化・多言語の環境で働く経験は、グローバルな視点を身につける上で貴重なものとなるでしょう。

おわりに:グランドスタッフの仕事と向き合う


グランドスタッフとしての仕事は確かに、一見すれば煌びやかに見えます。飛行機という大きな交通機関の運行を支える役割、国内外の多くの人々と関わる機会、そのすべてが一種の魅力となります。しかし一方で、その大変さを見過ごしてはなりません。

給料の安さ、ヒールによる足腰への負担、クレーム対応、覚えるべき仕事量の多さ、女社会特有の人間関係、そして一部の特殊なスキルが他の業界で活用しづらいという現実。これらは全て、グランドスタッフの仕事が大変であるという事実を物語っています。

しかし、仕事が大変だからと言って避けるべきだとは限りません。むしろ、その大変さを理解し、それにどう向き合うかを考えることが大切です。確かに大変な事情が存在しますが、その一方で仕事の達成感や充実感、成長の機会もあります。

この記事が、グランドスタッフという仕事に対する理解を深める一助になればと思います。大変な仕事でも、それを乗り越えていく強さと勇気が、あなたの人生をより豊かなものにすることでしょう。大変さを恐れず、自分の道を進んでいきましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X