ENGLISH WORK公式

翻訳家は食えなくなる7つの理由:ChatGPTヤバすぎ

  • 投稿日時:8か月前

あなたが英語を学び、それを使った仕事に興味を持っているなら、翻訳家という職業はきっと一度は頭をよぎったことでしょう。しかし、私たちは現代社会の進行とともに、ある大きな変化に直面しています。それは人工知能(AI)の進化です。AIの進化は、私たちのライフスタイル、仕事のやり方、さらには働き方そのものに多大な影響を及ぼしています。そして、その影響は翻訳業界も例外ではありません。

本記事では、翻訳業界が直面するこれからの課題と、その背後にある要因について解説していきます。具体的には、「食えなくなる」という厳しい現実が翻訳業界に迫っていること、その背後にはAIの進化やレッドオーシャン化といった要素が存在することについて掘り下げていきます。

まずは、その具体的な現状と背景を理解し、次に何が求められるのかを考えてみましょう。未来の翻訳業界を見据え、適切な戦略を立てることが求められます。それが、翻訳業界で生き残るための第一歩です。


翻訳家は食えなくなると言われる7つの理由

すでに機械翻訳のレベルが高い

これからの時代、私たちの言葉の壁を越える最大の助けとなるであろう、この機械翻訳の可能性を一緒に探っていきましょう。

私たちが言う「翻訳家が食えなくなる」というのは、ちょっとネガティブな表現かもしれませんが、それはある現実を指しています。翻訳家が直面している大きな課題とは、その仕事が機械に置き換えられつつあることです。DeepLやGoogle翻訳のような先進的な機械翻訳ツールがすでに非常に高度なレベルに達しているからです。

例えば、日本語から英語への翻訳を考えてみましょう。もしDeepLやGoogle翻訳を使ったことがあるなら、それらのツールがどれほど優れた文章を生成するかをご存知でしょう。翻訳家が手がけるよりも、その精度はしばしば高いものです。当然、全てが完璧ではありません。英語から日本語への翻訳時には、まだ違和感を感じる部分や誤訳が存在します。

しかしその点についても、最新の研究によると、数年以内には大幅な改善が見込まれています。つまり、この機械翻訳の進化がもたらす影響は、私たちの想像を超えているかもしれません。今や機械翻訳が人間の翻訳家以上の精度を達成する日も近いというのが現実なのです。


翻訳家の脅威として現れたAI – ChatGPTの影響力

まず最初に明確にしておきたいのは、「翻訳家が食えなくなる」という言葉が私たちの口から出る理由が、単に機械翻訳が進化してきたからだけではないということです。もう一つ、翻訳家の職を揺るがす存在があるからなのです。それが人工知能(AI)「ChatGPT」です。

ChatGPTは翻訳家の仕事を脅かすだけでなく、その存在は翻訳家が食えなくなる可能性を具体的に示しています。そしてそれは一部の翻訳家だけでなく、すでに大半の翻訳家にとって現実になりつつあります。

なぜChatGPTがそんなに強力なのか?それはその凄さを目の当たりにしたことがある方なら理解していただけるでしょう。人間らしい、感情豊かで深い文章を生成する能力がChatGPTには備わっています。

翻訳とは、基本的には内容全体を理解した上で、あなたが持っている知識を総動員して、最適な言葉を当てはめていく作業です。人間ならではの発想力や感性が問われる仕事ですよね。しかし、そこでChatGPTの能力が活かされます。人工知能としてのChatGPTは、膨大な情報量を処理し、さらには数学や物理、文学、芸術などありとあらゆる分野の知識を活用して最適な翻訳を提供します。

さらに、ChatGPTは情報量だけでなく、アクセスできる知識も人間よりも遥かに広大です。物忘れをすることなく、一貫した理解力を持ち、条件に応じて最適な情報を選び出せます。この点において、人間はAIに対して不利です。

ここに来て、我々は「人間の情報量」「英語力」「日本語力」等、翻訳に関わるあらゆる点でAIに劣ることを理解しなければなりません。これらの事実から、大半の翻訳家にとって、人工知能に対抗することはもはや困難であると言わざるを得ません。

このように、AIが翻訳の世界で果たす役割は、現在の翻訳家が食えなくなる可能性を増大させています。これは決して遠い未来の話ではなく、すでに私たちの現実として迫っている問題なのです。


人間よりも人間らしい存在 – ChatGPTの驚異

いまや、「翻訳家が食えなくなる」という議論が現実味を帯びてきています。その理由は、単純に技術の進化や労働市場の変化だけではなく、その根底には「人間にしかできないこと」が実はないということが明確になってきたからなのです。

一昔前までは、翻訳機を使っても、文脈を理解することや、細かいニュアンスを把握することが難しいという課題がありました。しかし、AIの進化とその象徴であるChatGPTの出現により、この状況は大きく変わりました。

