ENGLISH WORK公式

グランドスタッフなったのを後悔する10の原因

  • 投稿日時:8か月前

人生の中で、私たちが選択するキャリアは、その後の人生を大きく左右するものです。特に、グランドスタッフとしての道を選んだ多くの方々が、そのキャリアの中で「後悔」という感情に直面することが少なくありません。

この記事では、グランドスタッフとしての日常や業務の裏側、そしてその中で感じるであろう喜びや苦悩、そして「後悔」の原因となる要因について深く掘り下げていきます。キャリア選択は簡単なものではありませんが、真実を知ることで、より明確な選択ができるようになることを願っています。


グランドスタッフになったことを後悔する10の原因

お給料のホントの話 – 期待より少し低め?

皆さん、グランドスタッフというお仕事をご存知ですか?空港で働くスタッフのことを指します。彼らは私たちが安全に、そして快適に旅をするための大切な役割を果たしています。しかし、この仕事には見えない大変さがたくさん。その中でも、給料に関する部分が、実は多くの人が後悔するポイントとして挙げられているんです。

さて、具体的にどれくらいの給料なのかというと、羽田空港の国内線での給料は約190,000円~220,000円、国際線では約190,000円~240,000円程度。これを見ると、一見、まあまあの額に見えるかもしれませんね。しかし、この仕事の内容を考えると、ちょっと考え直す必要があるかもしれません。

グランドスタッフの仕事は、とても多岐にわたります。チェックインカウンターでの業務、搭乗ゲートでの対応、そしてお客様のサポート。これらの業務は、早朝から深夜まで、そして時には休日も含めて行われることが多いのです。さらに、覚えることも多く、日々の業務は決して楽なものではありません。

そう考えると、この給料は少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。特に、重労働でありながら、給料が期待よりも低めであることが、後悔の原因となることも。実際、この給料の安さが、グランドスタッフとしてのキャリアを続ける上でのモチベーションを下げる要因となっていることもあるようです。

もちろん、給料だけが仕事の魅力ではありません。グランドスタッフとして働くことで得られる経験や、人との出会い、そして何よりもお客様の笑顔を間近で見ることができる喜びもあります。しかし、給料というリアルな部分を無視することはできません。

結論として、グランドスタッフとしての仕事に魅力を感じる方も多いでしょう。しかし、給料面をしっかりと考慮し、自分自身の価値観や生活スタイルと合わせて、この仕事を選ぶかどうかを検討することが大切です。後悔しないキャリア選びをするために、情報をしっかりと収集し、冷静に判断することが求められますね。


女社会の裏側 – 陰湿な人間関係ってホント?

空港の賑やかな雰囲気、飛び交う多国籍の言葉、そして、スマートな制服を着たグランドスタッフの姿。一見、華やかに見えるこの業界ですが、実は裏には知られざる事実が隠されていることも。特に、女性が多く働くグランドスタッフの間で、後悔の原因となることがあるのが、その人間関係です。

ネット上では、グランドスタッフの仕事に関するさまざまな経験談が共有されています。中でも、女性同士の陰湿な人間関係についての声が目立ちます。例えば、「先輩社員に気を遣わなければならず、先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある」という声や、「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩社員がいる」という声。更には、「自分を守るためなら平気で嘘をつく」という声まで。

これらの声を見ると、一部のグランドスタッフの間で、陰湿な人間関係が築かれていることが伺えます。もちろん、尊敬できる優しい方もたくさんいらっしゃるのですが、同じくらい人間性を疑うような人も存在するのが現実。

では、なぜこのような人間関係が築かれてしまうのでしょうか。一つの要因として、グランドスタッフの仕事が非常にストレスフルであることが挙げられます。お客様の対応や、飛行機の遅延、欠航などのイレギュラー対応など、日々の業務は決して楽なものではありません。そのストレスが、間接的に人間関係のトラブルとして現れることもあるのかもしれません。

結論として、グランドスタッフとしての仕事は、確かに魅力的な面も多いですが、人間関係の面での悩みも少なくありません。後悔しないキャリア選びをするためには、このようなリアルな情報もしっかりと把握しておくことが大切です。


意外と重労働なグランドスタッフ業?

