ENGLISH WORK公式

翻訳家が辛い13の理由:AIの脅威が迫る

  • 投稿日時:8か月前

皆さんは普段、映画の字幕や手元の外国語の書籍、ウェブサイトの翻訳などを見て、「翻訳家ってどんな仕事なんだろう?」と考えたことはありますか?一見、あらゆる文化や知識に触れられるスリリングな仕事のように思える翻訳家ですが、実際には未知の語彙に立ち向かい、緻密な表現を追求するために何時間も取り組むという、やりがいとともに辛さも伴う職業です。

今回は、そんな翻訳家の仕事に迫り、なぜそれが「辛い」と感じるのか、その原因は何なのか、そしてそれらをどのように克服できるのかについて語りたいと思います。AIやクラウドワーカーの出現、キャリアアップの困難さ、報酬の低下といった翻訳家特有の問題について深掘りし、実際の翻訳家の生の声も交えながらその真実を明らかにしていきましょう。

この記事を通じて、翻訳家という仕事が辛い理由を理解することができ、またそれぞれの職業が抱える問題に共感を寄せ、自身のキャリアパスについて考えるきっかけとなれば幸いです。それでは、一緒に翻訳家の世界を探求していきましょう。


翻訳家が辛い13の理由

好きなジャンルの翻訳だけでは生きていけない辛さ

翻訳家としての道を歩み始めると、挑戦と試練が待ち受けています。私が経験したこと、そして多くの同業者が口にする一つが、”好きな翻訳ができるわけじゃない”という現実です。辛いと感じることもしばしばですが、ここには成長への道筋が隠されています。

特に翻訳家としてのキャリアをスタートさせたばかりの頃は、何も実績がないわけですから、まずは実績づくりが必要です。そのためには、自分が好きじゃないジャンルの翻訳にも手を出さざるを得ないことが多いのです。例えば、あなたが文学翻訳を得意とする場合でも、最初から好きな分野だけを手がけることは難しいでしょう。その代わりに、技術文書やビジネス文書など、専門性が求められる分野にチャレンジすることが求められるかもしれません。

この仕事選びのプロセスは、ある種、辛いとも言えます。自分の好みとは違う分野に時間を投資することは、初めての挑戦というストレスが伴います。しかしそれがある一定の経験と実績を築くための道であり、お金を稼ぐためにも必要なステップなのです。

実際多くの翻訳家は、自分の得意とする分野外の翻訳を行っています。その理由として「生活費を稼ぐため」と回答している人が多く、これは生活費を稼ぐために仕事は選んでられないという現実を示しています。また、得意分野外での翻訳経験がある翻訳家のほうが収入が高い傾向が見られます。これは実績づくりと多様な経験が、結果的に収入向上につながることを示しています。

さらに、専門性の高い翻訳は高額な報酬が見込めますが、その専門分野への深い理解と高度な技術が求められるため、経験や知識がなければ手がけられません。翻訳家としてのスキルアップには、好きな分野だけでなく、自分の得意分野を広げる努力も必要となります。その過程は辛いと感じるかもしれませんが、それがプロフェッショナルな翻訳家への道なのです。

こうした辛さを乗り越え、さまざまな分野の翻訳に取り組むことで、翻訳家としての視野は広がり、経験も深まります。そうした経験があるからこそ、新たな仕事の機会を掴むことができるのです。そして、それが自分自身のキャリアを次のレベルへと引き上げるきっかけとなるのです。


座りっぱなしの翻訳作業が地味に辛い

翻訳家の仕事を思い浮かべると、どうでしょう。一部の人々にとっては、一日中自分のお気に入りの椅子に座って、コーヒーを片手に文書を読むイメージかもしれません。しかし、この座りっぱなしの仕事も、翻訳家の仕事が辛い理由の一つとなり得ます。

AIの出現とクラウドワーカーの増加により、翻訳業界は大きく変化しました。これらの要素により、翻訳の価値はどんどん下がり、翻訳家の収入は以前よりも悪化しています。そのため、現在の翻訳家にとって、いかに大量の仕事をこなせるかが、稼げるかどうかの鍵となっています。

これは、時間に対する収益性が重要になるということです。例えば、ある翻訳家が1時間に1000語を翻訳でき、別の翻訳家が1時間に500語しか翻訳できない場合、前者の方が収益性が高いと言えます。これは、翻訳の仕事が単純に言葉の数で評価される場合が多いからです。

