ENGLISH WORK公式

航空管制官の仕事が大変な9つの理由

  • 投稿日時:8か月前

皆さんは「航空管制官」についてどれほど知っていますか?実際にその職業に就いている方以外であれば、航空管制官について詳しく知る機会はそれほど多くないでしょう。また、航空管制官について調べようと思っても、その実態を詳しく知ることができる情報はあまり多くありません。

ここでは、航空管制官がどれほど大変な職業であるかを詳しく解説していきます。彼らが直面する様々な課題や試練、その職業特有の困難さについて詳しく説明します。また、それらの大変さを乗り越えて航空管制官として働き続ける動機や魅力についても、具体的な事例を交えながらご紹介します。

その多くが無名のヒーローとして、空の安全を守り続ける航空管制官。彼らの存在を知ることで、あなたの飛行機旅行の価値観が少し変わるかもしれません。この記事を通じて、航空管制官の「大変さ」を深く理解し、その仕事に対する敬意と感謝の念を新たにするきっかけになれば幸いです。

それでは、航空管制官がどれほど大変な職業なのか、一緒に探求していきましょう。


航空管制官の仕事が大変と言われる9つの理由

強いストレスが大変

「強いストレス」についてご紹介しましょう。

航空管制官という仕事は、非常にやりがいがあります。飛行機の離着陸を指示し、空の交通整備を行う役割を担当し、飛行機が安全に航行できるようにサポートします。しかし、この仕事が大変な理由の一つとして、強いストレスを感じることが挙げられます。

何故そんなにストレスが強いのでしょうか。それは、飛行機に乗っているお客様の命を預かるという大きな責任が伴うからです。航空管制官が行う空の交通整備は、文字通り人々の命と直結しています。一つの小さなミスが、命の損失や経済的価値の損失に直結する可能性があります。飛行機という膨大な資金を使って購入された機体を扱う仕事でもありますから、事故に繋がるようなミスは許されません。

また、航空管制官のミスで飛行機の遅延を起こすと、その影響は広範囲にわたります。航空会社はもちろん、乗客に対しても多大な迷惑をかけることになります。例えば、ビジネスでの重要な会議に遅れてしまう、観光地での予約がキャンセルになってしまうなど、飛行機の遅延は人々の日常生活に大きな影響を与えます。そういった結果を招いてしまったら、航空管制官自身も大変な精神的ストレスを感じることでしょう。

こうした理由から、航空管制官の仕事は強いストレスを伴うことが多いのです。そのストレスを乗り越えることで、初めて航空管制官のやりがいが実感できるのかもしれません。ですが、そのストレスを乗り越えることができる人が、本当の意味での航空管制官だと言えるでしょう。


慣れるとルーティンワークで飽きる?

航空管制官の仕事の大変さを考察する上で、次に挙げられるのが「ルーティンワーク」です。この仕事は基本的に一度覚えた仕事内容がそのまま続くため、業務内容に大きな変化はありません。

たとえば、航空管制官が日々行うタスクとしては、飛行機の離着陸指示や飛行路の誘導、そしてそれらに関わる情報提供などが挙げられます。これらの業務は、一度覚えればその後も基本的には同じ内容が繰り返されます。飛行機の遅延や天候の変化などでイレギュラーな事態が起こることもありますが、それらについても対応は基本的に決まっています。このような規則性の強い業務が、ルーティンワークとなります。

ルーティンワークは一見、単純で簡単そうに思えますが、実はこれが大変な原因となることもあります。毎日ほぼ同じ作業を続けることで、仕事に面白さを感じにくくなる可能性があります。

一般の会社で行われる企画、マーケティング、営業などの仕事では、新しいアイデアを生み出したり、クリエイティビティが求められたりすることが多いです。たとえば、新商品の企画や新しいマーケティング戦略の立案などは、まるでゲームのように楽しむことができます。新しいアイデアを考え、それが形になる過程は大変だけれどもやりがいがあります。

