ENGLISH WORK公式

キャビンアテンダントに向いている人の10の特徴:メンタル強い人

  • 投稿日時:8か月前

キャビンアテンダント(CA)という職業に対する憧れは、多くの人々を引きつけてやまないものの一つでしょう。彼らは旅客機の中で乗客の安全を守り、快適な空の旅を提供するために働くプロフェッショナルです。CAはその美しい制服やエレガントな態度から高く評価され、一見華やかなイメージがある一方で、その実際の業務は広範で多岐に渡り、高度なスキルと適応力が求められる職業です。

この記事では、キャビンアテンダントに向いている人の特性について詳しく見ていきます。それぞれの特性について、具体的な業務場面での活かし方やその重要性について理解していただきます。そうすることで、キャビンアテンダントという職業に対する理解を深めると共に、自身がCAを目指す場合の参考になればと思います。

キャビンアテンダントに求められる特性とは、チームワーク、不規則な生活リズムへの適応力、英語力、人当たりの良さ、フィジカルの強さ、そして要領の良さです。これらが一人のCAに求められるバランス良い特性となります。

それでは、一つひとつの特性について詳しく見ていきましょう。


キャビンアテンダントに向いている人の10の特徴

海外旅行が大好き!

なぜ海外旅行が好きな人がキャビンアテンダントに向いているのか?私の考えをお伝えします。まず、国際線のキャビンアテンダントになれば、基本的には無料で世界中を旅することができます。例えば、ハワイ行きのフライトに勤務し、次の日にフライトがなければそのまま現地を旅行することができます。美味しいステーキを食べ、青い海を眺めながらリラックスする時間を過ごすことも可能です。

それが現実の一部であり、一部の航空会社では乗務員用の宿泊施設や割引制度を提供しています。したがって、勤務先やスケジュール次第では、業務の合間に観光地を訪れたり、現地の食事を楽しんだりする時間を作ることができます。

しかし、ここで一つ注意点を述べておきたいと思います。キャビンアテンダントの仕事は確かに楽しい面もありますが、一方で、覚えることが多く、肉体的にも精神的にも厳しい面もあります。特に国際線では、時差ぼけや異文化との対話など、予想外の困難に直面することもあります。

それでも、海外に興味がある人は、これらの難しさも乗り越えるモチベーションになります。なぜなら、自分の好きな海外旅行に関わる仕事をしているからです。新しい場所を探索し、新しい文化を学び、新しい人々と出会うことで、苦労も喜びに変わるのです。

これは私の個人的な考えではなく、実際のキャビンアテンダントからの声にも反映されています。例えば、多くのキャビンアテンダントが「仕事を通じて世界を見ることができる」という点を職業選択の大きな魅力として挙げています。

最後に、海外旅行が好きな方々へのメッセージです。世界を見たい、新しい文化を体験したい、そしてその情熱を仕事に生かしたいと思うなら、キャビンアテンダントという仕事はあなたに向いています。


女社会での立ち回りが上手い人

キャビンアテンダントの職場は、言わずと知れた「女社会」です。実際に航空業界の統計によると、国際線のキャビンアテンダントは約80%が女性であり、これは他の職業と比べてもかなり高い割合となっています。したがって、キャビンアテンダントの仕事に関心がある方は、女社会でのコミュニケーションスキルが非常に重要だということを理解することが求められます。

女性の多い職場には、特有の難しさや複雑さが存在します。ネット上には様々な経験談が散見されます。「先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある」、「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩がいる」、「自分を守るために嘘をつく人がいる」、「都合よく相手を利用する女性が多い」という声など、それは決して楽な環境とは言えないかもしれません。

しかし、こうした困難を乗り越える方法は存在します。そしてその一つが、「立ち回りが上手な人」であるということです。こういうタイプの人はCAに向いているでしょう。

立ち回りとは、自分の言動や態度を臨機応変に調整し、人間関係をスムーズに運ぶスキルのことを指します。具体的には、相手の感情や状況を察知し、それに適切に対応する能力です。

たとえば、一部の先輩社員が気難しいと分かった場合、あなたはその人の気持ちや要望を尊重し、柔軟に対応することが求められます。また、同僚や客との人間関係でトラブルが生じた場合も、あなた自身が同じように他人の悪口を言うのではなく、冷静に自分の立場を守りつつ、雰囲気を和らげるような立ち回りが求められます。

もちろん、すべてのキャビンアテンダントがこのような難しさを経験するわけではなく、素晴らしい人間性を持つ先輩や同僚も多くいます。しかし、女社会での立ち回りが上手い人は、どんな状況でも自分の仕事を最善に遂行し、良好な職場環境を維持することができるので、向いています。

それでは、キャビンアテンダントとして働く上で、こうした立ち回りスキルをどのように身につけ、どのように活用することができるのでしょうか。その答えは、「人間関係のコミュニケーション力を鍛えること」にあります。相手を理解し、尊重することから始め、自己主張と傾聴のバランスを取りつつ、自分の感情を適切に表現する能力を身につけることが求められます。


無料のANAやJALチケットが欲しい人!