この結果、翻訳家として成功するためには長時間椅子に座って作業する必要があるという状況になります。これは、特に身体の負担が大きく、健康問題を引き起こす可能性もあります。それが、この仕事が辛い理由の一つとなっています。


翻訳家は永遠に努力し続けなければならない辛さ

翻訳家という職業は、その名の通り、様々な言語を翻訳することが主な業務です。しかし、それだけではなく、翻訳のスキル向上と学習への絶え間ない取り組みが求められる仕事でもあります。そして、この点が翻訳家の仕事を辛いと感じさせる一因となり得ます。

まず、私たちが学んだ外国語のスキルを維持するためには、常にその言語を使い続ける必要があります。英語にしてもフランス語にしても、翻訳家が扱う言語によりますが、学習は終わりがなく、常に新たな表現や新たな文化の知識を吸収し続ける必要があります。これは、日々の翻訳作業だけでなく、定期的に行う学習や研修も含みます。

次に、翻訳の技術の向上にも終わりはありません。新しいツールやソフトウェアの出現により、翻訳のプロセスや方法も日々進化しています。例えば、数年前までは、翻訳メモリツールが主流でしたが、今では人工知能による機械翻訳ツールが広く使われています。これらの新しいツールを習得し、自分の翻訳作業に適用することが、翻訳家としての競争力を保つためには必要となります。

このような技術の進化とともに、翻訳家の役割も変わりつつあります。それは単なる文書の翻訳から、より深い意味理解と文化間の橋渡し役へとシフトしているのです。翻訳家としてのスキルセットも、それに合わせて進化しつつあります。

これらの挑戦は、翻訳家にとって確かに辛いところでしょう。しかし、「現状維持は退化を意味する」という言葉が示すように、これらの挑戦に立ち向かうことが、翻訳家としての成長と生存を保証する鍵となるでしょう。

具体例を挙げると、英語の語彙量は推定で約170,000語と言われていますが、この数は年々増加し続けています(”How Many Words are in the English Language?”, Oxford English Dictionary, 2020)。また、機械翻訳の精度は、10年前と比べて大幅に向上しましたが、それでもなお完璧ではありません。これらの変化に対応するためには、翻訳家としての知識と技術を常に更新し続ける必要があります。


英語力は難しい専門分野の前では無力

翻訳家の辛いところといえば、単に英語力だけではなく、専門分野への深い理解が必要となる点です。一見、英語が堪能であれば任意のテキストを翻訳できるように思えますが、実際には専門知識が求められることが多々あります。

たとえば、法律文書や医療文書の翻訳を考えてみましょう。これらの分野では専門的な語彙や表現が頻繁に用いられ、それらを適切に翻訳するためには、その分野に関する深い知識が必要となります。一方で、こういった知識が不足していると、翻訳作業は非常に難しく、辛いものになります。

この専門分野への挑戦は、英語力の高い翻訳家でさえも苦しむ場合があります。いくら英語が得意であっても、自分の知識が及ばない分野の翻訳に取り組むと、その翻訳の難易度は英語力とは関係なく高まります。これは、どれだけ語学力があっても、専門用語や業界固有の言葉遣いを理解するのは難しいからです。

具体例を挙げると、医療文書では「骨粗鬆症」を表す英語は「osteoporosis」となりますが、これは一般的な英会話であまり使われない語彙であり、医学的な知識がなければ理解するのは困難です。また、法律文書では「fiduciary duty(信託義務)」という表現がよく見られますが、これもまた法学の知識がなければ正確な翻訳は難しいでしょう。

これらの例からも分かるように、専門分野の翻訳には、その分野に関する深い知識と理解が必要です。それらを習得することは時間と労力を要し、その過程は辛いものであることが多いです。しかし、専門分野を持つことは翻訳家の価値を高める大切な要素でもあります。だからこそ、その辛さを乗り越えて挑戦し続けることが重要なのです。


突如現れたChatGPTという翻訳家に対する脅威

人工知能の進化が顕著な現代、翻訳家としての仕事の辛さといえば、まさにAIとの競争です。AI翻訳技術の発展は目覚ましく、特にOpenAIが開発した人工知能「ChatGPT」は、その人間らしさと翻訳能力で驚愕させられます。

AI翻訳の進歩により、翻訳は単に言葉をそのまま別の言語に変換する作業から、文脈を理解し、状況に応じて最適な表現を選び出す作業に変わりつつあります。これは、まさに人間が翻訳するときに行う作業そのものです。