しかし、航空管制官の仕事ではそのようなクリエイティビティはほとんど求められません。安全性を確保するためのプロセスが厳格に定められており、そのルールを守ることが求められます。これはまるで、全ての手順が指示されたレシピ通りに料理を作るようなものです。新しいアイデアを試す余地はほとんどありません。

ですから、航空管制官という職業は、ルーティンワークが多く、その点が仕事を大変に感じる一因となります。


減点方式の仕事が大変

航空管制官の仕事の大変さを語る上で忘れてはならないのが、その「減点方式の仕事」であるという側面です。これは、航空管制官の仕事がミスをしないことが当たり前とされ、通常の業務を無事にこなしたからといって特別に褒められることがない、という特性を指します。

実際、航空管制官の仕事の中で、飛行機の離着陸の指示や飛行ルートの案内など、日々行う基本的な業務は、それが正確に遂行されることが前提となっています。一方で、もし何かしらのミスが生じれば、それが大きな問題を引き起こす可能性があるため、その結果として業務は非常に厳しく評価されます。

具体的な例を挙げてみましょう。航空管制官が指示を出すためには、特定の通信手順や用語を厳密に守る必要があります。一見、細かなミスのように思える通信ミス一つでも、それが誤解を生み、最悪の場合は航空事故につながる恐れがあります。このように、航空管制官のミスは絶対に許されません。

このような高いプレッシャーが伴う仕事には、評価方法も特異な特徴があります。つまり、何も問題が起きなかった場合は「当たり前」とされ、しかしミスがあれば厳しく注意される、という減点方式の評価がなされます。

これは、他の一般的な仕事には見られない特徴で、この職業が大変であると感じる大きな理由の一つでしょう。例えば、一般的な会社では、定期的に業績を評価し、その結果に基づいて賞与を出したり昇進させたりすることが一般的です。しかし、航空管制官の業績は、「ミスがないこと」が最も重視されるため、その評価は厳しさを増す傾向にあります。

そして、航空管制官の仕事は、「褒められると伸びる」タイプの人には向かないかもしれません。何も問題が起きなかった日々の業務が評価されず、ミスがあれば厳しく評価されるこの職業は、業績を明確に評価され、その結果が自身の成長や昇進に直結するような職種とは異なる、特殊な環境と言えます。


転勤は避けられないという大変さ

航空管制官という職業の大変さを考える際、見逃せないのが「転勤の問題」です。国家公務員である航空管制官は、数年ごとに全国規模での転勤が求められます。これが、航空管制官が大変とされる理由の一つです。

転勤とは、公務員や一部の企業で行われる人事異動の一種で、労働者がある職場から別の職場へと移動することを指します。この転勤は、仕事の内容や環境を変えるだけでなく、生活環境全体を大きく変えることになります。従って、この問題は職業選択の際に重要な要素となります。

航空管制官の場合、基礎研修を修了すると全国の管制機関への赴任が命じられます。しかし、この赴任地は個人の希望に基づいて決まるものではありません。また、「出身地の空港でずっと働きたい」といった希望も、必ずしも叶うとは限らないのです。

具体的には、航空管制官の職務は全国各地の空港や管制塔で必要とされ、その人数バランスや専門性を考慮しながら全国規模での人事異動が行われます。それぞれの空港や管制塔は、その規模や所在地、交通量などによって異なるスキルや経験が求められ、それに対応するためにも人事異動は必要とされます。

このような転勤制度は、航空管制官という職業が、国という大きな組織の一部として機能しているという現実を示しています。しかし、その一方で、転勤は家族構成やライフスタイルに大きな影響を及ぼすため、航空管制官の職業を選択する上で慎重に考えるべき事項と言えるでしょう。