まずはじめに、キャビンアテンダントの特典の一つに「EFチケット(Employee Free Ticket)」と呼ばれる制度があるので、旅行大好きな人にCAは向いています。

これは社員に対して提供される無料または割引された航空券で、大手航空会社であるANAやJALでも同様の制度が存在します。あなたがANAやJALのキャビンアテンダントになると、これらのチケットを利用することができるのです。

国内線については、基本的に無料で乗ることが可能です。つまり、北海道から沖縄までの国内どこへでも、フライトがある限り無料で移動することができます。家族や友人との旅行、あるいは一人旅を楽しむのに最適な特典と言えるでしょう。

さらに驚くべきは、国際線も最大90%OFFで利用することができる点です。通常ならば数十万円もかかる長距離フライトが、10%の価格で利用可能となるというのは、大変魅力的な特典ではないでしょうか。

ただし、一部ルールが存在します。EFチケットは「航空機に空きがある場合にのみ搭乗ができる」という条件があります。すなわち、満席のフライトには利用できません。また、搭乗予定の便が満席になると、キャンセルとなることもあります。しかし、これらの条件を理解し、柔軟にスケジューリングを行えば、十分に特典を活用することができるでしょう。


強靭なメンタルを持っている!

メンタルが強い人にCAの仕事は向いています。キャビンアテンダントという仕事は、美しい制服を身にまとい、客室内でお客様にサービスを提供するイメージが一般的ですが、実際には精神的にも非常に強いストレスに耐える必要があります。

一つ目のストレス源は、女性が多い職場環境にあります。同性ばかりの環境は、時には陰湿な雰囲気を生むことがあり、そういった環境で働くためには、自己防衛のスキルやメンタルの強さが必要となります。もし周りに少し嫌な上司がいても、強靭なメンタルを持つことで平気な顔を保ち、自分の仕事に集中することができるでしょう。

二つ目のストレス源は、お客様からのストレスです。キャビンアテンダントは、いい意味でも悪い意味でも航空会社の顔と言えます。したがって、あなたが直接的にミスを犯したわけではなくても、お客様のクレームは直接あなたに向けられます。これは、お客様からの苦情や不満、あるいは悪態を受けることも含みます。こういった状況でも、落ち着いて対応し、職務を全うできるメンタルが強い人は向いているでしょう。

ストレスフルな状況でもクールに対応するためには、自己管理能力が非常に重要です。メンタルヘルスの維持やストレス対策など、自分自身の心の状態を適切に管理できる能力が求められます。また、仕事に対するプロフェッショナルな姿勢や、顧客対応スキルも必要とされます。これらを身につけることで、キャビンアテンダントとして成功を収めることができるでしょう。


チームワークが得意!

キャビンアテンダントという仕事は、一見すると個人の能力や対人スキルが中心と考えられがちですが、実際にはチームワークが非常に重要な要素となります。フライト中の様々な業務は一人だけでは成し遂げられず、それぞれの職員が連携し、協力して遂行していきます。ですからチームワークができる人はCAに向いています。

例えば、お客様が搭乗する際には、それぞれのキャビンアテンダントがお客様を迎え入れ、案内し、荷物収納のお手伝いを行います。また、離陸準備に入る際には、ドアロックの確認、お客様への安全上のご案内などがあります。これらの作業は、一人のキャビンアテンダントがすべてを行うわけではなく、チーム全体で分担し、協力して行います。

そして、離陸後も、飲み物や食べ物の提供の準備、各お客様への食事内容の確認など、さまざまな仕事を全員で分担してこなします。ここでも一人で全てをこなすのではなく、チームで連携し、お互いに支え合いながら業務を進めていきます。

自分一人ができるからといって、仕事が不慣れな後輩を置き去りにしてしまうと、サービス全体のクオリティが下がってしまいます。それぞれのメンバーが自分の役割を理解し、互いに協力し合うことで、全体としてのサービスレベルを保つことが可能となります。

私の考えとしては、これらの事からチームワークが得意な人はキャビンアテンダントに向いていると言えます。それぞれのフライトで新たなチームを組むことも多いため、柔軟なコミュニケーション能力や協調性も求められます。そして、それぞれが自分の役割を全うすることで、全体として最高のサービスを提供することが可能となります。


不規則な生活リズムに対応できる人!