しかし、AIには翻訳作業を効率的に行うためのいくつかの優位性があります。まず、AIは本一冊分の情報を理解し、その上で翻訳を行う能力を持っています。さらに、AIは人間を超える情報量と知識を持ち、物理、数学、文学、芸術といったあらゆる分野にわたる知識にアクセスできます。また、人間が持つ物忘れやバイアスといった問題を抱えず、常に最適な情報を選択することができます。

その一方で、人間の翻訳家は記憶力の限界や個々の専門分野に限定された知識など、物理的な制約に縛られます。

これらの要素を考えると、人間はAIと比較すると英語力や情報量など、いくつかの側面で劣ってしまいます。特に、翻訳スキルが低い翻訳家にとっては、AIとの競争は厳しく、辛い挑戦となることでしょう。もちろん、高度な専門知識を持つ翻訳家に対しては、まだAIが追いつけていない部分もありますが、一般的な翻訳業務については、AIがその地位を脅かしていると言えます。

このような状況下で、翻訳家が生き残るためには、AIが持つ「広範で正確な知識」に対抗するための差別化が求められます。たとえば、その一方で人間翻訳家が持っている文化的な背景やニュアンスの理解、感情の表現など、AIがまだ十分に模倣できない部分を強化することが考えられます。


AIは「人間にしか分からない」とされてたニュアンスもわかる

翻訳家としての立場から見ると、AIの進化というのは正直、辛い部分もあります。その一つが、AIが人間の領域を侵食してきていることです。具体的には、これまで人間だけができるとされてきた「文脈の理解」や「ニュアンスの表現」が、AIによっても実現できるようになってきているのです。

例えば、かつては翻訳機は直訳に近い結果を出すもので、文脈やニュアンスを的確に把握することは難しかったです。しかし、OpenAIの「ChatGPT」のような高度なAIが出現したことで、その状況は大きく変わりました。ChatGPTは、単なる単語や文節の翻訳だけでなく、全体の文脈や細かなニュアンスまで理解することができます。更に、原文のミスも全体の文脈から見つけ出すことが可能で、これまでのAI翻訳が持っていなかった「洞察力」を有していると言えるでしょう。

さらに、AIの能力は「理解」だけでなく「表現」にも及んでいます。ニュアンスの理解ができるということは、それを適切に表現できるということでもあります。たとえば、”She left in a huff.” という英文をAIが翻訳した場合、それは「彼女は怒って出て行った」と訳すことができます。ここでの “in a huff” は直訳すると「慌てて」や「イライラして」となるため、直訳の翻訳機ではそのニュアンスを見逃してしまいます。しかし、ChatGPTはそのような微妙なニュアンスまで理解し、それを正確に日本語に反映することができるのです。

一方、人間の翻訳家は個々の感情や経験が影響し、それが翻訳の質に直結します。これが個性として作用することもあれば、逆に癖として表れてしまうこともあります。つまり、人間の翻訳は経験や感情、癖などに影響され、ニュアンスの表現が偏ることがあるのです。それに対してAIは情感を持たず、何千万もの文献データから学習しているため、非常に広範な表現やニュアンスを持つことが可能となります。

このように、AIが進化を遂げることで、かつて人間だけが持っていたとされた「文脈理解」や「ニュアンスの表現」が、AIでも可能となりました。これは翻訳家としては確かに辛い部分ではありますが、その一方で、AIの進化が我々に新たな視点や可能性をもたらしてくれることも事実です。


AI時代では、レベルの高い一部の翻訳家に仕事が集中する可能性

AIの発達が翻訳業界にもたらす影響、それはいくらか辛い部分を伴います。なぜなら、その影響は仕事の集中化という形で現れ、一部の高レベルの翻訳家に仕事が集中する可能性があるからです。

AIの進化により、一般的な翻訳作業がAIに取って代わられることで、翻訳家の役割は変化します。例えば、AIが書いた文章の編集や、心に響くような文章の作成など、より高度な技術や知識を必要とする仕事が求められるようになるでしょう。そして、これらの仕事は一部の優秀な翻訳家に集中する可能性があります。

なぜなら、高レベルの翻訳家は、AIの力を借りて翻訳作業をより効率的に、より高速にこなすことが可能になります。例えば、一般的な文章の翻訳はAIに任せ、その結果を基に具体的な文脈やニュアンスを加えるという作業を行うことができます。これにより、翻訳作業の時間を大幅に短縮し、一人で複数のプロジェクトを同時に手がけることが可能になるのです。