ChatGPTは、「人間にしか理解できない」と思われていたニュアンスまで理解することが可能です。しかも、その理解力は人間のそれを超える可能性があるのです。例えば、一部分だけ見ると曖昧な表現や、明確に記述されていない隠れた意味も、全体の文脈をもとに理解し、適切な翻訳を提供します。

また、AIには「人間のミス」を指摘する能力もあります。原文にミスがあったとしても、全体の文脈からその誤りを察知し、適切な修正を加えることができるのです。この能力は、翻訳において非常に重要な点であり、これまで人間の翻訳家が長年にわたり培ってきたスキルをAIが凌駕してしまっているのです。

具体例をお話ししましょう。ここでは、文化的なニュアンスと感情的なニュアンス、そしてダブルミーニング(二重の意味)の3つの項目について、それぞれChatGPTがどのように理解しているかをご説明します。

  1. 文化的なニュアンス: 例えば、ある英語の表現「Break a leg」は文字通りに訳すと「足を折れ」になりますが、実際には「頑張って」や「成功を祈る」という意味が含まれています。これは劇場の俳優に対する一種のジンクスや迷信からきた表現で、このような文化的背景を理解しなければ適切に翻訳することはできません。ChatGPTはこのような特定の文化圏に根ざした表現を適切に理解し、適切な日本語に翻訳する能力を持っています。
  2. 感情的なニュアンス: 英語のフレーズ「I’m fine」は、文脈によっては「私は大丈夫」という字義通りの意味になるだけでなく、「何も話したくない」や「私は実際にはうまくいっていない」など、感情的なニュアンスを含む場合があります。ChatGPTは、文脈からこれらの感情的なニュアンスを読み取り、適切な日本語に翻訳することが可能です。
  3. ダブルミーニング(二重の意味): 英語の表現には、一つのフレーズが複数の意味を持つことがよくあります。例えば、「I’m feeling blue」は「私は青を感じている」の文字通りの意味に加えて、「私は憂鬱だ」という意味もあります。このようなダブルミーニングを理解し、翻訳するには、全体の文脈や言葉の遣い方、表現の慣用句などを総合的に理解する必要があります。ChatGPTはその全てを網羅し、最も適切な翻訳を提供することができます。

以上のような具体例からも、ChatGPTが「人間にしか理解できない」と思われていたニュアンスまで理解することが可能であることが明らかになります。

さらに、ニュアンスを理解するということは、それを表現する力も持っているということです。翻訳とは、言葉を単純に置き換えるだけではなく、その背後にある意味や感情、文化的背景を理解し、それを別の言語で表現する能力を要します。その点において、ChatGPTは人間以上の表現力を持っています。


もはや大半の翻訳家よりも創造性を持つAI

皆さんがご存知のように、翻訳家という職種は、AIの台頭により食えなくなる可能性が増しています。私の見解を少々辛辣に述べますと、それはAI、特にChatGPTのクリエイティビティが、人間を遥かに超越しているからです。

そもそも「クリエイティビティ」とは何でしょうか。これは一般的には「創造力」や「独創性」を意味しますが、その根源は実は模倣から生まれるものです。知識を吸収し、その上で独自の解釈やアイデアを生み出す、それがクリエイティビティです。そう考えると、AIがクリエイティビティを持つことが不思議ではありません。

一昔前までは「AIにクリエイティビティはない」と言われていましたが、その見解はChatGPTの登場によって覆されました。なぜなら、ChatGPTは人間が一生かけても到達しきれない膨大な知識を瞬時に吸収し、それを用いて新たな文章を生成することができるからです。

これはまさしくクリエイティビティの究極の形であり、人間が発揮することのできないレベルの創造力です。それぞれの知識をつなげ、互いに関連付け、新たな視点を生み出すことで、ChatGPTはまさに「創造的な翻訳」を提供します。このようなAIのクリエイティビティは、結果的に翻訳家の仕事を食う可能性があります。


1割の優秀な翻訳家に仕事が集中するから、普通の翻訳家は食えなくなる

それでは、”1割の優秀な翻訳家に仕事が集中するから、普通の翻訳家は食えなくなる”というテーマでお話しします。

ここ数年で翻訳業界が大きく変わりつつあります。人間とAIが競い合うこの時代、翻訳家たちは「食えなくなる」という状況に直面しているのです。AIが翻訳をこなすスピードと精度があまりにも速く、高いため、多くの翻訳家がその影響を直に感じています。

しかし、すべての仕事がAIによって奪われるわけではないのも事実です。例えば、心に響くような文章や、独特の表現を要する場合、人間の翻訳家がその役割を果たします。また、AIが書いた文章も、人間が書いた文章と同様に編集の作業が必要となるため、一部の翻訳家は今後も必要とされるでしょう。