キャビンアテンダントという仕事は、不規則なスケジュールという特性を持つ職業のひとつです。その勤務パターンは飛行機の運行スケジュールに左右され、早朝便や深夜便、さらには長距離便など、働く時間は毎週、毎月変わります。そのため、一般的な「朝起きて、夜寝る」という生活リズムが取りづらく、「朝寝て、夜起きる」「徹夜をする」といったことも珍しくありません。この生活に対応できる人は、CAに向いていると言えるでしょう。

例えば、ある日は早朝の便で飛行するために深夜から起きて仕事を開始し、また次の日は深夜の便で、日中に睡眠をとる、といったスケジュールが組まれることも少なくありません。それは自身の体調管理や生活リズムに大きな影響を与え、仕事を通じて体力的な挑戦だけでなく、メンタル面でも挑戦が伴います。

航空会社は、法規制や労働時間について考慮してスケジュールを組みますが、それが自分の体調や睡眠リズムと必ずしも一致するわけではありません。旅客機の運行スケジュールに合わせるため、本来体が求める睡眠時間とは異なる時間帯に仕事をすることで、自律神経に不調をきたす可能性があります。

私の考えとしては、このような不規則な生活リズムに対応できる人、自己管理能力が高い人、そしてフレキシブルなマインドを持つ人が、キャビンアテンダントとして成功するでしょう。そのため、不規則なスケジュールを受け入れ、それに柔軟に対応できる力を持つ人は、キャビンアテンダントの仕事に向いていると言えます。不規則なワークスタイルに順応できる人は、チャレンジングな航空業界で活躍する素質を持っていると言えるでしょう。


英語が得意!

キャビンアテンダントとして働くためには、英語力が必須と言えます。その理由は何と言っても、飛行機には世界各国からのお客様が搭乗するためです。特に国際線の場合、多くのお客様が外国籍であり、英語でのサービス提供が求められます。

航空機の中では、安全確認のアナウンスから飲食物のオーダー、そして何よりも緊急時の対応まで、全てが英語で行われます。そのため、英語が得意な方は仕事をスムーズに行うことができ、お客様からの評価も高まるでしょう。

さらには、飛行機の中は予期しない状況が起こり得る場所でもあります。緊急時の対応やお客様からの質問への迅速な回答など、その全てを円滑に行うためには、英語力が必須です。これらの状況に対応できるだけの英語力がある人は、CAの仕事に非常に向いています。

しかしながら、英語力は一夜にして身につくものではありません。それは長年の学習や実践を通じて養われます。そのため、英語が得意という人は、一般的には何かしらの努力を経てそのスキルを磨いてきた人と言えます。それはつまり、コミットメントや向上心があることを示しているとも言えます。これらの特質は、CAとして成功するために必要な要素でもあります。

それゆえに、英語が得意な人は、キャビンアテンダントに向いています。その英語力は、仕事をスムーズにこなすためのツールとなり、また自身の成長のための武器ともなるでしょう。


人当たりが良い!

人当たりがいい人はCAに向いています。キャビンアテンダントとしてのお仕事では、様々なお客様との接触が日常的にあります。中には、大変理解し難い要求をする方や、一見不合理な怒りをぶつけてくる方もいらっしゃいます。そういった難易度の高い状況においても、穏やかに、そしてスムーズに対処できるのが、人当たりが良い人の強みです。

エコノミークラスであってもファーストクラス並みのサービスを求めるお客様がいらっしゃったとします。その場合、人当たりが良いキャビンアテンダントなら、納得していただける形で、そのお客様の要望に対応することができるでしょう。

それは、「申し訳ございませんが、現在ご搭乗いただいているクラスでは、ご希望のサービスを提供することが難しい状況でございます。しかしながら、次回ご搭乗の際はぜひファーストクラスもご検討いただき、その豊富なサービスをお楽しみいただければと存じます。」といった言葉で、丁寧に、かつお客様の気持ちを考慮しながら対応することです。

また、あなたのミスではないのに怒り出すお客様に対しても、人当たりが良いという特性が生きてきます。そうしたお客様の声を落ち着いて聞き、怒りの真っ只中にいる彼らの立場を理解しようとすること。それができるのが、人当たりが良い人です。

「大変申し訳ございません。お客様のご不満を承知いたしました。私達もお客様に快適にご旅行いただくために全力を尽くしております。不手際がございましたら、お詫び申し上げます。」といった言葉をかけ、理解と共感を示すことで、問題を解決へと導くことが可能となります。

人当たりが良いという特性は、キャビンアテンダントとしての職務遂行において大変重要な要素です。お客様に対して穏やかで、かつ対応力がある方が、キャビンアテンダントに向いていると言えるでしょう。


フィジカルが強い!