空港のグランドスタッフと言えば、スマートな制服に身を包み、笑顔でお客様をお迎えするイメージが強いですよね。しかし、その裏側には、予想以上の重労働が待っていることを知っていますか?実は、この仕事を選んだ多くの人が、後悔する原因として「重労働」を挙げているんです。

まず、チェックインカウンターでの業務を考えてみましょう。お客様が持ってくるスーツケース、これがなんと20kg以上もあることが珍しくありません。そして、これを1日に何十回も持ち上げることが求められるのです。筋トレをしていないと、ちょっとキツイかもしれませんね。

さらに、空港内は広大。グランドスタッフは、チェックイン業務が終わったら搭乗ゲートまで向かい、その後再びチェックインカウンターに戻るという動きを繰り返します。これだけでも、1日でかなりの距離を歩くことになるのです。そして、搭乗時間になっても来ないお客様を探すために、さらに空港内を探し回ることも。まるでマラソンランナーのような日常が、グランドスタッフには求められているのです。

このような日常を想像すると、グランドスタッフの仕事がどれだけ体力的に厳しいかが伝わってくるのではないでしょうか。確かに、この仕事には多くの魅力があります。しかし、その一方で、体力的な面での負担も大きいことは確か。後悔しないためにも、このような実情を知っておくことは非常に大切です。


24時間って、マジ!? – 生活リズムの大変さ

皆さん、24時間働くというのはどういうことだと思いますか?昼夜を問わず、常に働く環境。それが、グランドスタッフの現実です。この生活リズムの大変さが、実は多くの人が後悔するポイントとして挙げられているんです。

国際線の空港は、世界中からの飛行機が絶え間なくやってくるため、24時間稼働しています。それに伴い、グランドスタッフも24時間体制でのシフトが組まれることが多いのです。想像してみてください。早朝のシフトに当たれば、夜明け前から空港での業務開始。逆に、深夜のシフトであれば、多くの人が眠る時間に働くことに。

このような不規則な生活は、体にとってはかなりの負担。特に、一定の生活リズムを保つことが難しくなるため、自律神経が乱れる可能性が高まります。自律神経が乱れると、体調不良やストレス、不眠などの症状が現れることも。特に女性は、自律神経の影響を受けやすいと言われています。このような健康面でのリスクが、後悔の原因となることも少なくありません。

もちろん、24時間体制での勤務にはメリットもあります。夜勤手当や、昼間の時間を自由に使えるという利点も。しかし、その一方で、体と心の健康を維持するための工夫や努力が必要となります。

結論として、グランドスタッフとしての仕事は、生活リズムの面での課題が多いですが、それを乗り越えることで得られる経験や成長も大きいです。後悔しないためには、自分の体と心の状態をしっかりと把握し、適切なケアや対策を取ることが大切です。仕事選びは、自分の健康や生活スタイルを考慮しながら、情報をしっかりと収集し、冷静に判断することが求められますね。


クレームの嵐 – お客様は神様じゃない時も

「お客様は神様」とよく言われますが、実際の現場では、その神様が時々、雷を落としてくることも。特に、グランドスタッフの仕事は、航空会社の顔としてお客様と直接対応するため、クレームの対象となりやすいのです。このクレーム対応の難しさが、後悔する一因となることも少なくありません。

グランドスタッフとしての業務は、確かに華々しい部分も多いです。しかし、その裏側では、座席の変更を要求するお客様や、荷物の重量超過に関するトラブル、飛行機の乗り遅れなど、さまざまなクレームに対応しなければなりません。そして、その中には、実際にはお客様や会社のミスが原因であるにも関わらず、スタッフに対して怒りをぶつけるケースも少なくありません。

例えば、ある日、飛行機の乗り遅れたお客様が、自分のミスを認めず、グランドスタッフに対して大声で怒鳴る場面に遭遇したことがあります。その場面を目撃した他のお客様からは、同情的な視線がグランドスタッフに向けられていました。このような状況は、グランドスタッフとしての心の中で、後悔の念を感じる瞬間でもあります。

しかし、こうしたクレーム対応も、グランドスタッフとしての成長の一部。確かに、一部のお客様からのクレームは理不尽に感じることもあるかもしれませんが、その中で冷静に対応することで、コミュニケーション能力や忍耐力を養うことができます。

結論として、グランドスタッフの仕事は、クレーム対応の難しさがある一方で、その中での成長の機会も多いです。後悔せずにこの仕事を続けるためには、クレーム対応のスキルを磨くこと、そして何よりもお客様の立場を理解し、冷静に対応することが大切です。


覚えること、山ほど? – 仕事の多さに驚き

新しい仕事を始めるとき、覚えることの多さに圧倒されること、ありますよね?特に、グランドスタッフとしての業務は、その覚えるべき内容の多さで知られています。この仕事の多さと複雑さが、後悔する一因となることもあるんです。

まず、基本的なチェックイン業務や搭乗ゲート業務だけでも、その手順や注意点は数多く存在します。お客様のニーズに応じて、適切な対応をするための知識や技術が求められます。そして、それだけでは終わりません。飛行機の欠航や遅延など、予期せぬ事態が発生したときのイレギュラー対応も、その都度覚える必要があります。

さらに、細かい点で言えば、各航空会社のマイレージやクレジットカードの特典など、関連する知識も必要とされます。これらの情報は、時にはお客様からの質問として投げかけられることも。そのため、グランドスタッフとしては、常に最新の情報をキャッチアップし、それを正確に伝える能力が求められます。