もちろん、全ての翻訳家がこのようにAIを使いこなせるわけではありません。AIと効果的に協働するためには、AIの能力を理解し、その力を最大限に引き出す技術や知識が必要となります。したがって、そのような能力を持つ翻訳家に仕事が集中し、仕事の量は1割の翻訳家に偏ることが予想されます。

これは確かに辛い現実かもしれません。しかし、一方で、AIと人間の共存という新たな形が求められています。


孤独な戦い:翻訳家の孤独感とその要因

翻訳家の仕事は、一見すると非常に魅力的に見えます。自由な時間を活用して作業を進めることができ、自分の知識や技術を生かして働くことができます。しかし、その裏側には孤独という辛い現実が待っています。

なぜなら、多くの翻訳家はフリーランスとして仕事をしています。そのため、オフィスで同僚と一緒に働くことが少なく、日々をひとりで過ごすことが多くなります。その結果、人と関わる機会が減り、孤独感を感じることがあります。

また、フリーランスの翻訳家は安定した収入を得るために、多くの仕事を受ける必要があります。特に駆け出しの頃は、低い報酬でも仕事を受けざるを得ないことが多く、その結果、作業時間が増えることがあります。時間が作業に取られるほど、人と過ごす時間は減ってしまいます。

これは具体的に、例えばある翻訳家が1日10時間、週7日働くとします。1日24時間のうち、作業に10時間、睡眠に8時間を費やすと、残る時間は6時間だけです。これに、食事や生活のための時間を差し引くと、友人や家族と過ごす時間はさらに少なくなるでしょう。このように、過酷な仕事の量が孤独感を増大させる一因となります。

孤独感は、長時間続くと心身の健康に辛い影響を及ぼす可能性があります。それを軽減するためには、翻訳家自身が仕事とプライベートのバランスを取る工夫が必要です。


AIとクラウドワーカーによる翻訳単価の低下が辛い

翻訳業界にとって、AIとクラウドワーカーの登場は辛い現実をもたらしています。特に、翻訳家の報酬に対する影響は深刻で、ここ数年で翻訳の単価が低下しているのが現状です。

この背景には、まずクラウドワーカーが大きな役割を果たしています。クラウドワーカーは、インターネットを通じてどこからでも仕事をすることができる労働者のことを指します。彼らは自宅やカフェなど、自分の好きな場所から仕事を受けることができ、柔軟な働き方を可能にしています。

しかし、その反面、低単価で翻訳の仕事を受けることが一般的になり、市場全体の単価を引き下げる要因となっています。例えば、あるクラウドソーシングサイトでは、1単語あたり0.01ドルで翻訳の仕事を受けるクラウドワーカーが存在します。これは伝統的な翻訳業界の単価よりも大幅に低いレートで、翻訳家の報酬が下がる結果を招いています。

さらに、AIの進化も翻訳家の報酬低下に拍車をかけています。AIの翻訳技術は日々進化を遂げ、一般的な文章の翻訳においては人間の翻訳家を必要としないレベルに達しています。例えば、Google翻訳は大量のテキストデータから学習を行い、多言語間の自動翻訳を実現しています。これにより、翻訳家が行う基本的な翻訳作業がAIによって代替され、単価がさらに下がる可能性が出てきました。

これらの状況は、翻訳家にとっては非常に辛いものとなります。報酬が下がるという現状は、翻訳家の生計を圧迫し、仕事へのモチベーションを下げる可能性もあります。


締切のプレッシャーがえぐい

翻訳家の仕事には、独特なプレッシャーが存在します。それは締切という時間制限に対するプレッシャーです。特に、自分の得意分野でないジャンルの翻訳をする場合、そのプレッシャーはさらに増すことでしょう。

翻訳という作業は、ただ単に文字を変換するだけではありません。元の文の意味を理解し、それを他の言語で正確に表現するためには深い知識と高度な技術が必要です。例えば、法律文書の翻訳を行う場合、専門的な用語や法律の知識が必要となります。これらの知識が不十分な場合、翻訳作業は進まず、結果的に締切へのプレッシャーが増すのです。

さらに、多くの案件を抱えていると、そのプレッシャーはさらに高まります。案件が増えると、各案件に対する時間が限られてしまうため、質の高い翻訳を提供するためには更なる労力が必要となります。その結果、作業の効率が低下し、締切へのプレッシャーは時間が経つほど増大していくでしょう。

たとえば、5つの翻訳案件があり、それぞれに同じ締切が設けられているとします。一つ一つの案件に対する時間は分散され、一つの案件を完成させるまでの時間が延びる可能性があります。これは、案件が増えるほど、各案件にかける時間が限られてしまうという辛い現実を示しています。