ただし、ここで注意が必要なのは、これらの仕事が翻訳業界全体から見れば一部であるということです。そして、それらの仕事はレベルが高い仕事となるため、その資格や技術を持つ翻訳家はごく一部となります。つまり、多くの「普通」の翻訳家から見れば、仕事の機会が減り、「食えなくなる」可能性が高まるのです。

また、能力の高い翻訳家がAIを活用することで、一人当たりの作業量が大幅に増えます。彼らはAIを上手く使いこなし、そのスピードと精度を最大限に活用することで、更に大量の仕事をこなすことが可能となるでしょう。結果として、これらの優秀な翻訳家が市場の大部分を独占することになり、多くの翻訳家が生計を立てるのが難しくなるという事態が考えられます。


英語以外のスキルが身につきにくいから、翻訳家は食えなくなる

翻訳の仕事は、英語力を活かしたい人にとっては非常に魅力的でしょう。高い英語力を持つ人だけができる仕事というイメージもあります。しかし、ここに一つ大きな問題が存在します。それは、AIの進化により、英語力がコモディティ化しているという事実です。「食えなくなる」と言われる理由の一つがここにあるのです。

コモディティ化とは、製品やサービスが一般化、標準化することを指します。英語力がAIの発展により一般化すると、英語力だけを武器にしてきた翻訳家は、その価値を大きく失うこととなります。これは、翻訳家が「食えなくなる」という現実に直結する問題なのです。

そこで問われるのが、翻訳者としての英語力以外のスキルです。しかしながら、そのスキルは他で活かすことができるでしょうか?具体的には、プロダクト制作、営業、宣伝、集客など、ビジネススキル全般が問われることとなります。これらのスキルは、自分で個人でビジネスをしたり、複業をするのが一般的な現代社会においては、必要不可欠とも言えるでしょう。

しかし、翻訳家として働くだけでは、これらのスキルはなかなか身につきにくいのが現状です。英語力以外のスキルが乏しいということは、仕事の幅が狭まり、結果として「食えなくなる」リスクが増大すると言えます。

翻訳家が生き残るためには、単に英語力を高めるだけでなく、多岐にわたるビジネススキルを磨くことが求められます。


優秀な人ばかりのレッドオーシャンだから食えなくなる

翻訳業界は、その性質上、優秀な人材が集まりやすい一方で、仕事量の限界があるという特徴を持っています。それは「食えなくなる」という問題につながります。

英語を習得した人たちの中には、自身のスキルを生かすために翻訳家になりたいと考える人も多いでしょう。そして、英語力が高いということは、それだけで一定の頭脳を持っているという証です。これらの人々は、英語力だけでなく、一般的な仕事力も高いことが多いです。

しかし、そこで問題となるのが、翻訳業界での差別化が難しいという現状です。つまり、翻訳業界は「レッドオーシャン」状態にあると言えるのです。その結果、翻訳家を選ぶ基準は、限られた要素、「英語力」「実績」「仕事力」「知名度」に依存することになります。しかし、これらの選考基準で他の翻訳家と差をつけることは容易ではありません。

そして、この困難さがさらに深刻化するのが、AIの影響です。AIの進歩により、翻訳の仕事量自体が減少してしまうという現実が待っています。これが「食えなくなる」という現実につながるのです。

このような状況下で、翻訳家として生き残るためには、何が求められるのでしょうか。それは、単に「英語力」を磨くだけでなく、「実績」を積み重ね、「仕事力」を強化し、「知名度」を上げる努力が必要となります。そしてそれ以上に、今後ますます重要になるのが、AIとの共存の道を模索することだと言えるでしょう。

おわりに:「食えなくなる」を避けるには?


以上、翻訳業界がこれから直面しうる問題とその解決策についてお話ししました。一見すると、AIの進化やレッドオーシャン化のせいで翻訳家は「食えなくなる」という状況が訪れるように感じられるかもしれません。しかし、それは一面的な視点であり、変化への適応と新たなスキルの習得によって、克服できる挑戦です。

新たな時代に求められるスキルや知識を身につけ、自身の立ち位置を再定義することが重要となります。例えば、AIと協働する能力や、複業のスキル、さらには他の専門知識を持つことが求められるかもしれません。また、翻訳家としての専門性を深めることも重要な選択となるでしょう。

そして、私たちが常に忘れてはならないのは、どんなにAIが進化しても、人間ならではの感情や感性、洞察力を持つことができないということです。これらは私たちが創造する価値の源泉であり、未来の翻訳業界でもきっと重要な要素となるでしょう。

これからの時代、技術の進歩に対応しつつ、それぞれが持つ独自性と人間性を活かした働き方が求められることでしょう。翻訳業界の未来は、私たち一人一人がその中でどう生きるかによって形成されます。この記事が皆さんの未来への一歩を踏み出す助けになれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X