キャビンアテンダント(CA)というお仕事には、エレガントなイメージが付きまといます。しかし、華麗な制服を着て笑顔でサービスするだけではなく、思いのほか力仕事も求められるのが現状です。ここでは、フィジカルが強い人がなぜ向いているのか、について深堀りしていきましょう。

まず一つ目の具体例として、お客様の手荷物をオーバーヘッドビン(頭上の収納スペース)へ入れるお手伝いをするという作業があります。お客様の荷物は、軽いものから非常に重たいものまで様々で、中には10kg近い荷物をお持ちの方もいます。このような重量物を高い位置に安全に収納するためには、相応の体力と力量が必要となります。

また、飛行機内での食事や飲み物の提供も、CAの重要な仕事の一つです。飲食物を運ぶカート、通称ギャレーは、最大で1個あたり100kg以上の重さにもなります。そしてこのギャレーを、狭い通路を通ってお客様へと運ぶのです。これは想像以上の力が求められる作業であり、フィジカルが強い人でなければ難しい業務といえるでしょう。

さらに、長時間のフライトでは立ち仕事が多く、CAとしては座る時間が少ないことも事実です。そのため、体力を持続させることが求められます。

以上のような理由から、フィジカルが強い人はキャビンアテンダントに向いていると言えます。エレガントなイメージとは裏腹に、実はフィジカルが求められるお仕事なのです。ゆえに、フィジカルが強いという特性は、キャビンアテンダントとしての業務を円滑に、そしてお客様に安心感を与えるサービスを提供するために、非常に重要な要素となります。


要領が良い!

要領が良い人はCAに向いています。キャビンアテンダント(CA)のお仕事は、その魅力と同時に、多くの責任と業務を同時にこなす要領の良さを求められる職業です。何百名ものお客様が乗る飛行機内で起こる多種多様な状況に対応しながら、各種業務を円滑に進行させるには、状況判断力や柔軟性、そして適応力が必要不可欠となります。要領の良さが大切なポイントとなる理由を具体例とともにお伝えします。

例えば、飛行機内では、様々なお客様がいます。そのため、乗客全員に対して同一の対応をするのではなく、個々の乗客の状況や要望に応じて柔軟に対応することが求められます。このような場合、要領が良いという特性があると、適切なサービスを提供しながらも、時間管理をうまく行い、効率的に業務をこなすことができます。

また、CAの業務は広範で多岐に渡ります。チケット確認、安全説明、飲食物の提供、トラブル対応など、一度に複数の業務をこなすことも珍しくありません。これら全てを完璧にこなそうとすると、業務が滞りや遅れを生じることもあるかもしれません。しかし、要領が良い人は、全ての業務に手を出すのではなく、優先度をつけて業務をこなしたり、他のスタッフと連携して業務を分担したりすることで、業務全体のスムーズな進行を実現します。

さらに、フライト中には予期しない状況が発生することもあります。急病人が出た場合、機内でトラブルが起きた場合など、臨機応変に対応する力が求められます。要領が良い人は、状況を素早く把握し、即座に適切な対応をとることができます。

これらの事例から、CAの業務においては、要領の良さが大切であることが理解できるでしょう。常に機敏であること、状況に応じて対応を変えること、そして効率よく業務をこなすことが、キャビンアテンダントとしての質の高いサービス提供に繋がるのです。そのため、要領が良い人はキャビンアテンダントに向いていると言えます。

おわりに


キャビンアテンダント(CA)には、向いている特性があることが、わかっていただけたでしょうか。華やかな表面だけでなく、厳しい業務条件や、さまざまな乗客と向き合うための強靭なメンタル、卓越したチームワーク、不規則な生活リズムへの適応力、英語力、人当たりの良さ、フィジカルの強さ、要領の良さ、これら全てが一体となって、あなたを素晴らしいキャビンアテンダントへと成長させます。

これらの特性は、一朝一夕に身につけるものではありません。しかし、自身が持つ強みと向上すべき領域を理解することで、それぞれの特性を高めるための行動を計画することができます。また、それぞれの特性が、具体的な業務場面でどのように活かされるかを知ることは、業務への理解を深め、自己の成長につながります。

CAを目指す皆さんにとって、この記事が一助となり、素晴らしいキャビンアテンダントへの道を切り開く助けとなれば幸いです。飛行機の旅は人々の心に特別な時間を刻みます。あなたがその旅を彩り、乗客の心に思い出深い体験を刻むキャビンアテンダントとなれることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X