このような多岐にわたる業務内容を考えると、新人の頃は「本当にこれを全部覚えられるのだろうか?」と不安になることも。実際、多くのグランドスタッフが、この仕事の多さと複雑さに圧倒され、後悔の念を感じることもあるようです。

しかし、一方で、これだけの業務内容をマスターすることで、自分の成長を実感することもできます。日々の業務を通じて、知識や技術を増やしていくことで、自分の自信も増していくのです。


頑張っても評価されない!? – 仕事の評価の難しさ

仕事を頑張っているのに、その努力が評価されない。こんな経験、皆さんも一度はしたことがあるのではないでしょうか?特に、グランドスタッフとしての業務は、その評価の難しさで知られています。この評価の難しさが、後悔する一因となることもあるんです。

グランドスタッフは、航空会社の顔として、お客様と直接接する重要なポジション。日々、お客様に最高のサービスを提供するために、心を込めて仕事をしています。しかし、仕事の性質上、どれだけ素晴らしいサービスを提供しても、それが直接的に会社の売り上げに影響するわけではありません。そのため、いくら頑張っても、会社からの評価や給料の上昇が期待できないのが現状です。

このような状況は、モチベーションを維持するのが難しくなることも。特に、自分の努力や成果が明確に評価される環境を求める方にとっては、後悔の原因となるかもしれません。

しかし、一方で考えると、仕事の評価は、会社からのものだけではありません。お客様からの感謝の言葉や、同僚との連携を通じて得られる達成感など、日々の業務の中で感じる小さな喜びも、大切な評価の一つです。


イレギュラーの連続 – 毎日が予測不可能

空港の背後には、多くのドラマが繰り広げられています。その中心に立つグランドスタッフは、毎日さまざまなイレギュラーな状況に対応しています。このイレギュラー対応の多さが、後悔の原因となることもあるのですが、実際のところ、どれほど大変なのでしょうか?

空港は、文字通り世界と繋がるゲートウェイ。そのため、天気や機材のトラブル、さらには国際的な事情など、さまざまな要因で飛行機の遅延や欠航が発生します。これらのイレギュラーな状況に、グランドスタッフは迅速かつ的確に対応しなければなりません。例えば、飛行機が遅延した場合、次の便への振替や宿泊手配など、お客様へのサポートが求められます。

このような状況は、予測が難しく、日々の業務がルーチンワークになりにくいのが特徴。一方で、このような環境は、柔軟な思考や即座の判断力を養う絶好の機会でもあります。しかし、連日のイレギュラー対応は、精神的・肉体的な負担が大きく、後悔してしまうスタッフも少なくありません。

もちろん、イレギュラー対応が多いからといって、グランドスタッフの仕事がネガティブなものだけではありません。お客様の旅行をスムーズにサポートする喜びや、チームでの連携を深める機会もたくさんあります。しかし、このような日常を知ることで、グランドスタッフとしての仕事を選ぶ際の参考にしていただければと思います。


転職時の壁 – 他業界でのスキル活用の難しさ

後悔という感情は、選択した道が自分にとって本当に正しかったのか疑問を持つ時に生まれるものです。グランドスタッフとしてのキャリアを選んだ多くの人々が、転職を考える際に直面するこの壁について、今回は深掘りしてみたいと思います。

グランドスタッフとしての仕事は、空港での様々な業務をこなすことで、高度な接客スキルやコミュニケーション能力を身につけることができます。しかし、これらのスキルが他の業界でどれほど活かされるのかは、一概には言えません。

例えば、ホテル業界やレストラン業界などの接客業に転職する場合、グランドスタッフとしての経験は非常に役立つでしょう。しかし、マーケティングや企画、営業といった分野に飛び込む場合、その経験がどれほどの価値を持つのかは不明確です。実際、多くの人が転職活動を始めると、自分が持っているスキルが他の業界でどれほど求められているのか、という現実に直面します。

このような状況になると、後悔する人も少なくありません。自分がこれまで築き上げてきたキャリアや経験が、新しいフィールドでのスタートラインとして認められないことは、心理的にも大きな打撃となるでしょう。

しかし、ここで大切なのは、自分の経験やスキルをどのようにアピールするか、そしてそれをどのように新しい業界で活かすかを考えることです。転職を成功させるためには、自分の強みや経験を正確に伝えることが必要です。

おわりに


グランドスタッフとしての日々は、外から見るだけではわからない多くの課題や喜びが詰まっています。この記事を通じて、その実態や「後悔」の背景にある様々な要因を少しでも理解していただけたら幸いです。キャリア選択は一人ひとりの価値観や状況によって異なりますが、知識を持つことで、後悔のない選択をする手助けとなればと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X