給料面やキャリア面での不満が募る

航空管制官の職業の大変さを考える上で、「給料面やキャリア面での不満」は重要な要素となります。航空管制官の仕事自体は、航空管制塔から飛行機に指示を出し、空の安全を守るという大変やりがいのある仕事です。しかし、一方で給料面やキャリアの成長については、多くの制約が存在します。これが、航空管制官が大変と言われる一因となっています。

まず、給料についてですが、航空管制官は国家公務員として働くため、その給料は一定の上限が決まっています。その後の昇給も一定の割合に基づいて決まります。このため、高額な給与を得るためには、役職昇進や特別な資格取得が必要となることが多いです。

次に、キャリア面についてですが、航空管制官は年功序列というシステムに基づいて昇進が決まるため、いくら努力をしても、その努力が直接的な昇進や評価につながるわけではありません。このような制度は、新たな挑戦や意欲を持つ若い世代にとっては、キャリアパスとしての展望を見いだしにくいものとなるかもしれません。

これらの事情から、航空管制官は、夢のある仕事でありながらも、給料面やキャリア面での制約により、大変さが増すと言えるでしょう。これらの制約は、航空管制官という仕事を選択する上で検討すべきポイントであり、航空管制官に求められるプロフェッショナリズムとバランスを取る必要があると言えるでしょう。


不規則な生活リズムは体にとって大変

航空管制官の職業において「大変」とされる要素の一つに、「不規則な生活リズム」があります。航空業界は24時間、365日を通して動き続けています。そのため、航空管制官もそのニーズに応じて様々な時間帯で働かなければなりません。これは確かに一つの大変さと言えるでしょう。

特に羽田空港、成田空港、関西国際空港などの大きな空港では、24時間の完全業務が提供されています。それゆえに航空管制官のシフトは、早番・遅番・夜勤入り・夜勤明け、休日を一つのラウンドとして繰り返す形が一般的です。このため、一般的な日中の生活リズムとは大きく異なり、航空管制官の生活リズムは不規則となることが多いです。

この不規則な生活リズムは、一般的な社会生活と異なるパターンを強いられるため、自律神経を乱す可能性があります。昼夜逆転の生活は睡眠リズムの乱れを引き起こすだけでなく、食事や運動習慣の変化、心身の健康に影響を及ぼす可能性もあります。

ですから、航空管制官という職業を選ぶ際には、この不規則な生活リズムを理解し、それに対応できる生活習慣やストレスマネージメントを身につけることが求められるでしょう。


航空管制官になるための試験は本当に大変

「航空管制官」は夢のある仕事とされつつも、その背後には大変な努力と試練が隠れています。その中でも特に大きな壁となるのが「航空管制官になるための試験」です。

この試験は一般的な国家公務員試験の基礎能力試験に加え、航空管制官に求められる能力を判断する独自の問題が出題されます。ここで求められるのは、理解力や記憶力、そして空間把握能力など、頭脳だけでなく、総合的な能力が試されるのです。

例えば、具体的には「空間関係検査試験」が挙げられます。これは、二つの立方体を指示どおりに回転移動させた後指定方向から見ると、立方体上の点ア及び点イがどのように見えるかを判断するような検査で、立体を転がして、その立体の1点がどこに当たったかを答えるような問題なのです。これは簡単そうに見えて、実はかなり高度な空間把握能力を要求します。

また、航空管制官の仕事は英語での業務が大部分を占めますから、英語力を問う問題も出題されます。これら一連の試験は、他の公務員試験と比較しても難易度が高いとされています。

過去数年間の合格率は約10〜15%程度で、これは大学入試の難関大学に匹敵するような難易度を示しています。これだけでも、航空管制官になるための試験の難易度がいかに「大変」であるかを感じていただけると思います。

つまり、航空管制官になるためには、高度な知識と技術だけでなく、英語力や空間認識能力など、さまざまな能力を持ち合わせる必要があり、それを試す試験が非常に「大変」なのです。しかし、それだけに航空管制官という職業はやりがいを感じられるものでしょう。その「大変さ」を理解した上で、航空管制官を目指す必要があります。