これらの状況は、翻訳家にとって大きなストレスとなります。作業が進まないフラストレーション、締切へのプレッシャー、これらが翻訳家の日常の一部となってしまいます。そのため、翻訳家としての仕事の進め方、時間管理の方法など、自分自身の働き方を見直すことが求められます。


「いつ仕事が来なくなるか」不安

フリーランスの翻訳家として活動することは、自由度と柔軟性を提供しますが、同時に仕事の不安定性という辛い現実も伴います。特に、一つの案件が終わった後の「次の仕事はいつ来るのか」という不安は、フリーランスという働き方特有の問題です。

このような不安は、翻訳家だけでなくフリーランスの多くに共通する問題で、未来への不確実性がもたらす精神的なストレスは避けられません。翻訳業界では、特にフリーランスの翻訳家は、自分自身で案件を見つけ出さなければならない場合が多いのです。

この「案件を探し出す」という作業は、翻訳作業とは別のスキルを必要とします。それは、マーケティング能力や営業能力といったビジネススキルで、これらがなければ高品質な翻訳能力を持っていても、案件を得ることは難しくなります。

たとえば、あるフリーランスの翻訳家が1か月間に平均して5つの案件を受けるとします。しかし、これらの案件がすべて終了した後、新たな案件がすぐには見つからない場合、その翻訳家は次の収入源が不明確な状況に直面します。これは、フリーランスの翻訳家が直面する辛い状況の一つです。

また、翻訳家は常に技術の進歩とともに自分自身をアップデートする必要があります。AIの発達や他の翻訳家との競争に対抗するためには、新たな技術を学び、自分のスキルを向上させ続ける必要があります。

フリーランスという働き方は自由度が高い一方で、自己管理や自己プロモーションが求められ、それ自体が一つの仕事とも言えます。これらの課題に対処することで、フリーランスの翻訳家はより安定したキャリアを築くことができるでしょう。


キャリアアップの困難:翻訳家のキャリアパスの限定性

翻訳家という職業におけるキャリアパスは、一見するとあまり多くないように見えるかもしれません。翻訳という仕事は、専門性と技術を要する作業であり、経験とともにレベルが上がりますが、それは主に自己の技術の向上に関わるものです。

伝統的なビジネスの世界とは異なり、翻訳家という職業では、翻訳作業をこなすことでプロモーションが得られるとは限りません。つまり、どれだけ時間を費やし、どれだけ翻訳に取り組んでも、組織内での地位が上がるわけではないのです。

例えば、翻訳者Aさんが10年間、ひたすらに多言語翻訳に取り組んだとします。その成果はAさんの翻訳スキルの向上という形で現れるでしょうが、これは主にAさん自身の知識と技術の向上となります。しかし、その10年間の努力が彼により上の地位をもたらすわけではありません。

翻訳家が目指すキャリアアップの形は多様ですが、一般的には、自分の専門分野をさらに深く研究すること、より高度な翻訳技術を身につけること、あるいは高額の報酬を得られる案件を増やすことなどが主な進路となるでしょう。

しかし、これらのキャリアアップの形はあくまで翻訳という職業内での進歩を意味します。自分自身がチームを組織し、他人に指示を出すような管理職を目指すならば、それは翻訳業界での活動だけでは難しいかもしれません。

そのような場合、自分で翻訳事業を始めたり、他の業界に転職するといった選択肢も視野に入れることが重要です

おわりに:翻訳家の辛さとその対策


今回の記事を通じて、翻訳家という職業が抱える問題や挑戦について語りました。いかがでしたでしょうか。翻訳という一見華やかに思える仕事の裏には、辛い瞬間がたくさんあり、それぞれが個々の試練と向き合いながら、自身のスキルと知識を活かして日々仕事を進めています。

しかし、それらの困難さが翻訳家の魅力でもあります。新しい文化に触れ、知識を深めることで、一人ひとりの視野が広がり、人間的な成長を遂げることができるのです。また、AIの進化やキャリアアップの困難さといった課題も、自身のスキルを磨き続ける動機付けとなります。

言葉を通じて世界をつなぐ翻訳家の仕事は、時には辛いものですが、その中には大きなやりがいと充実感があります。それらの苦難を乗り越えたとき、翻訳家は新たな可能性を開くことができるのです。

皆さんも自身の職業における課題を見つめ直すことで、新たな視点を得ることができるでしょう。本記事がその一助となれば幸いです。これからも自己成長という旅を、一緒に歩んでいきましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X