再度の業務資格試験の必要性

航空管制官が一度試験に合格したからと言って、それで試験が終わりというわけではありません。これは航空管制官の職務が大変である理由のひとつです。なぜなら、業務資格は勤務地毎に異なるため、異動をすればどんなベテランでも一定期間の訓練を受け、改めて内部試験に合格する必要があるからです。

この状況を具体的にイメージしてみましょう。例えば、ある航空管制官が東京の羽田空港で10年間働き、一流のスキルと経験を身につけたとしましょう。しかし、彼が大阪の関西国際空港へ異動になると、そこでは異なる航空ルートや航空機の流れがあるため、新たに必要となるスキルや知識を身につけるための訓練と試験が待っています。そのため、彼はベテランであるにも関わらず再び試験勉強に励む必要があるのです。

航空交通管制協会の報告によれば、管制官は平均して5年毎に異動するとされています。これはつまり、平均的な航空管制官はキャリアの中で何度も試験を受け直し、常に新しい知識と技術を学び続ける必要があることを意味します。

これは非常に大変なことです。しかし、それが航空管制官の仕事の一部であり、この「大変さ」を乗り越えることで、航空管制官は自分のスキルと知識を磨き続け、日々成長していくことが可能となります。それが航空管制官の「大変さ」の裏にある「やりがい」でもあるのです。

つまり、航空管制官という職業は、一度試験に合格すれば安泰というわけではなく、常に新たな挑戦が待っているという「大変さ」があるのです。


ドラマとの現実とのギャップがありまくり

ドラマや映画で描かれる航空管制官の仕事。その魅力に憧れ、自分もなりたいと思う方は少なくないでしょう。特に2012年にフジテレビ系で放送された『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』は、航空管制官の仕事をリアルに描いており、多くの人々に航空管制官への興味を持たせました。

しかし、ドラマと現実とはギャップが存在します。その理由の一つとして、航空管制官の仕事がドラマのような華やかさやスリリングな雰囲気だけではないことが挙げられます。実際の航空管制官の仕事は非常に大変で、ドラマで描かれるようなキラキラした雰囲気ばかりではありません。

特に、航空管制官の業務は管制塔だけではなく、航空情報、航空気象、航空路、滑走路やタクシウェイの整備等、普通のビルでの業務も多々あります。このようなビルでの業務は、ドラマで描かれる航空管制官のイメージとは異なり、一見地味な印象を受けるかもしれません。しかし、これらの業務もまた航空の安全を保つためには必要不可欠なものであり、航空管制官としての重要な役割を果たしています。

また、現実の航空管制官の仕事は、その責任の重さやプレッシャーも大変大きいです。数百人、時には数千人の命を預かる仕事であり、一瞬の判断が重大な結果をもたらす可能性があります。このような状況下で冷静に判断し、的確な指示を出し続ける必要があります。そのような重圧の下で働き続けることは、想像以上に大変なことです。

おわりに


さて、これまでに航空管制官の大変さについて多角的に解説してきました。不規則な生活リズム、連続した試験の難易度、業務資格の必要性、そしてドラマと現実のギャップ。これらはすべて、航空管制官という職業が持つ困難さの一部を示すものです。

しかし、その一方で、航空管制官が直面するこれらの問題や課題が、彼らの仕事をより重要なものにしているのも事実です。それぞれのフライトが安全に目的地にたどり着くためには、彼らの尽力が欠かせません。

なお、この記事を通じて、皆さんが航空管制官の大変さについて理解を深めることができたら嬉しいです。そして、次に飛行機に乗る際には、見えないところで努力を続けている航空管制官たちに思いをはせてみてください。

それでは、今後も安全な空の旅を楽しんでください。そして、その旅路を支えている航空管制官への敬意を忘れないでください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X